スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ 

皆様こんばんは。

テレビを見なくとも、日々過ごしていける自信はあります。
実際、一日でテレビを見ている時間はほとんどありません。
朝のNHKニュースを見るくらいですかね。
ワイドショーはコメンテーターの主観が入ってしまい、ときどき胸クソが悪くなるため見ないコトにしています。
やじうまプラスで下平さんや堂ちゃんを見ていたいところではあるのですが。

それでも、毎週コレだけは、と思う番組がいくつか。
内Pが終わってしまったので、今は「ぷっすま」と「さまぁ~ず×さまぁ~ず」と「モヤモヤさまぁ~ず」くらいですかね。
「さま×さま」と「モヤさま」は録画して見ます。
おぢさんにはキツい時間帯ですからね…。


で、本日は「ぷっすま」の日。
でも見ません。
なぜか。


井上和香が出ているから
です。


顔も喋り方も声も、イチイチ何もかもがイラつきの対象。
同じような感情は、小池栄子を見たときにも覚えます。
だからK-1も見られないんですよね、格闘技好きなのに。

昨日は映画の話をしましたが、映画やドラマにおいて、一人でも苦手な役者さんが出ていると、見られません。
イライラしてくるのが判るので、そんな自分がイヤになってくるのです。
そう考えていくと、ほとんどの番組を見られなくなります。


かつて山田邦子全盛期には、毎日のように何かしらの番組に登場していました。
山田邦子も苦手ですので、テレビをつけられない日が続きました。
今、同じように感じるのは島田紳助ですかね。
ヘキサゴンは30分の頃のほうが面白かったと思っています。

一人でも苦手な人が、というのは、社会生活でも同じでして、飲み会なんかで苦手な人が一人でもいると一次会の終わりが待ち遠しくなります。
社会性がないんですね。
自分の心の狭さがイヤになってきます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。