スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン 

皆様こんばんは。

ちょっとあって、肉体的にも精神的にも疲弊しきってしまいました。
自分の置かれている状況を、アタマでは整理できているつもりが、たぶん承服しきれていないのだろうと思われます。

今日は早めに寝ます。
おやすみなさいまし。

コメは後日。

スポンサーサイト

バトン 

皆様こんばんは。

昨日書いた、ケース1・2の「お願い」については、とりあえず両方とも承諾のカタチで。
ただケース2については付帯事項じみた続けてのお願いが出てきました…。
これは承諾にしても拒絶にしても、ちょっと時間がかかりそうです。

さて、久々にバトンがまわってきました。
事務所のイクちゃん(20代、マンガ大好き)からです。

異性に対する「萌えのツボバトン」だそうです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
【Q1】身長は何cmくらいがツボ?
A:基本的には165以上。
でも仲良し姫たちのおかげで、148までは大丈夫になりました。(笑)

【Q2】体型はどのタイプがツボ?(ぽちゃ、スリム、筋肉質、など)
A:ぽちゃ~むっちり。

【Q3】年齢は何歳くらいがツボ?(何歳~何歳で答えてください)
A:22~45くらい。

【Q4】短髪(ショート)or長髪(ロング)、どっちがツボ?
A:どちらかといえばショート。

【Q5】どんな髪型がツボ?
A:肩くらいまでの長さのふわふわボブ。
もしくは肩くらいの長さでの耳から下にソバージュがかかってるの。(笑)

【Q6】どこにツボ?(足首が細い、猫毛、指がキレイ、など)
A:頬ボネとフルオープンになったオデコ。

【Q7】どんなコスにツボ?(白衣、スーツ、メイド、学生服、など)
A:コスへのこだわりはないけれど、あえて言うならOL風タイトスカート。
でもこの季節なら、ポロシャツ&ジーンズ(ハーフパンツでも可)&スニーカーってのが好き。

【Q8】どんなアイテムにツボ?(眼鏡、胸元アクセ、など)
A:アイテムっ気のなさ。

【Q9】どんな仕草がツボ?
A:手を合わせての「いただきます」と「ごちそうさま」。

【Q10】どんな性格にツボ?(猫っぽい、甘えん坊、など)
A:アタマのいいバカ。

【Q11】どんな見た目がツボ?(優しそう、ちょっとキツめ、いかつい、怖そう、など)
A:猫目。

【Q12】相手の顔はどんなのがツボ?(丸顔、卵型、四角、おにぎり、など)
A:丸顔。

【Q13】どんな声にツボ?
A:鼻にかかった声。

【Q14】どんなタイプにツボ?(体育会系、素朴、ガテン系、ジャニ系、ホスト系、おねえ系、など)
A:バスケット部にいそうな元気系か、吹奏楽部でクラリネット吹いてそうなカンジか。

【Q15】どう扱われるとツボ?(いつもは素っ気ないけど時々優しい、虐められたい、ちやほやされたい、など)
A:上から目線でも下から目線でもない、同等に扱ってくれれば。

【Q16】どんな口説き文句がツボ?
A:口説かれるんならなんでも。

【Q17】その他に、こんなのがツボ というのがあったら思う存分吐き出してください。
A:ささいな部分にこだわりを持っているコト。
あと理系。
両利きもポイント高い。

【Q18】じゃあ逆に、こんな体型はダメ、というツボは?
A:肩とかヒザとか、関節部のホネが目立つくらい細身はキツいっす。

【Q19】こんな性格はダメ、というツボは?
A:自分の価値観しか認められない性格。

【Q20】こんなタイプはダメ、というツボは?
A:単なるワガママとツンデレを間違っているタイプ。

【Q21】こんな見た目はダメ、というツボは?
A:ギャル。巨乳。妙にデカいサングラス。

【Q22】次に回す人5人を選んでください。
A:オトコに回した方がおもしろいですよね。
笹野さん、紫波さん、藤倉さん、江波戸さん、喜屋武さん。
珍しい苗字で固めてみたので、自分で誰だか判るでしょう…。

女性でも、やってみたい方はどうぞ!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ターニング・ポイント 

皆様こんばんは。

「お願いがある」

こんなセリフほど、ドキッとさせられる瞬間もないものです。
もちろん「お願い」の内容次第なのですが。

なぜか今日、三度も上記セリフを聞くハメになりました。


★ケース1(友人♂・30代)

「お願いしたいコトがある」
―なに?
(…中略…)

―即答はできないから、しばらく考える時間をくれ


★ケース2(友人♀・20代)

「お願いがあるんですけど」
―なんでしょ?
(…中略…)

―まぁ、おれひとりじゃ決められないから、明日にでも連絡するよ


★ケース3(仕事仲間・30代)

「お願いがある」
―断る
「ハナシくらい聞け」
―イヤだ
「………………(「お願い」の内容を簡潔に説明)」
―ムリ
「ダメか?」
―あり得ん


内容については詳しく書きませんが、すべてのケースにおいて、小生の今後の生活が一変しかねない「お願い」でした。
特にケース3については、そもそもこの相手の「お願い」がいつも無理難題でして、マトモに聞いていられないものばかりなのです。
だからもう、ハナっから聞く気などないのですが、ただこれ、ひょっとすると断りきれない可能性が。( ̄∇ ̄;
しかもこの三つ、全く異なるところから出てきたハナシなのですが、連動しかねないレベルのモンダイでもありました。

一つ一つは生きていれば誰だってあり得るレベルのものです。
ただしこの三つが連動するとなると、非常に厄介でして。

そうなるとそれぞれにどうやって答えを出していくのかが、今後の小生にとって重要なカギとなるワケです。
そういった意味で、突然、人生の岐路とも言うべきシーンに立たされてしまった気分でもあります。
悩む。


連絡 

皆様こんばんは。

本日はすでに横浜にはおりません。

明日、出先ではありますが、学生時代の友人と会うコトになりました。
もちろん食事と遊びです。
突然電話がありまして、会えるか、というコトだったのですが、特に断る理由もなく。


ふと思ったのですが、マメに連絡を取り合う相手っていますよね。
着信履歴を見ると特定の相手の名ばかりであったり、メールの数が尋常でなかったり。

必ずしも電話のやり取りが多い相手が、メールのやり取りも多いとは限らないのはなぜなのでしょうか。
もちろんアドレスのみ知っていて番号を知らないという場合もありますし、その逆もまたあります。
しかし両方を知っていても、どちらかに偏ってしまうパターンが非常に多く感じられるのです。


どちらかといえば、小生は電話派です。
メールだといろいろ考えてしまうのです。
推敲もしますし、相手を傷つけたり怒らせたりしてしまう表現や文面になっていないか、なども考えます。
結果として長文になってしまう場合がほとんどです。
長文だとイヤがられるんだろうな、と思いながらも送信して。(笑)
だったら電話の方がラクチンです。
もちろん相手にもよりますけれど、特にシゴト相手となるとなおさらです。


今のケータイを使いはじめて1年2ヶ月になるのですが、一番多くメール送信している相手には322通。(笑)
その相手からは348通の受信。( ̄∇ ̄;

ときどきイラ立って、電話に切り替えるコトを提案するのですが、ことごとく拒絶。(T_T)
電話は苦手なのだそうです。

メールを残しておかなくてもいいのでしょうが、性分として消せないのです。
でもそろそろ容量が限界に近いですねぇ。


たぶんこの相手、電話で話したコトはありません。(笑)
直接会う機会は多いのですが。


買い物 

皆様こんばんは。

久々に週明けを横浜で迎えました。
ちなみに日曜はヘルスでハシゴしておりました。(笑)

一軒めはりんさんのお店の早番姫。
二軒めはあみさん。
りんさんからお誘いもいただいた(メールしている最中のノリみたいなもん)のですが、さすがに3連戦はキツいので、丁重にお断り申し上げました。( ̄∇ ̄;


そして日曜の夜、ちょっとした会食を行っておりました。
小生の友人が店を構えているのですが、特殊な技能を要するパートナーを探していたのです。
たまたまその技能を有する友人がいたもので、どうかと思い、仲介をしてみました。
そのハナシがどうなるのかは判りませんが、会食中にいつもお世話になっている靴屋さんからメール着信。

新作が入ったので、とのコトだったので、今日買ってまいりました。
これなんですけれど。

コンバース ワンスター


いつもいつも思うのですが、最初からついているヒモって短くありませんか。
小生のサイズがデカすぎるからでしょうか。(ちなみに29cm)

コンバースはだいたい130cmのヒモがついているのですが、アディダスだと120cmだったりします。
全てのアイレット通して結ぶなんて、120cmだと不可能です。
もうちょっと考えてもらいたいものです。


ところで小生、白系統のスニーカーが苦手です。
白なんて人を選ばない、とよく言われておりますが、実際は選ぶと思うのです。

ただでさえデカい足が、余計デカく見えるんですから。(T_T)
恐るべし、膨脹色。

撃沈 

皆様こんばんは。

久々にウマネタです。

本日の小倉なんですが、全レースハズしました。(T_T)
新馬戦は買わない主義ですけれど、それを除いても、全くカスりもしないだなんて、数年ぶりですね。
新潟で儲けているのでトータルではプラスなのですが。

夏の小倉ってタイキシャトル産駒が走るイメージがあるのですが、今日のレースにはあまりいなかったんですよね…。←言い訳
決して苦手なワケではないんですが、こういうコトがあると苦手意識がついてしまいそうです。

再帰宅 

皆様こんばんは。

たびたび横浜に戻ってまいりました。
マイルが貯まって貯まって。

ところで近頃iPodがフリーズしまくりなんですが、これって崩壊の前兆でしょうか。
そろそろ2GBでは足りなくなってきていますし、新しいの買いましょうかね。

バービーとレベッカをフルで入れておくためには、どれくらいの容量が必要なのか…。
選曲に関してツッコミはナシでお願い致します。

帰宅 

皆様こんばんは。

しばらく山の中で生活しておりました。
もちろんシゴトですが。

山は虫が多くて苦手です。
虫自体が苦手なのではなく、虫刺されが苦手なのです。
特にアブ。
アナフィラキシーショックなのかなんなのか、足の甲を刺されるとクツを履けなくなるくらい腫れあがります。
フトモモ刺されると、ズボンが穿けなくなります。

そんなところでも、女子大生がテニス合宿に来ていて、たくさんのムチムチなフトモモを堪能致しました。
いい目の保養でしたね。
今年いちばん有意義な過ごし方でした。(笑)


帰浜してその足でりんさん。
翌日、当ブログではご無沙汰気味のかなさん。
立て続けにお相手していただき、いろんな意味で満足満足。

そしてすでに横浜を発っている小生。
もちろんシゴトですけれどね。

当然のコトなのですが、小生も皆既日食は見られませんでしたよ。
日食どころか、毎日雨でしたので。(T_T)

謎 

皆様こんばんは。

どなたか小生に、土屋アンナと生野陽子アナウンサーのすばらしさを教えてください。


明日からしばらくLAN環境の整わない地域に消えます。( ̄∇ ̄;
ケータイから更新するかもしれませんが、予定は未定です。

傷を癒す旅ではないのでご安心ください。

撃退 

皆様こんばんは。

メールでアドバイスをくださった方々、ありがとうございました。
知り合いは明日、東京へ戻るというコトになりました。

平和的に解決できたとは思います。
ただやはり言い方がキツかったのか、泣かれはしましたが。

というコトで最終日なので、なぜか洗濯機を占領され、現在部屋の中に知り合いの洗濯物が干されています。
しかし、パンツとかブラまでヘーキで干してしまう女性ってどんなもんなんでしょう。

もちろん一線を越えたカンケーではありませんよ。


1.小生はオトコである。
2.小生は喫煙者である。

上記のデメリットをしても、ヘーキで干せる感覚が小生には信じられません。
やっぱりどこまでいっても「知り合い」でしかないんだろうな、とまた感じております。

友達 

皆様こんばんは。

以前より自身のコトを「友達が少ないタイプ」と公言しているのですが、特に人づき合いが悪いわけではありません。(と、自身では思っている)
友達が少ない、と言ってしまうのには二つの理由があります。

一つはハッキリと言ってしまう点。
別に毒舌を気取っているワケではありませんが、オブラートに包んで言おうとすると婉曲すぎて伝わりにくいのではないか、と思っているのです。
したがって、言い方がキツくなってしまい、小生に対して距離を置こうとする人が少なくない(と思っている)のです。

しかもこの場合、極端になりすぎて、傷つけないよう配慮しようとすると、何も言えなくなってしまうのです。
つまりコミュニケーション能力が低いと思っているワケです。

もう一つは、小生が「友達」と「知り合い」と「仕事仲間」の線引きをしているという点。
顔を知っていて、言葉を交わす仲であっても、遠慮してしまう部分を強く感じる相手は「知り合い」です。
シゴト上の付き合いがあっても、プライベートでつながっている人はほとんどいません。
そういう人は「仕事仲間」であって、「友達」とは言いません。

というコトから、「友達」は少ないのです。


そんな前提から、どんな話を持ち出すのかと言いますと。

実は今、「知り合い」が一人、小生のところに居坐っているのです。
明日で四日になります。

小生にとっては「友達」でないので、あまり強くいえる相手ではありません。
それがあってか、相手は意に介さず。
バトルしてでも追い出したいワケではないので、なんとか平和的に(笑)出ていってもらう方法を考えているのですが。

なかなか思い浮かばないものです。

昼食 

皆様こんばんは。

この季節になってくると、昼はコンビニで済ませるコトが多くなってまいります。
昼のクソ暑い時間帯に食堂へ入りたくないのと、食堂のメシが重く感じられるからです。

というコトでコンビニでも、買うものはだいたい決まってくるのです。
そば・うどん系ですね。
ここのところ数日は立て続けにとろろそばです。
去年もこんなコト書いた気がしますけれども。

ただそばだけだと足りない。
そんな風に感じる日もあります。
そうなると買い足すのはおにぎり。
今日もそんな日でした。


あらためておにぎりコーナーをじっくり眺めてみますと、いろんな種類のおにぎりがあるものです。
しかし買うのもほとんど決まってしまっておりますね。

小生の場合、まずは鮭。
キングオブおにぎりだと思うのですがいかがでしょう。

まず滅多にあり得ないのですが、鮭がない場合は昆布。
それもなかったら何か別のものにするか、もしくはあきらめるか。
そのどちらかの選択になります。

昆布はコンビニによって違いますね。
シソ味がしてしまう昆布の佃煮は苦手です。

ツナも単独だと好きなのですが、いまはどこのコンビニでも「ツナマヨ」になってしまっておりますよね。
あれが許せません。
はい、マヨネーズ、大っキライです。
「マヨネーズ愛してるでしょ」などと体型から判断されてしまうコトが多いのですが、デブだからってマヨネーズ好きだとは限りません。

速報 

皆様こんばんは。

テレビに釘付けです。
選挙速報。

都民じゃないです。
しかも今、関東にいません。

それでも選挙速報と地震速報、台風情報はじっと見てしまうんです。

読後感 

皆様こんばんは。

世間で評判となった村上春樹氏の新作を完読いたしました。
感想。

ふーーーーん。


文章なんてものは読むたびにいろいろな発見があるので、何度読んでも楽しめるものを「いい文章」だと考えております。
ですから「もう一回読んでみよ」と思えなければ、そこで終わってしまうので「いい作品」にはなりえないと思うのです。

今回の読後感では、「もう一回」というのが1ミリも湧き出てきませんでした。
上巻は面白かったのですけれども。

村上春樹の文章がキライなのではありません。
キライならそもそもスルーしますしね。

かの名作「ノルウェイの森」や「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んだときのような読後感を得られなかったのです。
小生がトシをとったから、もう村上春樹の文章に膨満感を憶えるようになってしまったのかもしれません。

ハルキストの皆様にケンカ売ってるワケではありませんよ。
ただ現在の小生には、一度で充分おなかいっぱいになれる、そういう本でした。


アレルギー 

皆様こんばんは。

突然のカミングアウトですが、アレルギー体質です。
さまざまなモノに対し、反応を示します。
軽い反応から重篤な反応まで。
しかも決して少なくないのです。


ところでアレルギー体質でない方にとって、この「アレルギー」というものは理解されにくいものでして。
とくに食べ物の場合、単純な好き嫌いと混同されて困るコトが多々あります。
小生は非常に特殊な食べ物で出ます。


今日は昼にとある打ち合わせが行われまして、小生と相手側の二人、計三人で食事を摂りながらハナシをしておりました。

そこで小生のアレルギーのハナシがちょっと出ました。
とあるモノを除けて食べていたからです。

アラフォーを迎えたオッサンが、一つのモノを除けながら食べているのは無様です。
というコトでBさん(20代♀)に「みっともないですよ」なんて言われてしまったのですが、アレルギーなんだよね、と答えておきました。
相手のAさんは数年のつき合いのある方なので、そういう点もご存知なのですが、まだ二度しか会っていないBさんには初耳だったようです。


食事後、打ち合わせ続行中に、小生の呼吸がおかしくなりました。
息苦しくなってきたので、カゼでもひいたかな、程度に思っていたのですが、引き続いてジンマシン。
そして激しい嘔吐感。
あぁ、これはアレルギーだな、と気づきました。
除けていたのにおかしいな、と思いつつ、食べたものをアタマで確認していったのですが、思い当たるフシはやはり見当たりません。

打ち合わせを途中で切り上げさせてもらい、タクシーで病院へ。
タクシーの中でBさんに「○○食べたの、気づいたんですか?」と。

○○とは、小生がアレルギーを持つ食材ですね。
とても答える余裕のない小生を尻目に、Bさんは言いたい放題言ってくれます。

「アレルギーなんて精神的なものなんだから、乗り越えなけりゃ強くなれませんよ」

冷や汗を流しながら、ああ話してもムダな人がここにもいるな…、と感じておりました。


そこでBさんの上司でもあるAさんが諌めてくれたのですが、どうやらBさんが食べきれずに「食べてもらえますか」と廻ってきた一切れに、細かい細かい○○が仕込まれていたようです。

Bさんの思考は以下のとおり。

アレルギー=精神的トラウマ → 気づかなければ平気 → 普段偉そうにしてる小生に一泡吹かせてやれ


危うく心肺停止ですよ。
なんとか持ちこたえて生き返ってまいりましたが。
もうピンピンしております。(笑)

そもそもは小生の態度がBさんに不快感を与えてしまったコトと、卑しい根性で残り物に手を伸ばしたから引き起こされてしまったのですけれども。
反省しなければいけません。

最後までBさんからの謝罪はありませんでした。
というコトでシゴトはお流れです。
お断りした瞬間、「お金もらえなくて困らないんですか」とまで言われてしまいました。(―_―;)

このシゴトやってますと、奇人変人の類はよく見ますが…。
小生もその一人なんですよね。

怪我 

皆様こんばんは。

料理中、指をザックリとやってしまいました。
あまりに見事な切れっぷりなので写真を撮ったりしてみたのですが、グロ画像注意になってしまうので、upは止めておきます。(笑)
いや、ホントに見事としか言いようのない傷口なのです。

何が言いたいのかといいますと、指がジンジンするので、キーボード叩くのがツラいんですね。( ̄∇ ̄;
ブログも書けないし、シゴトにも影響が。
とりあえず明日起きたらラクになっているコトを祈るしかない状況です。



奇縁 

皆様こんばんは。

珍しく約二日間のOFFとなりましたので、とあるところへ旅に出てきております。
メインは食事と買い物。

ところで、空港で機上の人となるべく待っている間に、とある友人より半年振りのメールが届きました。


「○○でおいしいもの食べられる店を教えてくれー」

―○○行くの?

「行く。っていうか、今いる」


もちろん○○とは、現在小生のいる街のコトです。
なんという縁なのでしょう。

小生も友人も一人旅が好きで、旅の成果を会うたびに話す仲です。
奇遇にも同じ場所へ、しかも同じ時期に訪れるというコトで、合流する手筈に。
昼からいっしょに行動しておりますが、たまにはこういう旅もおもしろいですね。


小生は明日シゴトへ戻りますが、彼女はあと3日ほど滞在予定。
また横浜へ戻ったら、今回の旅のハナシで盛り上がるコトができそうです。

占い 

皆様こんばんは。

生憎占いの類はほとんど信じない小生なのですが、ゲン担ぎのようなものはしております。
毎日必ず景気づけのためにコーヒーショップや喫茶店に入るのですが、そこでいちばん最初に耳にした曲が好きな曲なら、その日一日を有意義に過ごせる、というチープなものではありますが。

ただし、アタマから耳にした曲に限ります。
店に入ったとき、すでに途中から流れている曲はノーカウント。


今日は朝イチでドトールに入ったのですが、ちょうど曲が入れ替わるときで。
流れてきた曲は、大西順子さんの"Us Three"。

好きな曲であるコトも当然ながら、テンションの上がる曲なので、朝イチにはうってつけの曲でした。
不思議とそういう流れだけで、一日を機嫌よく過ごせるものですね。
全く怒るコトなく過ごせた一日って久々かもしれません。

明日、一番手で耳にする曲は何なのか、いまから楽しみです。

リクエスト 

皆様こんばんは。

仕事柄、現在でもFAXを頻繁に使用しております。
メールの方が早いのですが、個人的には「人の書いた文字」が好きなもので。
しばらく留守にしていると、家に戻ったとき、FAXの周辺が大惨事というコトがよくあります。

一枚一枚整理していくのもまた楽しい作業なのですが、仕事関係では返事に急を要するものもあり、のんびりとやってはいられないのが現実です。
しかし昨日のFAXの中には、仕事ではないモノも混じっておりました。

先日ステージに立ったライブハウスの方からのモノでした。
カンタンに申し上げれば、次回のお誘い。
嬉しいものです。
次回の声がかかるというコトは、我々のパフォーマンスが認められた証拠ですし、何より客ウケもよかったという解釈もできますから。

しかし喜んでもいられない文面。
最後の方に、次回やるのだったらリクエストしたい曲がある、と書かれていたのでした。

曲名を見て、「できるかぁぁあ~~~~っっっ」と喚いてしまいました。
我々の得意とする女性ボーカルの曲であり、やってみるのもまた一興とは思えますが、何より相当なレベルを求められる曲なのです。
特にボーカル。

先日のメンバーだと普段からボーカルをやっている者は一名しかおらず、しかも形態としては持ち回りで歌っておりますので。
そのレベルに達している者はいないだろう、というのが小生の判断なのです。

とりあえずその、バンドにおいては本業ボーカル(♀)にTELすると、「やってみてもいいよ~」とノンキな答えが。( ̄∇ ̄;
いや、そんなカンタンに言える曲じゃないでしょ。
声が出なくて、客席ドン引き、がありありと思い浮かんでしまうのです。

小生にとっては、日本の女性ボーカルでは三本指に入る方なので。
カンタンに「やる」なんて、恐れ多くて言えないのですよ。


ヒント1 90年代
ヒント2 当時23時以降によく流れていたCM
ヒント3 もともとはバンドのボーカルさんだったのが、当時はソロ活動中
ヒント4 その方のいちばん有名な曲はアニメの主題歌


お判りになった方はコメント欄へどうぞ。(笑)
25歳以上じゃないと、そんなCMの記憶すらないでしょうね…。

誕生日 

皆様こんばんは。

今日は相方の30回目の誕生日です。
命日よりもこっちで楽しもう、という気概を持つ有志が集合し、主役不在にてパーティーを敢行いたしました。

どうしても命日というと暗くなってしまいがちですが、誕生日だと明るくいられますので。
おそらく来年からもこの日に有志は集まるコトになるのでしょう。

一人だと押しつぶされてしまいそうな淋しさを抱えていても、こうやって何人かで集まるコトで、バカ話などを重ねるコトでラクになれるんですよね。
そのラクになるのが瞬間的でなく、それがちょっとずつ続いていくコトで前向きになれますし。
人間って、自分で思ってるよりも、ずっと強いですよね。

集まってくれた皆様、ホントにありがとうございます。
これを読んでくださっている方々も、ホントにありがとうございます。
そういう方々に支えられ、小生は腐らずに明日も生きていけるのだと思います。


MJ 

皆様こんばんは。

MJというイニシャルを持つ人には、スーパースターが多いように思います。

マジック・ジョンソン。
マイケル・ジョーダン。
マイケル・ジョンソン。

そして、マイケル・ジャクソン。


マイケル・ジャクソン死す。
そのニュースが駆け巡った際、ただただ呆然と画面を眺めているだけでした。

特にファンだったワケではありません。
ダンスにもキョーミはないですし、歌だって好きだったワケではありません。
そんな小生でさえ、ショックを受けたニュースでした。


晩年はゴシップにまみれてばかりでしたが、それが真実であろうとなかろうと、彼の功績がくすむものではないと思っております。
数々の功績を残した彼ですが、特に"We are the world"の作詞作曲。
もうこれだけで充分なのです。

その死をめぐってまでゴシップだらけ、というのがいかにもマイケルらしいな、と思ってしまいます。
ご冥福をお祈りいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。