スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日 

皆様こんばんは。

日曜日といえば、どのように過ごすのが一般的でしょうか。

家庭持ちの方なら家族サービス。
恋人持ちの方ならデート。
学生さんは授業の谷間の骨休め。

そんなところになるでしょうか。


ご存知、自由業の小生。
日曜に休みを取るコトはほぼありえず、何かしらシゴトを入れているコトが多いのです。

とはいえ、相手の方にも休みたい方はいらっしゃるので、そうそう目いっぱい詰まるコトもなく。
空き時間には馬券を買ったり、フーゾクへ行ったり、という過ごし方が今までは多かった気がいたします。


しかしよくよく考えてみると、ここのところ日曜日にフーゾクというのが、目に見えて減ってきております。
お嬢の存在がどうこう、そういうのではありません。
ただ単純に、お相手願いたいと思える嬢さんが少ない、という。( ̄∇ ̄;

どちらかといえば、いろんな嬢さんにお相手していただくより、仲良くなった嬢さんに何度もお願いしたいクチです。
しかし嬢さんたちも、長いことこのシゴトに従事しているばっかりではありません。

引退。
嬢さんたちとの逢瀬には、常につきまとう存在です。
未来永劫お相手願えるワケではなく、いつになるかは判らないけれど、期間限定になります。


今までは、仲良し嬢さんの引退が近づくと、新しい嬢さん探しに躍起になっていた部分もあります。
ですから、だいたい10人前後の仲良し嬢さんが存在しておりました。
ヒドいときなど、一つの店に7人仲良し嬢さんがいたりして。(笑)


今数えてみると

毎月お相手願いたい仲良し嬢さん → 3名
毎月ではないものの、年に何回かお願いしたい、準仲良し嬢さん → 2名


減りましたね。
しかも仲良し嬢さんと準仲良し嬢さんの1名ずつは、3月引退。

そんな状況ではありますが、新しい嬢さんに入ろうという気が起こらないんですね。
ときどき気まぐれに探したりもしますけれど。( ̄∇ ̄;
日本の景気を考えて消費しようと試みたりなんかして。(笑)


写真を見たり、実際に入ってみれば、カワイイ女のコはいっぱいいるんです。
同じように、ものスゴく相性のいいプレイで楽しませてくれる女のコも。
でも、カワイければ、相性がよければ、それで満足した時間が過ごせるかというと、そうとも限りません。


一昨年の暮れくらいからでしょうか。
なんだかどうも、楽しめていない自身を感じていたんです。

最初は横浜や川崎の嬢さんのレベルが落ちてきたのか、と感じておりました。
それは実際に否めません。

とりあえず脱いでサービスすりゃいいんでしょ、という発想の女のコは増えています。
それどころか、トーク目いっぱいかまして、できるだけサービスの時間を少なくしようと見積もる女のコも。( ̄∇ ̄;

そういう女のコを俗に「地雷」と呼びますが、地雷遭遇率は確実にUPしております。


そんな中で新しい、何回もお相手願いたくなるような嬢さんを探すのは、非常にせんないコトです。
地雷に当たっても、はい次ー、と気軽に探せるほどおカネ持ちじゃありませんし。( ̄∇ ̄;


ただ原因はそれだけではなく。
何よりも、小生自身が飽きはじめているんですね。

スゴくいい女のコにもいっぱいお会いできました。
ここまで見た目ストライクな女のコっているんだ、という女のコにもお会いしました。
この「勃ちが悪くてイキにくい」小生を、カンタンにイカせてしまうくらい相性のいい女のコにも何人かお会いできました。

たぶんもうこれ以上はないんだろうなあ、と思っている自身がいるんです。


とりあえず、仲良くしていただいている嬢さんたちの引退を見届けるまでは、お相手してもらいますけどね。
みんな引退の暁には、小生も引退かもしれませんし、いずれにしても、今までほど遊ぶ機会は多くならなさそうな気がしております。

またいつ、どんなタイミングでスイッチが入るのか判りませんけれども。(笑)


以上、フーゾクカテゴリーが全然更新されない言い訳でした。( ̄∇ ̄;

スポンサーサイト

中断 

皆様こんばんは。

昨日はブログをお休みさせていただきました。

実は去年の8/22からブログを毎日書き続けるのを続けていたのですが、連続187日でストップ。
ネタのない日も意地だけで書いていたので、むしろ余計なコト考えなくなってよかったのかもしれません。(笑)

そう考えるとプロスポーツ選手の連続試合出場記録なんてのはものスゴいものなんだと。( ̄∇ ̄;
鉄人衣笠、やっぱり鉄人です。


さて、昨日は完全にダウンしてしまっていたようでして。
夜メシ食べてるときまではフツーだったんですけれど。
おフロできるまでにメールチェックと思って、PC立ち上げて。

そのままイスで眠りこけていたようです。( ̄∇ ̄;


小生はもともとショートスリーパーで、長い時間眠り続けるコトができません。
もう20年以上、レッキとした睡眠障害でもあり、一時期はお医者さんの世話になっていたくらいです。

しかしクスリを飲むと、効きすぎて起きなくなるんです。(笑)
丸二日以上寝続けたコトがあって、それ以降は怖くなってクスリの服用を避けております。


そんな小生なので、どんな場合でも割合カンタンに起きるのですが、お嬢曰く昨日は何をしても起きないと。( ̄∇ ̄;
声をかけても、叩いても抱きついてもダメだったそうです。


よっぽど具合が悪いのではないかと考えたらしいお嬢。
PCデスクの脇に布団を運んで、小生に何かあった場合すぐに気づけるように、との配慮をしてくれていたようでして…。


午前2時過ぎに眼を覚ました小生。
ワケが判らず、うたた寝状態のお嬢に声をかけ。

―どしたの?
「どしたのじゃないよー、心配したんだよー!」


お嬢は横になっていたワケではなく、カベに寄りかかって布団に包まっていたんです。
その姿が、なんだかたまらなくエロくてですね。( ̄∇ ̄;

そのまま突入ムードでもあったのですが、「ゼッタイに疲れてるんだから、今日はダメ」と、あおずけを喰らいました。(T_T)

そして見事、今朝はカラダ中が鉛を背負ったような痛みに。
熱がちょっと出てました。

お嬢に伝染さなくてよかったです。(o^-’)b
早めの対処で、もはや治まりましたけれども。

固さ 

皆様こんばんは。

夕方、どうにもこうにも小腹が空いてしまい、ラーメン屋に駆け込みました。
博多ラーメンの店なんですが。

小生は、柔らかい麺が好きなんです。
ですから麺の固さを指定できる店ならいつも、「やわらかめ」でお願いしております。


好みですから仕方ないのですが、「バリカタ」とか「ハリガネ」とかって需要あるんですかね。
「ハリガネ」なんて、ほとんどお湯にくぐらせてるだけじゃないですか。

そこまでいくと、ラーメンというカテゴリーでくくっていいのかどうかさえ考えてしまうのですが。


まあそういう人からすると、小生の柔らかめの好みも全く理解されないでしょうけれども。

きっとどこまでいっても判りあえない一つなのだと思っております。

遭遇 

皆様こんばんは。

打ち合わせ先へ向かうために人通りの多い道を歩いていたときのコト。

小生の前を歩いていた女のコが、バッグからケータイを取り出して耳にあてはじめました。

ケータイを手に歩いている人って厄介です。
自分の世界に入り込んでしまい、ゆっくり歩いていたり、流れを無視して進むので。( ̄∇ ̄;

追い抜こうにも、前からこちらへ向かってくる流れには切れ目もなく。
舌打ちの一つもしたい気分ではありますが、なんとか耐えタイミングを計ります。


「もしもしー、Sですけどー」


今、なんとおっしゃいましたか、お嬢さん。
Sとおっしゃいましたか。
もしや小生と同じ名字でしょうか。

いや、まさかそんな。( ̄∇ ̄;
日本で300軒くらいしかない、そこそこ珍しい名字に、まさかこんなところで遭遇するハズもないのです。


そしてお嬢さんは、新たな相手にかけたようで。

「もしもしー、Sですけどー」


間違いない。

アクセントまでいっしょ。
初見の方には違うアクセントで読まれるコトの多い名字なのですが、我々のアクセントといっしょ。(o^-’)b

ちょっとうれしい瞬間でした。


しかしよく考え直すと、同じ名字であってもジャマはジャマ。(笑)
タイミングも一致して、なんとかオーバーテイクに成功。

件のお嬢さんも、まさか後ろで同じ名字のヤツが歩いていたとは、思いもしなかったでしょうね。



一服 

皆様こんばんは。

毎朝、どのTVチャンネルでも必ず占いのコーナーがあります。
あれって信じられないタイプです。

テレ朝では最悪だったのに、フジだと1位だったりするので。( ̄∇ ̄;


そんな小生ですが、占いというより、毎朝のゲンかつぎはやっております。


事務所につき、シャワーを浴びた後に必ず事務所近くのコーヒーショップへ出かけます。
朝からやっているコーヒーショップの存在はありがたいものです。

朝イチで頼むのは決まってアイスカフェオレ。
ただし、氷抜き。( ̄∇ ̄;

飲み物は冷たくなく温かくなく、常温に限ります。(笑)


手にしたアイスカフェオレに、ガムシロをちょこっと入れて、ストローでグルグルグルグル…。
10周くらいさせて、手を離します。

慣性の法則で周りつづけるストロー。
そのストローが、小生に向かって止まれば、その日はいい一日になる。

いや、根拠も何もないですけれど、毎朝やってしまうんです。(笑)

当たるも八卦、当たらぬも八卦。


献血 

皆様こんばんは。

出先で献血キャンペーンにつかまりました。( ̄∇ ̄;

まあガタイがガタイなので、きっと400ml採ったって大丈夫だろ、と思われて声をかけてきているに違いありません。
オマケにかなりの確率で足りていないAB型ですし。

採血や注射の類はキライではありません。
むしろ好きと言ってもいいレベル。

ただし、献血だけは頑なに拒否です。


もはや20数年前ですが、16歳になった記念で献血にいったんです。

200mlの採血を終えた小生は、満足感を覚えジュースもらって帰ろうとすると…。


「あらー、Sさんの血は比重がうんたらかんたら…」

「この血は、使えないわね!!!」


採血やってたババァが、そう言ったワケですよ。

「使えないわね」の一言が頭の中でグルグルグルグルまわりまして。

まだ若かったので、そのババァ&そこの責任者にアタマ下げさせました。
もちろんババァは土下座。
あげく本部へ苦情。

その後ババァがどうなったかは知りませんが。


今でも献血の場を見ると、「使えないわね」と「あら、まだいたの…」と言ったババァの顔が思い浮かんでしまうので、ゼッタイにやらないのです。


というコトで、今日のシツコい勧誘にも無言でにらみつけてきました。
今日の人に罪はないのですが、同じシゴトをしているというだけで、小生にとってはババァと同じ存在なのです。


視線 

皆様こんばんは。

だいぶ元気になったお嬢を連れて、夜ゴハンはとんかつ屋さんへ。
小生はロースかつ定食、お嬢はカツカレー。
二人が知っている、いちばん美味しいお店へいって、至福のひとときであります。

自然と会話も弾むものでして。


「Sっちに聞いてみよう、のコーナー」
―カツカレー前だからって、テンション高すぎだ
「いいじゃん、楽しみなんだもん」
―いったい何聞くの( ̄∇ ̄;
「はい、じゃあ、一問目。あたしの顔でいちばん好きなとこは?」
―え、悩む…
「制限時間は10秒でーす。10、9、8…」
―えっと、ほおボネ…
「ほおボネ~???」


こんなやり取りの後、「ではキミは、女性の顔を見つめるとき、いちばんはじめに見るのはほおボネである、と。間違いないね?」と尋問に。( ̄∇ ̄;

いや実際、ほおボネの高い女のコは大好きです。
具体例としてはこんな。

matsu.jpg

松さんですが。
なんかほおボネ目立ちますよね、松さん。

でも、いちばんにほおボネを見ているかというとビミョーです。
女性の顔でじっと見てしまうもう一点に、歯がありますので。

何度か書いていますが、前歯のデカいコが好きなんです。
お嬢は前歯デカいので、そこも好きなんですが…。


ひとつひとつの部位に言い出したらキリがないと思うんです。

ネコ目が好き。
アヒル口はカワイイ。(作ってなければ)
オデコはフルオープンが望ましい。

耳とか鼻とかアゴの形とかまで言い出したら、それこそピンポイントな好みってのができ上がってしまいますので。( ̄∇ ̄;


小生が悩みつつハナシを続けている間に、お嬢はカツカレーを満喫。
悩ますだけ悩ましておいてズルすぎる。(笑)

カラダだったら、

フトモモ→ケツ→肩(鎖骨含む)→足首→二の腕

の順でハッキリしているんですが、顔ってのはやっぱり難しい。( ̄∇ ̄;

道 

皆様こんばんは。

自転車で走っていると、好きな風景を持つ街というのがあるコトに気づきます。
目的地までは、もっと短い距離で走れるのに、気づいたらその街を通過する道を選んでいる、なんてコトもけっこうあったりしまして。


実は小生、今まで生きてきたなかで唯一、職業としてやってみたかったシゴトというのが建築・建設関係。
建物だとか道だとか、何かそういうのを作る工程に関わりたかったんです。

しかしもともとプラモデルでさえ作るのが苦手。( ̄∇ ̄;
絵を書かせりゃ、何か別のものに変化するというほどの才能。
オマケに高校では理系科目が壊滅状態(化学以外)だったため、そちらの道は諦めたという経緯の持ち主なのであります。


ですから建物なんか見ているのは、今でも好きです。
ぼけーっっと眺めていると、時間さえ忘れます。


例えば今日通った街で好きな建物はここ。

11021921.jpg


高島屋デパートです。

そのほど近くにある、こんな建物も好きです。

11021926.jpg


今では古臭い感じがしますが、きっと当時ではモダンな建物だったんだろうと考えられます。


そして、ここの交差点から別方向を眺めると。

11021929.jpg


高速道路が走っておりまして、交差する下の道路には橋がかかっております。
橋の名前は高速道路のとこに書かれているんですが。
見えませんね。


近くに寄ってみましょう。(o^-’)b

11021931.jpg

まだ判りにくいですね。

では、アップで。

11021931-1.jpg


全ての道がここに通ずる、と言われている橋でした。

先日、とある方が、もし東京へ来たらここへいってみたいともおっしゃってました。
やべ、いらしたら案内するハズだったのに。(笑)


それにしても、この橋から自転車3分圏内で、駅がいっぱいありすぎます。( ̄∇ ̄;
日本橋、三越前、新日本橋、大手町、茅場町、人形町、京橋、宝町、そして東京。
7分あったら銀座まで余裕ですからね。

このあたりは散歩してて道に迷ってもヘーキですね。
どの方向へ向かっていたにしても、5分も歩いていれば、必ずどこかしらの駅へたどり着きますから。(笑)


政局 

皆様こんばんは。

民主党有力幹部が「首相の退陣も止むを得ない」と言ったらしいです。

鳩山さんも「解散だけはしちゃいけない」とか言ってます。

昨日は昨日で小沢さんに近い議員達が16人くらい派閥からの離脱を申し入れたとか。



なんか民主党の議員さんたちは勘違いしてませんかね。

嫌われてるのって菅さんだけじゃないですよね。
民主党が嫌われてるんですよね。


こんなコトばっかりやってると、ますます解散しかなくなると思うんですが。

自分達の首を絞めてるコトに気づかないものなんでしょうか。
やっぱり議員さんたちって、何かボケちゃってるのかもしれません。

菅さんは「首を挿げ替えてどうこう、なんて古い政治はしたくない」と言ってます。
つまり、自分が退くときは解散という示唆ととれます。

やれるとこまで引っ張ったら、本気でやってほしいものですね。

鍛錬 

皆様こんばんは。

久々にエロスネタ。
実際はエロスというほどでもないのですが、まあオトコの性に関わる部分ですので…。

苦手な方は、また明日お会いしましょう。



MORE

迷い 

皆様こんばんは。

いわゆる革靴というものを持っておりません。
会社勤めの方のほとんどはスーツ着用ですから、それに見合う革靴の1足や2足、必ず持っていらっしゃるコトかと思います。

しかし小生、ご存知のとおり自由業。
スーツなど年に1~2度、袖を通せばいいほうなのです。

そういうときは真っ黒いスニーカーでお茶を濁しております。
それで特に不便も感じなかったのですが。


久々にブーツを買ってみようかという気になっております。
原因は昨日。

お嬢を抱えて病院へ連行した際、ツルっと滑りまして。( ̄∇ ̄;
お嬢を落とさないよう、踏ん張った結果、股関節に痛みが…。

股関節には古傷がありますので、原因と部位をすぐに見つけられた結果、オオゴトにはなっておりません。(o^-’)b
しかし、昨シーズンの雪の日にも、ツルっと滑って半月板損傷の小生。(笑)

というコトで雪の日でも滑りにくいソールパターンで、黒か茶のモノであればスーツ時にも合わせられるではないか、と考えたのです。


ブーツなんて買うの、20年ぶりくらいですよ。
高校生のとき、どうしても欲しかったウルヴァリンの1000マイルブーツをバイト代で2足買いまして、履き倒したのが最後。
というより、人生で買ったブーツはその2足と、高校時代通学用に履いていたHi-tecマグナムだけ。

マグナムはつい最近まであったんですけれど、引越しでどこかいっちゃったカンジです。( ̄∇ ̄;

今どきのブーツってどんなもんか、楽しみにいろんな店を覗いてみました。
1000マイルブーツも現役でありましたねぇ。

でも信じられないくらい高かったですけれど。( ̄∇ ̄;
以前はレッドウィングより安かったのに。


また1000マイルブーツがよかったんですが、高いし雪向けのソールではないので断念。


そのほかいろいろ見たり履いたりしてみましたが、せっかくなら一生モノに…。
しかも小生、同じクツを二日連続で履くのに耐えられないので、2足は買おうと思っております。

汗っかきですから、一日履いたら次の日には乾かしたいんですよ。(笑)
蒸れない素材がいいのですが、革じゃムリですから…。

2足ともなればそれなりにおカネがかかるので、慌てずにじっくり選ぼうとココロを入れ替え、買わずに帰宅。
お嬢が元気になるのを待って、いっしょに見てもらおうかと画策しております。(o^-’)b


病院 

皆様こんばんは。

午前中にお嬢を病院へ連れて行きまして、診断結果は「過労」。( ̄∇ ̄;
インフルエンザかと思っていたのですが、その疑いは無事に晴れました。

お嬢、4月から就職が決まっているんですけれど、年明けからその職場でバイトしているんです。
事前学習込で。
ちょっと特殊なシゴトになるので、早いうちに覚えてもらいたい、というのが会社の方針のようでして。

そのために、バイト終わって帰ってきてからも1時2時までノートにあれやこれやまとめたりしているのが、過労の原因ではないか、と。
決して小生との生活が原因ではないようです。( ̄∇ ̄;


それにしても、朝の病院はけっこう混んでいました。
待合室で呼ばれるのを待っていると、そこにはなんとも言いがたい光景が。


ハナ垂らしてハクションハクションやってるチビッコを野放しにしている母親。
坐れないコトをグチグチグチグチ言っているジジィ。
会計も終わっているのに居座り続けて、世間バナシに花を咲かせるババァども。


カオスすぎる。

スペシャル 

皆様こんばんは。


家に帰ると、お嬢がすでに夜メシのセットをしてくれてありました。
小生の好きなポークソテーと温野菜、オニオングラタンスープに、お嬢のお手製パン。

小生は和食と中華が多いのですが、お嬢が作るときは洋食が多いです。

そして食事の後には、レアチーズケーキ。
ケーキの上に削られたホワイトチョコ。

そういえば今日は2/14。
バレンタインデーでしたね。

何も言わずに、こうして整えてくれてるあたり、演出がニクいです。


たいへん美味しくいただきました。
写メも撮りましたが、これはやっぱり小生ひとりで楽しみたいので、今日はUPナシ。(笑)


洗い物をしているお嬢の後ろに、抜き足差し足忍び足で近づきまして。
アタマをナデナデしながら、スペシャルサンクスチューでもしようかと。( ̄∇ ̄;


アタマをナデナデナデナデ…。


ん?

コイツ、アタマ熱くね?


ナデナデナデナデ…。


「熱じゃないよ。熱っぽいだけだよ」


意味不明なコメントをしはじめたので、寝床へ強制退去。( ̄∇ ̄;


たぶん、気合い入れていろいろ作ってくれたので、その疲れが出たんでしょうね。


「うー、大事な日なのにゴメンよー」
―別にいいって
「せっかく初のバレンタインなのにー」
―来年は、今年の分も楽しめばいいよ
「うー」
―ゴハンとケーキ、美味しかったよ。ありがとう。


「うー」と言って、向こう向いて寝はじめました。

ありがとう、お嬢。
ハッピーな一日でした。


青空 

皆様こんばんは。

台風一過ならぬ、雪雲一過といったところでしょうか。


11021301.jpg


見事なまでの青空です。

見る人が見れば、すぐにどこだか判ってしまうポイント。( ̄∇ ̄;
おのずと、この後どこへ向かうのかまで判ってしまう…。


久々に見ると、青空もいいもんですね。
毎日続くとイヤになってしまいますが。

ついこの間まで、乾燥をイヤがってあんなに雨や雪を求めていたのに。
いざ雨や雪が来るとこうなる。

人間ってワガママですね。

清潔 

皆様こんばんは。

なんだかここのところ、当ブログが社会派ブログになりつつあるので軌道修正。( ̄∇ ̄;


年齢的にいいオッサンなのですが、それなりに身だしなみに気を遣っているつもりです。
着るモノから身につけるモノ、そして髪型やニオイなど。

気を遣ったところでイケメンにはなれないので、よく言われる「清潔感」ってヤツですね。
見るからに清潔とはならないので、第一印象が不潔でなければいいかな、と思っております。

やっぱりシゴトしていて、不潔な相手とは組みたくないですもの。
ですから逆に、小生と組んでいただく相手に、せめてそういう点で不快にさせないよう。


今日は特に髪型について。

小生がデブなのは周知の事実なのですが、癒し系のおデブじゃないんです。( ̄∇ ̄;
学生時代、水球やっていたくらいなので、元はそれなりにガッチリ。
堅肥り体型なワケです。
その体型に加え、それなりに強面でもありますので、一歩間違えると大変なコトに。(笑)

20代前半のころ、スキンヘッドにしておりました。

道あきますよ。(笑)
花火大会だろうが、満員電車だろうが、ゼッタイにあきます。( ̄∇ ̄;

まあ、イメージとしたらこんなカンジでした。

minoru.jpg

プロレスラーで「世界一性格の悪い男」を自称していらっしゃる鈴木みのるさんですけれども。
いや、めちゃめちゃいい方ですよ。
この人のジムに通っていろいろ教えていただいたコトもありますし。


結婚するときにスキンは封印いたしました。
しかしどんな髪型が似合うのかは判らんですし、何よりも髪に強いコンプレックスがあったんです。

ありがちですが、天パですね。
天然パーマ。

ですからストパもかけましたし、アイロンも使いましたし、ストレートになるシャンプーなんかも使ってみました。
でもすぐ元通りですし、何よりメンドくさくて。( ̄∇ ̄;


そんなとき、美容師になった後輩とメシを食べる機会がありまして。

ヤツは直毛、小生は天パ。
後輩はパーマをわざわざかけてるんです。
なぜそんなコトをするのか、と。

その答えが気に入ったんです。

「直毛はね、何をどうやっても直毛なんです。パーマは動きがあるから遊べるでしょ?」

髪で遊ぶ。
そんな発想はありませんでした。

遊びが入れば、多少ムチャクチャでも許されるな。
そう考えたとき、天パを受け入れるコトができるようになりました。

それ以降、その後輩に髪を切ってもらうようになりまして。
朝起きてから、セットするまでがラクです。(笑)
所要時間2分くらい。( ̄∇ ̄;

固めるのはキライなので、クリームを手にとって、まんべんなく髪につけてからテキトーに揉みこむ。
以上、終了。(笑)


11021106.jpg


まあこんなカンジですね。
以前はワックスを使ってましたけれど、今はお嬢が小生用に、髪にも使えるクリーム作ってくれてるので。

ひとまず、不快感を与えない程度には整えられているのではないかと思っているのです。

今考えると、なんであんなにストレートな髪に憧れていたんでしょう。
ラクチンなのに勝るものはないですよね。(笑)


手羽先 

皆様こんばんは。

大学時代の友人を中心に、それなりの輪が集って飲んでまいりました。
ヤロー仲良し7人にプラスして、近頃連絡とった人に声をかけたりして、テキトーに集まるのです。
例のごとく飲まない小生は喰い中心に、飲むのはコーラ。(笑)

そのつもりで予定の店へ入っていくと、トータルで20人近くになってました。( ̄∇ ̄;
しかし、小生のものスゴくキライな女の子がひとり…。


小生、ダメなんですよ。
キライな人が一人でもいると楽しめないんです。
シゴト絡みならまだ耐えますが、友人の集まりでなぜ耐えなきゃいけないのか、と。

いかんですね。
社会性のなさを露呈してしまって。


というコトで、踵を返してエントランスへ戻ろうとすると、友人一人が追いかけてきました。

「待て待て、○○さんか?」
―うん、おれ、あの人いるとムリだから
「あの人も今タイヘンみたいなんだよ」
―知ったコトか


などとやっていると、それなりに仲よかった女のコが「何やってんのー」と声をかけにきてしまったので、そのまま席へ。

キライな人とは離れた席に坐り、喰うコトに専念。(笑)
近くの席の人達と近況を報告し合いつつ、手羽先を喰いまくり。
手羽先なんて家では料理しませんので、ここぞとばかりに。( ̄∇ ̄;

名古屋の手羽先、美味いです。(o^-’)b


さて、近況を報告し合っていると、例のキライな人がやってきましたよ。
「うわー、みんな久しぶりー」なんて言いながら。


「Sくんも、久しぶり」
―どーも
「相変わらず、あたしのコト嫌いそうだね、ごめんね」
―まあね。トシとって、こういう店もOKになったの?


実はこの人をキライないちばんの理由は、飲み会を「居酒屋なんて信じられない! あたしそんな安い女じゃないから!」と言っていつも来なかったからです。
バブルの世でしたからね、高級なお店へ連れていってもらうコトに慣れている人でしたし、同時に自分でカネ払うなんて考えもしなった人です。
だから皮肉っぽく聞いてみたんですけれど。( ̄∇ ̄;
ちなみにこの人、再建をがんばっている某航空会社の元CAです。


「希望退職してさ、再就職なくって、あたしもタイヘンなのよ」
―再就職すんの?
「だって生きていけないじゃん」
―いや、当時は誰かが喰わせてくれるとか言ってたじゃん
「気づいたら誰も喰わせてくれないんだよねー」
―まあ、人を踏み台くらいにしか思ってない人だもんね


泣かれました。
でも事実しか言ってないんですよ。


―ここにいる、おれらみんなのコト、バカにしてたじゃん?
「バカになんてしてない…」
―自分は勝ち組だ、くらいのコト言ってたじゃん?
「……」
―フツーの会社に就職決まったおれたちをさあ…


いいかげん、止められました。( ̄∇ ̄;
そこまで言わなくてもいいだろ、と。

でも小生は、考えてました。


―いや、今日来たのだって、どうせおれらのどこかで働き口ないか探しに来たんじゃないか、くらいにしか思ってないよ?


しーん


ここでひとり、口を開く。

「うん、さっきこっちで、そればっか聞いてた」


やっぱり人って変わらないもんなんですかね。
未だにバブルのまんま引きずって。

自分の能力なら、きっと何かあるはず。
そう思っているんだろうなぁ。


そう思うのも悪いコトではないと思うんですが、変わる世の中に対応できていない人ってのには、哀れみさえ覚えます。

今の世の中、新卒だって働き口がないワケじゃないですか。
そんな中で、一つのコトしかやってこなかった人間が「能力あるから、別の何かで働ける」ってのは通じないと思うんです。

ホントに能力がある人なら引く手あまたでしょう。
働き口がないってコトは、それだけ自分に何かが足りていない。
そこに気づかないコトには、今の世の中やっていけないと思っております。

喰っていかなければいけない、というほどホントに切迫しているのなら、ああだこうだと選んでいる場合でもないと思うんですよね。
なんでもいいから働くしかない、ってコトに、我々世代は気づかない人が多いのも事実。
彼女なんか、その典型的な例だと思います。


我々の世代、美貌とそこそこの語学力とそこそこの学歴があれば、CAにはなれてました。
彼女はそれを活かして、当時CAになったんだと思います。

果たして現代。
そこそこの学歴は、大して役に立ちません。
語学力も、そこそこ程度では、大して…。

先を見据えて、働き始めてからもスキルアップしている人なら、語学力にも磨きがかけられているでしょうけれど。
彼女の場合、間違いなく世渡りだけで来ちゃっている人なので、スキルアップはしていないと予測。

そうすると、彼女に残されたのは美貌だけ。
まあ、世間一般で見れば、我々世代においては美しいほうなんだと思います。
目を見張るものではないにしても。
でもそれだけでやっていけるほど、世の中甘くないですよね。


当面喰っていくなら派遣や短期のバイト、そして熟女風俗なんかもあるでしょう。
もっとも、フーゾクで小生みたいなの相手にするのなんか、ゼッタイにプライド許さないだろうし。

働く気があるならいくらでも店は教えますし、実際に1回入ってみたいですけどね。(笑)
好みではないですけど、どう対応してくれるのか見てみたいですもん。


だれかが「派遣でも何でもやるしかないじゃん?」って声をかけたら、「そんなのできるわけないじゃん…」と、これまた泣きながら。(笑)

やっぱコイツ、ダメ。

みんなそう思ったんでしょう。
誰も相手にしなくなりました。

途中で帰るかな、とも思ったんですけど、最後まで突っ伏して泣いてました。
ある意味強いです。( ̄∇ ̄;

最後、カネをちゃんと払うくらいにはオトナになっていたようです。(o^-’)b



イラつくコトがあると、どうしても長々と書いてしまっていかんですね。

それにしても、手羽先は美味かったです。


飲酒 

皆様こんばんは。

飲酒運転していた人間が高校生を撥ね殺すという事件が起こりました。
報道ステーションでF舘が「福岡と言う土地柄もあるのかもしれませんが」なんて言っていましたが、地域のせいにするんじゃない。

でも、これだけ飲酒運転における事故が増えても、酒を世の中からなくそうだとか、大幅値上げをしようなんて声は上がってきません。
タバコに絡む事件だったら、あっという間に値上げだろうなぁ。


結局、政治家さんたちが酒飲むからなんでしょうね。

タバコだって、橋本龍太郎さんが首相だったときは値上げしませんでしたもの。
(橋龍さんはヘビースモーカー)

野田聖子がナントカ大臣だったとき、「こんにゃくゼリーは死亡事故多くて危険」とか言って、マンナンライフに発売禁止にさせてましたよ。
酒のほうがよっぽど死亡事故多いじゃんか。


野田聖子はマンナンライフに痛恨の一撃を加えて、その分利益が上がる企業から献金受けてたとかいうハナシもありましたし。
やっぱり、ご自身になんらかのメリットがあるものならば、カンタンに禁止にするんでしょう。
つまり、自分達が好きなものは禁止にしたり悪い立場にしないんでしょうね…。

エラい先生たちだ。

ポイ捨て 

皆様こんばんは。


オッサンの感覚では果てしなく理解不能なのですが、ときどき高校生でブレザーや学ランの下にパーカーを着ているコたちを見かけます。
あれって、カッコいいですか?
小生から見れば、田舎のヤンキーにしか見えないのですが…。


さて、本日。
ブレザーの下に赤いパーカを着ていた、そんな高校生が歩きタバコをしていました。

高校生が吸うな、なんてコトは言いません。
小生だって(以下略)


とりあえずモンダイは二点。
吸っていた場所が路上喫煙禁止区域だというコト。
そして、吸殻をポイ、っと…。

この二点、ちょっと譲れません。
こういうコトやらかすヤツらがいるから、我々喫煙者の肩身が狭くなるワケですから。

特に吸殻は灰皿へ。
ゴミはゴミ箱へ。


高校生が捨てた吸殻を拾い、後ろからそっと追いかけ、パーカのフードに入れておいてあげました。
火を消してから入れたのが、小生の最低限の優しさ。
ホントなら、火点いたまま入れてやりたいくらいですが。


その後どうなったかは、もちろん知りません。

小生みたいな人間も存在するので、喫煙者の皆さん、お互いに気をつけましょうね。(o^-’)b


区別 

皆様こんばんは。

しつこいようですが自由業ですので、シゴトの頻度には波があります。
もちろんいっぱい受け入れればそれだけおカネにはなるのですが、自分なりのペースでシゴトを選んでいけるのが強みでもあります。

そこを勘違いする人がいるんです。

「今月、あんまりシゴトないんでしょ?」とか言いながら、なんらかの無茶が含まれるシゴトを振ってくる人とか。
もしくは、「これといっしょに、こういうのもやってよ」なんて、抱き合わせ商法に出てくる人とか。

シゴトはカネで選んでいないんです。( ̄∇ ̄;
そりゃもちろんカネをもらえるのはうれしいのですが、無茶はしたくない性分ですし、何よりそういう風に、こちらの足元を見てくる人は信用できませんからね。
むしろそれまでのつながりから、またお願いされるというパターンが多いんです。


やっぱり信頼関係って大事だと思うんですよ。
相手も小生を信頼してくださって、同時に小生も「この相手ならやるか」というキモチになったとき、成立するんですね。
信頼関係さえあれば、多少の無茶があってもやります。

ですから、小生のシゴト選びの基本は、報酬や期限よりも相手次第というコトになります。


ところがそこを理解してくれない人が多くてですね。( ̄∇ ̄;

以前にA社からのシゴトを請け負ったとすると、そのウワサを聞きつけた同業B社から同じような報酬と同じような期限でのオファーがあったりします。
モンダイなのは、その報酬と期限のバランスは見合っていない場合。

A社からのオファーを受けたのは、A社とは以前からの信頼関係が構築できているからに他なりません。
それなのにB社の人は、必ずといっていいほどこうおっしゃいます。

「A社とB社を差別するのか。B社にケンカ売るんだな。二度とシゴトできないようにしてやる」

まあそうストレートには言いませんが、遠まわしに。(笑)
そう言われたら意地でもやらなくなるというのに、なぜか強気で来るんですよね。

この場合、差別じゃないですよ。
区別です。

それさえ理解できないお相手には、同業あたってくれ、と申し上げてお断りです。
もちろん同業で請け負う人がいるとは、到底考えられません。


タンカきったB社。
この後の展開は二つのうちどちらか。

どこにも断られ、手のひらを返したように低姿勢になって再交渉を訴えてくるか、断られた結果、穴を開けるか。

再交渉には応じませんし、いずれにしてもニヤニヤしてしまう結果となります。
性格悪いのは重々承知しております。( ̄∇ ̄;


毛 

皆様こんばんは。

よほどのコトがない限り、朝ゴハンをいっしょに摂る小生とお嬢。
朝出て行く時間に大差ないですから、いっしょに食べてしまおう、というのが住むときの約束のひとつ。

家を出るのが早いほうが、朝ゴハンとお弁当二人分作る、というのも約束です。
弁当といっても、夜の残りモノと、朝ゴハンといっしょに作れる程度になります。
夜ゴハンが美味すぎて何も残らない場合は、弁当ナシというコトも。( ̄∇ ̄;


今朝の当番は小生。
あらかた作ったところでお嬢を起こすのも、大事な朝のシゴトです。(笑)

―あさー
「……」
―起きろー
「むー……」
―お嬢起きなきゃ、おれメシ喰えない
「起きるー……」


とにかく起きない。( ̄∇ ̄;
起きてきても、ちょっと目を離したスキにどこかで寝てます。(笑)
今日はトイレでまた寝てました。

トイレのドア叩いてもう一度起こして、半ば強引に食卓へ。

いただきまーす、と食べはじめるのですが。


「あ、目ぇつぶって」


なんだ。

なんだなんだ。

まさか、朝食の最中にチューか?


そんなコトを考えつつ目を閉じる小生。
瞬間、衝撃が。


ぷちっ


「はい、眉毛、白髪」



20代後半で、ヒゲに白いのが混じりはじめました。
30になる頃、鼻毛に白いのが混じりはじめました。


そして今日、眉毛に白いのが混じっているのを発見。
しかも自分で気づくより早く、同居人に発見されるという。


行く末はこのどちらかか。


別所さん村山元首相



入試 

皆様こんばんは。

世の中、入試シーズンたけなわですね。

中学受験、高校受験、大学受験…。
都会ではたくさんの学生さんたちが、悲喜こもごもとなる2月。


小生は高校受験しかしていないんです。
大学は付属でしたし、大学院は論文書いて説明ってカンジでしたので、いわゆる入試とはちょっと違って。
厳密に言えば、中学で引っ越してきたとき、最初は私立中にいたのですが、それは編入試験ですし。

途中から私立ってキツいですよね。
しかもイナカ者が、都会の私立進学校って。

それまでほけーっと暮らしていたイナカのヤンチャ小僧が、突然「東大入れないヤツは人間じゃない」とか言ってる学校にブチこまれたんですよ。( ̄∇ ̄;
あ、これ、ホントに言ってましたからね。(笑)

まあ当然のように、中2の終わりでクビになるワケですが。( ̄∇ ̄;


そして中3、公立校へ編入。
当時の神奈川は、中2の終わりで統一テストが行われていて、その点数が公立高校入試に組み込まれるという、よく判らない方式でした。
つまり小生、そのテスト受けていないので、その部分0点なワケです。

そしてこれは、今でも行われていたらオオゴトなのですが、当時は私立をドロップアウトして公立へ編入した生徒には、マトモに評価してくれないんですね。( ̄∇ ̄;
私立の方が勉強は進んでいるんですよ。
ですから公立では正直、授業なんか聞いていなくても点数取れちゃうんです。

100点とっても評価が2とか。
もちろん人間的な部分で、教員を敵に回していたのも否定できませんが。(笑)

それまでその中学でマジメにやってきたコたちを不利にしたくなかったんでしょうね。
ですから内申書の点数も非常に低い。

公立高校なんていけないですよ。
受かるワケがない。


私立中をドロップアウトしている小生は、もう付属校しか受けるつもりがありませんでした。
高校でまた、「東大いけないヤツは…」なんて聞きたくないですもの。

東京、千葉、埼玉、神奈川の付属校を8校受けましたかね、合格したのは2校だけでした。
第3希望の学校と、滑り止めのひとつ。
内申書で切られた学校もあると思ってます。

もちろん第3希望に通いましたが、入ってみれば実にいい環境でした。
やりたいコトやれましたし、挫折もいっぱい味わいました。

第1希望や第2希望の学校に受かっていれば違った人生だったのか、と考えるコトもありますが、それでも今の環境が気に入っているので、やっぱりあの学校でよかったんだろうな。


合格した学校に縁がある。
不合格だったところでは、きっと自分の生きる場所はなかった。

そう考えるのはキライじゃないです。
そう考えないとやっていけないコトもありますし。(笑)


もう20数年も前のハナシです。


不祥事 

皆様こんばんは。

もうそろそろ、相撲もいいんじゃないですかね。
長いこと「国技」という部分にアグラかいてきた結果でしょう。

もちろんお相撲さんの全員が全員、八百長していたとは思いませんが、以前からずっと出てきているネタですもの。
都知事じゃありませんけど、相撲ってそういうものだと思って見るのが、精神衛生上もいいのかと思えてまいります。


甘やかしてはダメです。
厳罰に処したって、相撲自体に惹きつけるものがあれば、這い上がってきます。
プロ野球だって「黒い霧事件」があったって、今こうしてちゃんと成り立っているんですから。


古いものの何もかもがダメだとは言いません。
時代に合わない、とか、そういう言い回しもキライです。

でもそれでも、古くから何も変わらない世界ってのはダメだと思うんです。
その世界に属している、人間自体は古いままでいられないんですから。


ドラマ 

皆様こんばんは。

溜まっていたバトンをやっつけおわったので、今日はフツーの文章です。( ̄∇ ̄;
まだ気づいていないのがあったらどうしましょう。(笑)

ドラマなんてめったに見ないんですけれど、今、テレ朝の『バーテンダー』を食い入るように見てしまっております。


貫地谷しほりちゃんって、好みでもなんでもないのに、つい見てしまうんですよ。
ヤンキー顔でもないし、前髪パッツンだし。

彼女の演技が好きなんですね。
バラエティに出てくる彼女には何にも感じなかったので。

たまにそういう俳優さんに出会うと、ドラマも見てしまいます。


あと、相葉くんはキャラが好きなのですが、俳優さんとしてみるのははじめてなので、ちょっと戸惑っております。(笑)

暖房 

皆様こんばんは。


今年も言います。

なぜ、電車には弱暖房車がないのか。


毎年、東急電鉄には苦情として申し上げているんですけれどね。
駅で言ったらラチがあかなくて、「責任者出せー」と言ったら、駅長がでてきたコトもあるくらいです。(笑)


だいたい電車内には人がいて、乗る人だって駅まで来るのにしっかり防寒は整えているのですから。
乗ったら熱くなるに決まっているじゃないですか。

オマケに電車内「熱い(もうあえて、暑いでなく)」→外「寒い」のコンボを繰り返していたら、体調にだって悪いです。
血圧が上がって、脳卒中だとか心筋梗塞の危険性が…。


店だって同じです。
どこの店だって、半袖で充分なくらい暖まってますよ。

こんな状況で、世の中ではエコだエコだ言っているんですから、笑わせてくれます。( ̄∇ ̄;

弱暖房車か、暖房なし車両の導入。
女性専用車両とか、全席シルバーシートとかよりも、よっぽど社会貢献になると思うんですけれども。




追記でゆうさんからのバトン。


MORE

国会 

皆様こんばんは。

国会では相変わらずプライドだけ戦わせている、くだらない議員が多い中、石破さんがいいコト言ってました。

 民主党はこう変わる、自民党はこう変わる。
 それを示して、国民に選んでもらおう。

なんだ。
自分達のメンツだけで動いていない議員もいるんじゃないですか。(笑)

民主党にしても自民党にしても、党首が己のプライドだけで動いているからダメな気がしてきました。( ̄∇ ̄;
谷垣さんや都知事Jrなんて、「こうするから自民党にしろ」ではなくて、「民主党がダメだから自民党にやらせろ」としか聞こえないんですよね。


国民のコトを考えて生産的な話し合いがなされている部分も国会にはあると知り、ちょっとだけ安心いたしました。(笑)



追記でペンペンさんからのバトン。



MORE

決心 

皆様こんばんは。

実は今、ちょっと長くなりそうな記事を書いております。
数日かけてはいるんですけれど、なかなかまとまりません。


当ブログのカテゴリに、「シャッキン」というのがあります。
2年近く更新していないカテゴリです。
まあ以前に背負っていた借金について書いているのですが、これって結婚していた時期のコトなんですよ。


で、カンのいい方ならお判りかと思うのですが、実は滞っている理由は、この次の部分でヨメの死に触れなくてはならないから。
やっぱりこれについては、あんまり思い出したくなかったんですよ。

しかしここしばらく、ヨメについて思い出したりしているうちに、何となく思ったんです。
これ書けば、いい意味でのひと区切りになるのではないか、って。(o^-’)b


不適当なコトバかもしれませんが訣別というか。
整理というか。

本当の意味で思い出になるのかな、なんて思ったりしまして、書きはじめました。
もっとも、まだまとまってはいないですし、いつになるかも判らないんですけれども。



追記ででぶネコさんからのバトン。



MORE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。