FC2ブログ

入試 

皆様こんばんは。

世の中、入試シーズンたけなわですね。

中学受験、高校受験、大学受験…。
都会ではたくさんの学生さんたちが、悲喜こもごもとなる2月。


小生は高校受験しかしていないんです。
大学は付属でしたし、大学院は論文書いて説明ってカンジでしたので、いわゆる入試とはちょっと違って。
厳密に言えば、中学で引っ越してきたとき、最初は私立中にいたのですが、それは編入試験ですし。

途中から私立ってキツいですよね。
しかもイナカ者が、都会の私立進学校って。

それまでほけーっと暮らしていたイナカのヤンチャ小僧が、突然「東大入れないヤツは人間じゃない」とか言ってる学校にブチこまれたんですよ。( ̄∇ ̄;
あ、これ、ホントに言ってましたからね。(笑)

まあ当然のように、中2の終わりでクビになるワケですが。( ̄∇ ̄;


そして中3、公立校へ編入。
当時の神奈川は、中2の終わりで統一テストが行われていて、その点数が公立高校入試に組み込まれるという、よく判らない方式でした。
つまり小生、そのテスト受けていないので、その部分0点なワケです。

そしてこれは、今でも行われていたらオオゴトなのですが、当時は私立をドロップアウトして公立へ編入した生徒には、マトモに評価してくれないんですね。( ̄∇ ̄;
私立の方が勉強は進んでいるんですよ。
ですから公立では正直、授業なんか聞いていなくても点数取れちゃうんです。

100点とっても評価が2とか。
もちろん人間的な部分で、教員を敵に回していたのも否定できませんが。(笑)

それまでその中学でマジメにやってきたコたちを不利にしたくなかったんでしょうね。
ですから内申書の点数も非常に低い。

公立高校なんていけないですよ。
受かるワケがない。


私立中をドロップアウトしている小生は、もう付属校しか受けるつもりがありませんでした。
高校でまた、「東大いけないヤツは…」なんて聞きたくないですもの。

東京、千葉、埼玉、神奈川の付属校を8校受けましたかね、合格したのは2校だけでした。
第3希望の学校と、滑り止めのひとつ。
内申書で切られた学校もあると思ってます。

もちろん第3希望に通いましたが、入ってみれば実にいい環境でした。
やりたいコトやれましたし、挫折もいっぱい味わいました。

第1希望や第2希望の学校に受かっていれば違った人生だったのか、と考えるコトもありますが、それでも今の環境が気に入っているので、やっぱりあの学校でよかったんだろうな。


合格した学校に縁がある。
不合格だったところでは、きっと自分の生きる場所はなかった。

そう考えるのはキライじゃないです。
そう考えないとやっていけないコトもありますし。(笑)


もう20数年も前のハナシです。


スポンサーサイト