FC2ブログ

師匠 

皆様こんばんは。

心から尊敬している人を「師匠」と呼んでしまうクセがあります。
その呼び方が、当の本人から歓迎されているかどうかはともかく。

とは言っても、師匠の半分はお会いしたコトもなく、勝手に小生が憧れているだけの方。
「心の師」とでも言いましょうか。

実際に何がしかのカタチで関係があって、大きな影響を受けた師匠は二人。
ひとりは大学時代、授業でお世話になった先生。

今日はもうひとりの師匠のおハナシ。


高校時代、部活もバイトもない日で週に一度、音楽教室に通っておりました。
われわれはスクールと呼んでいたのですが。
女のコにモテたいだけでバンドやるには限界があって、ちょっと真剣にやってみたいと思っていた小生は、そのスクールでイロハのイから教わったものです。

師匠はドラム科の先生で、本業はスタジオミュージシャン。
発表会で小生のベースに「リズム感が足りない!」と業を煮やし、特別にリズム練習をよくしてくださいました。

そのおかげでリズム感は自慢できるほどのレベルにまで達しましたし(当時は)、ベースはリズムが命という当たり前のコトを根底に置くことができるようになったのです。


そんな師匠は毎年、1~2度は食事のお誘いをかけてくださいます。
今日も半年振りにランチに誘われたので、いってまいりました。


「最近、ライブで2時間叩き続けるのがツラくてね」
―何いってるんですか、この前のライブだってちゃんと完走してるじゃないですか(笑)
「そうそう、カッコいいドラム見せるより、完走が目標になっちゃって( ̄∇ ̄;」
―まだまだそんな風に感じませんけどね…
「いや、でも実際、体力の落ち込みを感じてて、初めてプロポリスを飲んでみたんだよ」
―え、師匠がドーピングですか(笑)


師匠は酒とタバコとポテチがあれば生きていける、と20数年前にはおっしゃっていたんです。( ̄∇ ̄;
そんな師匠がサプリを摂るようになっているなんて。


「うん、でも、効く気がするよ(笑)」
―そんなもんですかー
「Sくんも、コーラとかドクターペッパーじゃなくって、お茶飲んでるじゃん(笑)」
―あ、言われてみればそうですね…


今でも好きですが、当時は水分のほとんどをドクターペッパーとかコーラとかで摂取していたような気が…。( ̄∇ ̄;
そりゃ肥るわ。(笑)


「お茶はね、そば茶がいいよ」
―そば茶ですか…
「うん、韃靼そば茶。寝覚めが違う(笑)」


当時はどれだけ音楽のハナシをさせてもらっても尽きなかった師匠との会話。

なぜ今日は健康がテーマだったのか。( ̄∇ ̄;
しかも、そのネタでさえ尽きないあたりが、また。


最後にちょこっとだけ、今度セッションする約束を取りつけ、また誘ってください、とお別れ。

師匠とのセッションは、今でも緊張します。
実際に教わっていたときの緊張感そのままに。( ̄∇ ̄;

ズレると、ドラムのスティックで後頭部叩かれるんです。(笑)

あのころの小生のほうが、ゼッタイ上手なんです。
だって今は、あんなに練習してないですもの。

そう思っていても、久々に師匠とスタジオに入る機会に恵まれたというのが、うれしくてたまりません。(o^-’)b


そして帰り道、いつもの茶葉屋さんで、韃靼そば茶を購入する小生。(笑)
師匠の影響は絶大です。


スポンサーサイト