FC2ブログ

チカラ 

皆様こんばんは。

昨日、土曜日。
例のK田さんのとこで、3度めになるキャンドルライブでした。

ひとまずK田さんの店でのキャンドルライブはしばらくお休み。
でも思ったより好評だったようで、また時期を見てやるかもしれないとのコトでした。


キャンドルライブのよさは、照明と音響に流されない点ですね。

フツーのライブってのは過剰なまでの照明、そして音響のバランスなんかも整えられています。
ただその分、明るさにしても音の大きさにしても、人体には優しくありません。( ̄∇ ̄;

キャンドルライブの照明は、ローソクの光のみ。
ですから、暗い空間です。
でも、ブサイクな顔をそこまでさらけ出さずに済むのは、小生にとって大きなメリットでした。(笑)
オマケに、客席の皆さんも、聴くのに集中できたそうで。


音は生音。
大きさにしても音質にしても、補正は一切ナシ。
そのため、シビアです。

しかし店長のK田さんからすれば、ライブの原点を思い返すいい機会になったとおっしゃいます。
われわれ演奏側としても、同じくライブの原点を思い返すのと、演奏をきちんとするというコトを前提に練習する機会にもなりました。


正直に申し上げれば、ライブは趣味の一つで、「われわれが楽しめればいいかな」というのが大前提。
しかしこのキャンドルライブは、演奏を聴いたお客さんが帰り際に、今日のライブの価値として見合う金額を支払っていくシステムでした。
ですから、自分達だけが楽しんでいてはいけないんです。

しっかり練習して、できる限りの演奏をして、観客に楽しんでもらう。
ライブってのは、これです。


オッサンになると練習もテキトーになりがちでしたが、それなりに真剣にやりました。
演奏もできる限りのものは出せた気がしています。

そのわれわれの出し尽くしたチカラが、観客の皆さんの支払うお金に直結して、それらは全額寄付されるコトになっております。
ウチのバンド、そしていっしょにステージに立ったバンドのチカラが、被災した皆様の復興に役立てばうれしく思います。


これもまた「自分に何ができるか」の、一つの答えでした。



MORE
スポンサーサイト