スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限定 

皆様こんばんは。

ファミリーマートで「スライム肉まん」なるものを売っていました。



グロい。

買う気は起こりませんでした。


スポンサーサイト

融資 

皆様こんばんは。

シゴトを通じて知っている人が、マンションの購入を企てていました。
もちろんファミリー用。

うん、家族がいれば、家を持ちたくなるというのは心情的に判ります。
昨年くらいからずっと言っていたので、そろそろ買ったかな、なんて思っていたのですが。


―Mさん、マンションどうなったんですか?
「うん、買えなかったよ」
―買えなかった…?
「ローン通らなくてねえ」


ああ、なるほど。
この不景気でローンも通りにくいのかなあ、なんて思っておりました。


「おれさ、借金が3000万くらいあるんだわ」


目ン玉飛び出るとは、このコトでしょうね。

さ、さんぜんまん…?


3000万円の借金があるコト自体ビックリですが、その上さらに住宅ローンを組もうとしていたなんて、図々しいというか。
いや、でも、「銀行ってケチだよな」と言い放ったMさんの神経にいちばんビックリです。

シゴトの上では常識的な人だと思ったんですけどねえ。


選挙 

皆様こんばんは。

大阪で知事選と市長選が行われました。
事実上はまあ、橋下元府知事の戦いだったワケですが。

独裁者と自称し、新聞や週刊誌でもそのように書かれて叩かれてました。
それでも勝った橋下氏側。


これって結局、民衆は強いリーダーシップを求めたってコトですよね。

今の日本の政治に、こんなに強力なリーダーシップを発揮できる人はいない。
たとえ独裁だったにしても。
そう判断された結果なのでしょう。


まあ首相からして、「適材適所」を謳いながらも、結局は大物に近しい人を組閣に含めてる時点でダメですよね。

危険なのは判っていながらも、そこに賭けずにはいられないほど、政治が停滞しているというコトなのかもしれません。


コリ 

皆様こんばんは。

冬が近づいてきて、カラダが軋むようになってきています。
毎日、朝起きぬけと夜のおフロでのストレッチが欠かせません。

腰とヒザと股関節と、古傷がいっぱいある小生には、ストレッチは重要。
何もしないで自転車漕ごうものなら、ものの10分でどこかしらに痛みを感じてまいります。(T_T)

ただ、古傷の箇所から、どうしても下半身中心のストレッチ。
上半身への必要性を感じないとまでは言いませんが、入念にやるほどでもないな、と考えていたのです。


そこまで頻繁ではありませんが、偏頭痛にも悩まされています。
これももう30年近く。( ̄∇ ̄;

もう治らないな、なんて思っていたのですが、思いもかけないアドバイスがお嬢から。

「それってさ、肩コリから来てるんじゃないの?」


なに。
肩コリ?

実は小生、肩コリという感覚を知りません。
それはそれでシアワセなのですが、マッサージをしてもらうときには必ず「コってますね~」なんて言われてもおりました。


試しに、というコトで、首と肩のストレッチをお嬢から教わってやってみました。
やるようになって、もう2ヶ月近く経つでしょうか。

そういえば、この間、偏頭痛がありません。( ̄∇ ̄;
ストレッチ、侮れねえ。(笑)


ちなみにお嬢。
週に2~3度はプール通いしているので、肩コリとは無縁です。


観賞 

皆様こんばんは。


家に帰ると、お嬢が「談志さんの落語見せて」と。
どうやら小生の本棚から、家元の著作を取り出して読んだらしく、キョーミをひかれたのだとか。

先日VHSテープをDVD化したのが、こういうときに役立ちます。(o^-’)b
今まで落語にキョーミを示さなかったお嬢なので、ちょっとビックリしつつ、二人で観賞。

小生など何度も見ておりますから、次に何を喋って観客が笑うのかなど判ってしまうんですね。( ̄∇ ̄;
それでもやっぱり笑ってしまうんですよ。

お嬢も「うん、Sっちが好きなのは判るね」なんて言いながら。


そんなお嬢の反応が変わったのは、『源平盛衰記』。

もとは講談ネタですから、小気味よいテンポがウリのおハナシ。
もちろん笑える部分もあるのですが、食い入るように画面を見続けるお嬢。

見終えた後。

「これはラップだね」
―ラップ?
「うん、これはもう、音楽だよ」


おお、斬新な視点だ。

小生は「落語」という視点でしか見てなかったのですが、そこに浸かっていない視点からだとまた違ったように見られるもんだな、と。

こういう、視野が広がる発想、大好きです。


それにしても家元、戒名を自分で考えていたらしいですが、それがこれですか。

 立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわ・うんこくさいいえもと・かってこじ)。


最後っ屁ですね。


尊敬 

皆様こんばんは。


「尊敬する人物は?」という質問には、いつも二人の名を挙げておりました。

鷺沢萠さんと、立川談志家元。


家元が亡くなっていたそうです。

葬儀まで全部終わってから公表するのが、いかにも家元らしい。
最初に食道がんを患ったとき、「60超えたら、いつあってもおかしくないんだから、準備する時間を与えてもらったと思えばいい」なんておっしゃっていましたものですから。


4度ほどおハナシをうかがう機会があったんです。
もちろんシゴトがらみで、その合間の雑談程度ですが。

なんていうか、ホントの意味で「アタマのいい人」とう印象を受けました。
というより、「アタマいい」ってこういう人のコトを言うんだろうな、とはじめて感じた人なんです。
(ちなみに、2度目に感じたのが鷺沢さん)


弟子の方をして、「最低の人格だが、最高の落語家」と言わしめた談志家元。
お会いしたときも、実際むちゃくちゃなコト言ってくれました。( ̄∇ ̄;

でも、なんだかんだ言って愛される人だったと思います。
敵も多かったですけれど。


高座を見にいきたい落語家、また一人いなくなりました。

落語の未来はきっと弟子の皆さんがなんとかしてくれるでしょう。


欲を言えば、もう一回でいいから高座を見にいきたかったです。


シンプル 

皆様こんばんは。


普段は昼食用として弁当を持ち歩いているのですが、たまには弁当を作れなかったりするときもあります。( ̄∇ ̄;
そういうときは食べに出たり、何か買ってきたりして済ませるコトになります。

自分の事務所近くでは知っている店も多いのですが、そうでないところでは買ってくるコトの方が多いですかね。
店に入って失敗すると、ザンネン感が強いですから。


今日も買いに出たのですが、なかなかヒットするようなものを見つけられず…。
自転車でフラフラしていると、いい雰囲気の肉屋さんを見つけて入ってみました。

お肉屋さんって、揚げ物やってるところも多いですよね。
狙いはコロッケ。

コロッケ自体はそんなに好きじゃありません。
家で作ったりもしませんし、定食屋で頼むコトもありません。

あくまで、「お肉屋さんのコロッケ」なんですね。


そのお肉屋さんでは、コロッケパンが100円で売ってました。


パン屋さんで売ってるコロッケパンだと、何かカッコつけた部分があるようなイメージ。
でも今日のコロッケパンは、えらくシンプルなんですよ。

コッペパンみたいなシンプルなパンに、コロッケが挟まっていて、味付けも中濃ソースがザツにかけてあるだけ。
それがまた美味いんです。(o^-’)b


小学校、中学校のクラブ活動の帰り道。
ちょっとお腹がすいて、夜ご飯までもちそうにない。
そんなとき、お肉屋さんのコロッケパンを買い食いしていたのを思い出しました。

スーパーで売ってるようなバターロールに、小さめのコロッケ、ウスターソース。
それで50円くらいじゃなかったでしょうか。
たまらなく美味しいものと感じていた記憶があります。


今となっては、舌も肥えて、もっともっと美味しいものを食べられるようになっています。

でもあのころの美味しさと同じ感覚を、もう感じるコトはないと思うとちょっと切なくなります。


優勝 

皆様こんばんは。


ソフトバンクホークス、優勝おめでとう!


ホークスファンのお嬢が、1人で祝杯あげてノビてます。( ̄∇ ̄;
われわれ言うところのドロヨッパってやつです。

先日のお返しで、フトンまで運ばなくては。(o^-’)b


それにしても孫オーナー、選手から愛されますね。


天王山 

皆様こんばんは。

いやあ、今年の日本シリーズは面白いですね。
あ、野球のハナシです。
正直ここ数年はプロ野球から離れ気味でして、自分の好きなチームの選手すらよく判っていない状況なのですが。

お嬢がソフトバンクファンなので、テレビで見てるんです。
で、いっしょに見ているのですが。


こんなに一点差ゲームが多くて、第7戦までもつれるんですから。
やっぱり個人的にはサッカーよりも野球だな、と。

お嬢はもっとアツく見ているんですけれどね。(笑)


監督を勇退する落合さんの、最後の意地を見せてもらっている気がします。


読売のお家騒動といい、「ファンのため」って何なんでしょうね。


時間 

皆様こんばんは。

いやぁ、またお嬢にスキを見せてしまいました。( ̄∇ ̄;

お嬢が遅上がりの日は、家に帰ってくるのが22:40ころになるので、小生はもうフロを終えているんですよね。
お嬢が入っている間はいろいろやりながら待つのですが、何せ眠い。(笑)

オッサンですから、もう夜は眠いんです。
ヘルスだって遅番帯にいくと、ヘタすりゃプレイ中に寝ちゃいますから。( ̄∇ ̄;

そして寝てしまうと、ちょっとやそっとでは起きません。
ですからお嬢がブログ記事書いていても、その場では全然気づかないんですね。

寝床へ誘導される際にも覚醒しきってませんから、そこまで気が廻らず。
今日になって気づくんですよ。(笑)


まあもちろん、お嬢が書いてくれるのは大歓迎なのですが。(o^-’)b


睡眠障害持ちですから、眠気が来るときはありがたいものです。
でもそれで時間を有効に使えていない気がするのも事実。

もっと効率的に動けるようになりたいものです。


ω・`) 

乗っ取り犯、再び登場・・・



はいっ、皆さん


\(´・ω・`)/コンバンワァ



お嬢です。

おひさしぶりです。



お風呂から上がってきたら、Sっちがブログ書きかけで寝ちゃってます。

ひょっとして、私に書いてもらいたいのかしら?(。´・m・`)クスクス


でもでも。

布団へ誘導するという、大切な役目があるので、長々と書いてられません・・・。



ご心配いただいた、私の足ですが、無事に治ってます!

でも、全力疾走は禁止です・・・。


そして、動けなかった間、順調に増量・・・(´・ω・`)

それなのにSっちに喜ばれて、複雑な女心なんです。



痩せたいのに、痩せちゃいけない気が・・・。

どうしたらいいんでしょうネ、こういう場合。


ではではっ。

くだらない内容でごめんなさいです。



お嬢でした!


(。´・3・`)チュッ♪

お節介 

皆様こんばんは。

戻ってきても意外と忙しいコトに気づいてしまいました。

気づかずに生きていけるものなら、極力気づかずに生きる。
これは小生のモットーのひとつなだけに、イヤな気分です。


さて、先週の土曜、茨城で後輩の結婚式に参加してまいりました。
スピーチつき。( ̄∇ ̄;

いちおうスピーチを頼まれた際には、断りを得てから「バツイチのわたくしが祝辞を申し上げるのも…」なんて言ってます。
地雷もいいとこですが。


そうすると、けっこうな確率でお節介ババアにのちほどつかまります。

まあなんだ、あの、「比較的行き遅れ気味の女性を紹介して差しあげるわよ、ワタシって親切でしょ」オーラたっぷりに。
バツイチというとやっぱり価値が低いから、そういう女性でも引き取るべきなのよ、なんてコトをオブラートに包んで言ってきやがります。( ̄∇ ̄;

小生もまあ、そういうのには慣れているので、にこやかに交わすようにしております。
だいたいお嬢いるってのに。

スピーチの後、トイレに出て戻ろうとしたところをつかまりました。(笑)


「アナタに合いそうな女のコ知ってるのよー」
―あー、そうなんですかー  ← 聞く気ナシ(笑)
「○○短大(聞いたコトない)出てて、今は修行中なんだけど…」
―はあ、ニートですか?
「……、あんまり失礼なコト言わないでちょうだい」
―いや、でもそれってニートでしょ?
「何よ、せっかく紹介してあげようとしてるのに!」
―あー、残念だけど、おれ、相手いますからね
「見栄はらなくたっていいのよー」
―おめぇに見栄張ったってしょーがねーだろーが


半笑いでここまでやり取りしていたのですが、次のババアの一言にキレちゃいました。


「そんなオンナより、ウチの○○ちゃんのほうがいいコなんだから!」

要はババア、自分の娘の売込みに必死のご様子。
でもまあ、お嬢のコトを「そんなオンナ」呼ばわりされたのにキレちゃいました。

ねえ、会ったコトもない、人様のパートナーを「そんな」ですからね。

たぶん、その辺に何か手ごろなものがあったら投げてました。
きっと大リーグでも通用しそうなスピードが出せたに違いありません。


不穏な空気を察したのか、逃げようとするババア。

「てんめえ…」と言いながら向かっていく小生。


瞬間、小生の後ろから人がやってきて、「申し訳ありません!」と。
新郎だか新婦だかの親族と思しき方がやってきて、小生にアタマを下げてます。

そしてその人が、ババアに向かって、強烈な右ストレート一閃。

「おい、てめえ、まだわかんねえのかよ!」
「こんなとこでまで人様に声かけまくってよ!」
「だいたい、あの姉貴が人様とつき合えるわけねーだろうが、現実を知れ!」

なにやらいろいろ言いながら、倒れたババアの顔面蹴ってました。
うーん、聞いたところ、ババアの息子さんか。

とりあえず、息子さんを制して。
お祝いの席だしね、と、さっきまでキレていた小生もドン引き。( ̄∇ ̄;


ババアは式場に人に付き添われて、最後まで出てきませんでした。
息子さんには最後までアタマ下げられまくって。

バカな親もつと、コドモは苦労しますね…。
ただ最後まで、「あの姉貴」と呼ばれていた人が誰だかは判らず。


夜になり、新郎(後輩)から丁寧な謝罪TELをもらいました。
聞けばババアは新婦叔母で、引きこもりの娘を嫁がせようとしているのだとか。

新婦も本当は式に呼びたくなかったらしいのですが、親の付き合い上どうしようもなかったらしく。
わざわざ電話変わって謝ってもらいましたが、ふたりのせいじゃないですからねー。

「気にしないでいいよー」と応えたものの、きっとあのババアは懲りずに続けるんだろうな、と考えてしまいました。


内紛 

皆様こんばんは。

記事書くの久しぶりなので、どのネタから書こうかと思ったのですが、やっぱりこれです。(笑)
読売の内紛。


まあナベツネの独裁なんて、今にはじまったワケじゃないんですから、何を今さら感が強くもあり。
とはいえ、今まで誰も堂々と言ってこなかったので、清武よくやった感もあり。

でもやっぱり、清武さんのやり方にも問題アリだと思うんです。
「反省を求める」だけでどうにかなるもんじゃないでしょう。

ナベツネなんてゴキブリ以下だと思っておりますけれど、このケンカに関してはどちらの肩ももてません。


結局のところ、読売ファンがナベツネの横暴を許してきてしまっているから、という部分が強いと思ってしまうんですよ。
今までもムチャクチャやってきているじゃないですか。

それでも読売ファンは大きく減らないし、シーズンがはじまったらいちばん多くの観客を集めるチームなんですから。
そういうの見て、ナベツネは「それ、見たことか。おれ様は正しいんだ」くらいに思っているんじゃないですかね。


以前、プロ野球がストを行ったときにも、選手会に対して「たかが選手風情ふぜいが」と言いやがりまし
あれでプロ野球ファンは立ち上がらなければいけなかったと思ってます。
もちろん、読売ファンが中心に。

ファンが全く見ない、くらいのダメージ負わせないとあのクソジジイは何も考えないと思いますよ。

今回のやり取り見たって、ファンの存在なんて完全に置いていかれてますもの。
ファンあっての球団だというコトを感じさせられるのは、他ならぬファンの気持ち以外にないと思うんです。


それにしてもこのケンカ、ちょっとずつ明らかになって来てますけれど、黒幕は原さんじゃないかと思っているんです。
そう考えた方が面白くみられますし、菅野くんのドラフトの一件以来、あの一族の血は争えないのではないかと考えるようになりましたので。


魂 

皆様こんばんは。


多忙の極みで、全くといっていいほど横浜にいなかったのですが、やっと帰れます。(o^-’)b

小生の場合、多忙といってもシゴト自体が忙しいというよりも移動が多いんですね…。
普段から国内のあっちゃこっちゃ移動してますが、ここしばらくは動線が全く無視されたカタチの移動になってしまったもので。( ̄∇ ̄;
まあ、そういう風にシゴトを組んだ小生が悪いんですけれども。


今日の移動は以下。

ゆうべ10時前、成田から福岡入り。
早朝、中洲で遊んだのちに福岡でひと仕事して広島へ。
その後兵庫。
そして新幹線なうなんであります。


姫路でB-1グランプリをのぞいてきました。
ご当地ソウルフードが集まってまして小生にはたまらない。(笑)

どれもこれも美味しゅうございました。
ただ麺類が多すぎるきらいはありますね。
優勝した岡山・蒜山の焼きそばよりも、小生としては福島・浪江焼きそばのほうが好みだっただけに残念。

それにしても焼きそばって、いろんな作り方があって奥が深いです。
そして各地の魂がこもっていて、なかなかに楽しいイベントでした。
焼きそばだけで10種類以上あった気が。( ̄∇ ̄;


さて、明日からはコメ返をはじめる予定です。
遅くなりまして、本当に申し訳ありません。


そしてお嬢にブログ書くようお願いしたのですが、お嬢は小生以上に多忙だったようで…。

お嬢ファンの皆様、ゴメンなさい。


余波 

皆様こんばんは。

3日ぶりの登場となりました。m(_ _)m


例年ですと、11月はこんなに忙しくないんです。
自由業の強みを活かし、年末にかけてはセーブ気味にできますから。

でも今年はそれができません。
まあシゴトがあるのはありがたいコトですし、喜ばなければいけませんね。

震災以来、シゴトが多く回ってくるようになりました。
それは北日本では立ち行かないシゴトがこちらへまわされてくるという歪みのある状態ですが、その歪みは現在でも解消しきっていません。

ですからその解消に少しでも役立てば、と考えているワケなんですねえ。
自由業の小生にも、震災の余波が。


まあ年収は増えますし。(笑)
でも後の税金が大変だなあ。( ̄∇ ̄;


もう少しこういう状況が続きますので、今週いっぱいくらいは不定期更新になりそうです。

お嬢に書いてもらうかな。Σ(゚∀゚)!!


コメ返、もうしばらくお待ちください。


報告 

皆様こんばんは。

現在多忙の極みにつき、2~3日書けそうにありません。

せっかく覗いてくださった方には申し訳ありませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。


祝日 

皆様こんばんは。

カレンダーどおりにいかないシゴトをしていると、今日が祝日かどうかなんて考えは全くありません。
街を歩いていて、若い人の多さに、「今日は休みなのか…」と気づくくらいです。

今日は関内でシゴトしてましたので、ヒマを見てフーゾク街も歩いてみたのですが、人が歩いてない。( ̄∇ ̄;
店もヒマなのか、呼び込みさんが多く、声をかけられては写真見学ツアー。(笑)
結局どこにも入らず。

フーゾクもボーナスまでは、客が少ないんでしょうね。
お店からは割引イベントのメールがたくさん来ましたし、嬢さんからも誘いのメールが。


それにしても11月の気候じゃありません。
暑い。

あと2ヶ月で今年も終わりと考えると、一年って早いです。
毎年言ってますけれどね。


刑期 

皆様こんばんは。

5年前、福岡であった交通事故。
飲酒運転していた後続の車にぶつかられた車は川へ落ちて、3人の幼い生命が犠牲になりました。

この上告審が行われ、2審で出された懲役20年の刑が確定する見込みになりました。


軽い。

軽いですよ、この刑。


ヨッパライ運転して。

100キロのスピード出して。

ぶつかって。

逃げて。

水ガブのみして。

隠そうとして。


そこまでして3人の犠牲を出しても、20年塀の向こうにいればいい、と。
しかも模範囚なら、もっと早く出てこられますね。

こんなんだから、飲酒運転がなくならないんだと思うんです。


なんか世の中って、酒の上での失敗に対して寛容ですよね。

無闇に重い刑罰にするのもどうかとは思います。
けれども3人もの生命を奪っておきながら、最高刑が適用されないのには、強い違和感を覚えます。


もっとも、これだけのコトしておきながら、2審を不服として上告した被告の神経。
そこにいちばんの違和感。

20年なら20年でもいいけれど、同じ目に遭わせてやりたい。


価値 

皆様こんばんは。

シゴト上でのつき合いのあるYさん。
25歳、女性。

ギャル系でパッと見カワイイ感じです。
ただ、ときどき人をイラッとさせてくる天才でもあります。(笑)


「Sさんさあ、女のコを食事に誘ったらオゴるでしょ?」
―シゴトだったらオゴらないよ。プライベートなら、相手によるかな
「もちろんプライベートなんだけど」
―ああ、だったらオゴってもいい相手にはオゴる
「その差はなんなの?」


なんかこの、オンナならオゴってもらえて当然、というのを、悪気なく前面に出してくる人なんですよ。( ̄∇ ̄;


―差はね、オゴる価値のある人かそうでないか、だな
「じゃあ、誘われたのにオゴってもらえなかったら、私はそんな価値ないと…」
―値踏みされたんだろうね


悪気ない人なので、こう言うとモロにヘコむんです。

「私は価値がないのか…」
―そう思われたんじゃないかなあ
「……」
―おれはYさんを知ってるからいいけど、きっとはじめて食事行く人は幻滅だと思うんだよね…


実はYさん、箸の持ち方がヘンな上に、クチャクチャ音を立てる、口に入れたまましゃべる、を悪気なくやっちゃう人なんです。
悪気がないので注意をすると直そうとしてくれるんですが、なかなか…。


「またそれかあ!」
―きっとねー
「あー、もう私ダメだあ」
―まあ、おれなら途中で帰るけどね
「うう…、気をつけてるつもりなんだけど、気が抜けちゃうんだなあ」
―まあ顔はカワイイんだから、そういうとこ気をつけなさいよ


でもやっぱり、オゴってもらえるってのが前提で考えられると、腹立ちますね。(笑)
そしてオゴってくれないオトコに文句垂れる女性は、オゴりにふさわしくないと値踏みされている可能性をお忘れなく…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。