スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習 

皆様こんばんは。

社会復帰に不安がありましたが、やっぱりいきなりシゴトのは戻るとストレスのようで、昨日は一日ゲリが続いておりました。(T_T)
一日苦しんだらだいぶよくなりまして。


今日は月に一度のバンド練習の日。
練習とは言っても、今はライブ前でもないので、カンが鈍らないように定期的に音合わせをしているのです。

バンドは3バンドに所属しております。

本バンド → もともとやっていた、いわゆるバンド(ベースやってます)
インストバンド → ジャズじみた編成(エレアプベースやってます)
アコースティックバンド → 震災前後にやっていたアンプラグドバンド(アコギやってます)


今日の練習は本バンド。
本バンドはもう20年以上のつき合いなので、メンドーなコトを避けられるラクなバンドです。
で、やっぱりここで演奏しているときが、いちばん素でいられるカンジ。

お互いの好みを判っていますし、他のバンドに比べれば時間をかけずにまとまってきますね。
で、本バンドだからこそできる、このバンドならではの練習というか遊びがあるんです。


毎回交代交代で曲を用意します。
その曲は、メンバーの誰もが聴いたコトある曲。
最近のでもありえますし、われわれが小さいときのものである可能性も。( ̄∇ ̄;

今日の曲は盛り上がりました。
いや、実は前回から持ち越したという珍しい曲なんです。


スタジオはだいたい3時間入ります。
最初30分はそれぞれウォーミングアップ。

ウォーミングアップが終わるとその日の担当が、アカペラで用意してきた歌を披露します。
そしてそれぞれが練習をして、最後みんなで合わせるんです。


前回の担当、ピアノのFちゃんが歌ったのは。


 ♪ もう噂は聞きましたか

 ♪ そしてその目で確かめましたか


アラフォーならご存知、テレビアニメ「はいからさんが通る」のオープニング曲。
もちろんメンバーは全員知っていまして、最後には何となく合わせるコトができました。(o^-’)b

でも練習後、ドラムのSちゃんが「これ、本気で合わせてみたい」といったコトから、持ち越して本気モードの合わせと相成ったのであります。( ̄∇ ̄;

いやいやどうして、なかなかのデキでしたよ。
8月のライブでやるコトに決定しましたし。(笑)

こういう、一見ムチャな曲でもアッサリ合わせてしまうこのメンバーは居心地がよく。

以前にも書いたとは思うんですが、きっとそこまで音楽好きというワケではないんですよね。
もちろん好きかキライかで言ったら好きに決まってますけれど。

バンドやるのは楽しいし、ベース弾いていると時間を忘れるコトもしばしば。
それでもどうしてもバンドやりたいかといえば、このメンバーだからやりたいんだよな、というのが第一なんです。



スポンサーサイト

帰宅 

皆様こんばんは。

4泊5日、のんびりまったりリフレッシュの旅から帰宅いたしました。
今日もチェックアウトギリギリまで部屋でのんびりして、近くのガラス工房まで送っていただき。

ガラス工房で買いたいものがあったのですが、ノリで突然体験までしてしまいまして。( ̄∇ ̄;
後日コップが送られてくる予定。

家でお茶を飲むグラスも、自分達で作ったものを使えばまた美味しく感じるでしょう。


しかしガラス作品の体験、暑いです。
暑い、よりも、熱いかも。
あれだけ火を使っているんですもんね。


さて、リフレッシュ旅から帰ってくると、よーし明日からがんばっちゃうぞー、となるのがフツーなのでしょうが。

とてもそんな気になれません。( ̄∇ ̄;
あまりにのんびりしすぎたせいで、社会復帰が心配です。(笑)


コメ返やら、明日に!


贅沢 

皆様こんばんは。
戻ったらコメント返信させていただきますね。


さて旅行も三日め。
中の三日間(二日め~四日め)は何もしないと決めております。

ってより、何かしようと思っても、ホテルの中で事足りてしまうんですね。
ホントゼータクな環境です。

意図的に外出を控えているワケでもありません。
この旅行唯一の取り決めは「できるだけ時計を見ない」だけなので。

普段から腕時計をみたりしませんが、今回の旅行の目的は「ムダなコトをしない」なんです。
よけいなコトをせずに考えずにのんびりしようというものですから、時間に追われるなんて愚の骨頂。

ケータイ見ちゃうと判っちゃうので、小生のケータイは時計非表示にしました。(笑)
iPadは寝る前のメールチェックだけ。

その結果朝は寝坊し放題ですし、本を読んだりおしゃべりしたり、入りたいときにフロに入って、プールに入って、お互いがしたくなったらセックスしてます。( ̄∇ ̄;
まあ食事だけはホテルの都合があるので、それでも制限時間ギリギリまで待ってもらって、それでもわれわれが現れなければ連絡をくれるコトになっております。

でもフシギと、こういう生活していると腹時計も正確になってくるのか、まだレストランから呼び出しは喰らってません。
時間を考えずに、やりたいときにやりたいコトやるのって、ゼータクの極みです。

ただこういう生活を毎日していると、間違いなく現代社会には不適合の烙印を押されてしまうでしょうね。( ̄∇ ̄;


そうだ、ゼータクといえば。

ホテルのタオルの使い心地がいいんです。
毛は長いんですけれど毛羽立つコトもなく、ふわふわで吸水性がよく。

お嬢がこのタオルを自宅でも使おうと考えたのですが、このホテルには売店がありません。
よって、どこで売っているものか聞いてみました。

非売品だと。( ̄∇ ̄;
ちなみにおいくらなのかと尋ねれば、調べてくださって「1枚8000円のものです」と。

8000円のバスタオルなんて。( ̄∇ ̄;
そりゃいいものに決まってますね。
お嬢が「はっせんえん…」とフリーズしておりました。(笑)


ホテルの方は優しく、こうおっしゃってくださいました。
「よろしかったら、お帰りのとき、お持ちになってください」

え?
今、なんていいました?

「お持ちになってくださってかまわないんですよ」
―えーと、でも8000円なんですよね?
「値段ではなく、お気に召してくださったのなら、ぜひお持ちになってください」

なんだ、このサービス。( ̄∇ ̄;

本当に持って帰っていいものなのか悩みはじめる、ヘタレなわれわれ。(笑)

ゼータクな旅を楽しんでいますが、やっぱり分に不相応なのはほどほどにしておけ、という神のお告げなのかもしれません。


南国 

皆様こんばんは。

遅めのGW。
お嬢と二人旅です。

前住んでいた街からは羽田行きリムジンバスが出ていたのですが、今の街にはありません。(T_T)
まあ電車で一回乗り換えればいいだけなので、そこまでの不便は感じませんが…。

ただ平日の朝に、旅行用の荷物を抱えて電車に乗るのはちょっと。( ̄∇ ̄;
周りへのメーワクになりますから…。

まあ結局リムジンバスが出ている近くの駅まで移動しました。
道が混まない時間を選ぶと、必然的に早起きになるため、空港についても時間がまだまだあります。

ラウンジで時間まで暇つぶしして、搭乗。
搭乗した記憶はあるのですが、出発した記憶がありません。(笑)

気づいたらめんそーれ。(o^-’)b

12052511.jpg


まずは腹ごしらえで、沖縄そばを食べに。
その後ちょっとゆっくり買い物へ。

夕方4時。
約束の場所へいくと、ホテルからの送迎の車が待っていてくれました。
「歓迎 S様」のカードを持って。( ̄∇ ̄;

待っていてくださった運転手さんは、昨年も送迎してくださった方。


―ごぶさたです
「1年ぶりですね。また来てくださってありがとうございます」
―憶えていらっしゃいますか?
「ええ、珍しいお名前ですので(笑)」

こうして憶えていてくださるのはありがたいコトですね。


小一時間のドライブの終点は、懐かしく感じるホテル。


ちょっとのんびりさせてもらいますー。


来襲 

皆様こんばんは。

招いてもいないのにやってくる客ほど、メーワクな存在もありません。
まあ、招いていない時点でもはや客ですらないのですが。


今日、ヤツがやってきました。

いや、厳密にはもっと前から来ていたのかもしれません。
全くもって、本当に歓迎できないアイツ。


ボーズアタマを洗っていて覚えた違和感。


む?
むむ???

来たか?


―ちょ、お嬢
「どした?」
―ちょっとここ触ってみてくれる?
「なんかあったの…、あ!」

お嬢の発した「あ!」が全てを物語っていました。


そうです。

歓迎していない、招かざる客のアイツ。


ついにハゲがやって来ました。( ̄▽ ̄;



同名 

皆様こんばんは。

カラオケにいってきました。
シゴト仲間とです。

だいたいシゴトつながりでカラオケのときにはあまり歌わずに盛り上げ役。
タンバリンかマラカス振ってるコトが多いですね。

仲いい相手とじゃないと歌いたくないんですよ。
マイナーな曲が多いから。( ̄∇ ̄;

それでもだいたい一曲はフラれるので、そのときの気分でテキトーに入れてます。


今日の気分は"Jupiter"でした。


平原綾香さんじゃないんですよ。
いっしょに行ってたメンバーも、みんな思ってたみたいなんですけれど。(笑)

小生にとって"Jupiter"といえばBuck-Tickです。




勝手に平原さんのだと思ってて、「うわー、スゴいー、楽しみー」とか言い出して。
で、Buick-Tickだと判ると、テンションめちゃめちゃ下げてくる人ってなんなんですか。

勝手に間違えたのはそっちだろう、と。
とりあえずいい歌だから聴いてみろ、ってんだ。(笑)


同じ曲名ってけっこうありますからね。
勝手に自分の思い描いていた曲が来ると思い込むのはやめていただきたいものです。

マイナーですがこれ歌うと、けっこう好評だったりするんです。(o^-’)b


ちなみに、「あっちゃん」といったら。

今はこの人みたいですけど。

maeda.jpg


何年か前まで、カッコいい~と言われていたあっちゃん。

nakada.jpg


でもやっぱり、われわれ世代のあっちゃんといえば。

sakurai.jpg


櫻井あっちゃん。

あっちゃん、カッコいい~。(笑)


空 

皆様こんばんは。

昨日は日食でしたね。
東京・神奈川では曇り予報だったのですが、ちょうどいいタイミングで雲のカーテンが薄くなり。

nisshoku1.jpg

新しいデジカメでもこれくらいには撮れました。


今日は今日で東京スカイツリーが開業。

skytree.jpg

昨日と今日の二日間で、どれだけの東京都民・神奈川県民が空を見上げたことでしょう。
日食のタイミングなんて、立ち止まって見上げている人が多かったですもんね。

何かあるときにしか見上げないのって、なんか淋しいですよね。
でもやっぱり東京の空はなんかくすんで見えます。
イナカ出身の小生には、どうしてもそう見えてしまって。

最近、空を見て感動するコトってないですね。
キレイな夕焼けとか朝焼けとか見たいです。

尾道で見た朝焼けはキレイだったなあ。


再び 

皆様こんばんは。

バリカンをゲットして10日あまり。
つまり、セルフボーズにして10日あまりというコトに。

10日も経つと、伸びるんですよね。( ̄∇ ̄;

フツーの人だと、月に1センチ伸びるそうです。
というコトは10日で3ミリ強は伸びると。

小生は伸びるのが早いです。(笑)
以前「人の1.5~2倍は伸びるような…」と、友人美容師あっきーさんに言われたコトがあるほど。

というコトは月に1.5~2センチ伸びているワケです。
10日で5~6ミリという計算。


3ミリでボーズにした小生が、もはや1センチ近くなっているんですね。
いくらなんでも早すぎます。

というコトで、セルフボーズ再び。


人の目って怖いですね。
また同じ3ミリでやったんですよ。

でももう伸びてきたボーズに慣れているからか、事務所のメンバーからは「前より短いよね?」の連呼。( ̄∇ ̄;
同じだっちゅーに。


さて、今日のお昼はお弁当。
ゆうべ作りすぎたものを詰め込んだだけですけれど。

事務所メンバーのほとんどは出払っていて、小生と若手♀のSちゃんで昼食タイム。
実は小生、このSちゃんとはあまり話したコトがありません。
ただタイプ的に、ふたりとも沈黙を苦にしないので、黙々と食べていました。

そんな中、Sちゃんが珍しく。

「ねえ、Sさん」
―んー、何、Sちゃん

SとSで判りにくいですね。( ̄∇ ̄;


「Sさんは、マユ毛のお手入れしないの?」
―マユ毛の手入れって難しそうで
「いや、カタチはともかく…」
―カット?
「そう」
―切ったほうがいいかな?
「髪がそんなに短いのに、マユ毛のほうが長いのってアンバランス…」


マユ毛って、ときどき長いのが出てくるんですよね。(笑)
そういうときは気にして整える、というか長いのだけ切っていたのですが、全体的にというご指摘。

Sちゃんのアドバイスに礼を申し上げ、帰宅してお嬢に聞いてみました。


―事務所でマユ毛カットを勧められたよー
「オジョーも言おうか悩んでたんだよ」

はい、お嬢はときどき自分で「オジョー」と言います。(笑)


―あれ、やっぱバランス悪い?
「うん、なんかマユ毛が歩いてるような威圧感あるね」

マユ毛が歩いてる、って。( ̄∇ ̄;


そしてバリカンを使い、マユ毛も3ミリに。

―どう?
「もうちょっと短くてもいいかもね」

というコトで、2ミリにしてみました。

明日、Sちゃんにも見てもらいます。(o^-’)b


大喰い 

皆様こんばんは。

川崎(駅近辺)でおシゴト。
川崎(駅近辺)にはよくシゴトで組む方の事務所がありますし、よく通うフーゾク店もありますので、週の半分くらいは過ごしているような気がします。

よく行く街では、メシを食べる店として「テッパン」扱いの店が必ずといっていいほどあるのですが、川崎にはまだ見つけられておりません。
ですので、メシを食べるとなると毎度毎度悩みます。
結局悩むのがメンドーになって、駅近くの「壱六家」へいくのが多くなりますけれど。


今日も悩んでました。
そんなとき、昔から川崎に住む方から耳寄りな情報を。


「Sさんはとんかつ好きだっけ」
―大好きですねえ
「だったらオススメの店、ありますよ」
―マジですか! どこでしょう?
「えっとね、球場の裏あたり」


若い方はご存じないかもしれませんが、その昔、川崎球場という野球場がありまして。
大洋(現:横浜)やロッテが本拠地にしていた時代もあったのです。

川崎球場は川崎駅から歩くと20分くらい。
その先だとすると、川崎駅から歩くにしてはせんない距離といえそう。

でもこういうとき、自転車乗りはフットワーク軽く動けますね。(o^-’)b
詳細な場所を教わって、自転車を漕いで向かいました。

おお、ここですな。

12052021.jpg

「とんかつ 一」。
たしかに駅からおいそれと歩ける場所ではありません。

12052022.jpg

メニューですが、600円くらいからあるワケですから、良心的なお店と言えるでしょう。
それでもとんかつ好きなら、できるだけ美味しいものが食べたいもの。

でしたらここは、いちばん高級な「極上」を目指すべきです。
でもやっぱりまだ美味しいかどうか判らないお店で、いきなり2800円はちょっと…。

というコトで、2000円の「特上」をいただくコトに。
美味しいとんかつのためなら、2000円までは厭いません。( ̄∇ ̄;

ただ小生、頼んだ時点で大きなミスをしでかしているコトに気づきませんでした。
15分くらい経って「お待たせしました~」と、カウンター越しに出てきた「特上とんかつ」。

12052024.jpg

しでかしていた大きなミスとは、このとんかつの大きさ。
写真がヘタクソなので、その大きさはわかりにくいかもしれませんが、とんかつの幅は20センチくらい。
真ん中の大きい部分の長さはやっぱり20センチくらい、厚さも2センチくらい。(笑)

12052025.jpg

えっと、皿が小さいワケじゃないんですよ。( ̄∇ ̄;
たぶん直径30センチくらいの、一般的な丸皿です。
そこに乗っているとんかつの大きさがこれですから、必然的にキャベツの盛りも…。

たしかにメニューの写真をよく見ていただければ、「特上とんかつ”大”」となっています。
そして、店構えの写真をよく見ていただければ、「”大”とんかつ 一」と。( ̄∇ ̄;
しまった、この店は大食いの店だったのか。


ガタイがデカいので勘違いされがちですが、そんなたくさんの量を食べるワケではありません。
人並み以上に食べるかもしれませんが、いわゆる定食関係でおかわりはしませんし、吉野家だったら並でも持て余すレベル。

そしてトシもトシですし、量より質になって来ているんです。
これはひょっとすると、完食は怪しいか、と一口め。


あ、美味しい。(o^-’)b
肉は柔らかく、肉自体の味もしっかりしていて、ロース好きには脂も申し分なく。

ただこれだけの大きさなので、ソースだけで食べるのはちょっと単調になりがち。
塩があるとまたいいかも。

最後の一切れは少し持て余し気味になりながらも完食。
ゴハンなくてもいいくらい。(笑)


いやあ「ロース!!!」ってカンジのとんかつを満喫できました。
これで2000円なら高くないです。

支払い時に、特上の上の「極上」を尋ねると、さらに大きく脂の量も多いのだとか。

うん、小生には特上で充分です。( ̄∇ ̄;


購入 

皆様こんばんは。

デジカメが壊れました。(T_T)

何台か持っているのですけれど、それぞれ用途が異なってまして。
使い方をちゃんと覚えればいいのでしょうけれど、それができず、なにがしかに特化したタイプのデジカメを使い分けるという形をとっております。

最近はケータイで撮っている人も多いようですが、とてもじゃないですがそれができません。
なぜなら小生のケータイは未だに300万画素。( ̄∇ ̄;
写メを送る程度ならいいのですが、さすがに永久保存版にする写真たちには適しません。


さて、その壊れたデジカメは日常スナップ&シゴト用。
シゴトである意味必須アイテムなので、壊れてしまったら早急に代替機が必要になります。

いちおうこんな事態を想定して、緊急用に持ち歩いているのもありますが、これはプールとかスキー場用。
水に強いタイプなのですが、日常的に使うにはレスポンスが遅かったり、色合い的にも納得がいかなかったり…。
いずれにしても使いにくいタイプではあったので、買い換える気分マンマンになっておりました。


買い換えるならとにかく情報収集。
総力を挙げて多くの情報を集めました。

人の好みは千差万別ですから、ネットの情報は100パー信じるワケにもいかず。
BカメラやYカメラ、カメラのKタムラあたりにも顔を出して店員さんからも情報を得まして。


そして本日、満を持してお店へ突入。
2種に搾って考えていたのですが、親身になってくださる店員さんにハナシを聞いたり、実際に持ってみた感覚から、予定になかった機種を購入。(笑)

それにしても、たった3年前に買ったモノよりも、今は安くて機能的にも優れているんですから。
いろいろ迷いますよ。( ̄∇ ̄;

デジカメまでタッチパネル式が増えてきてましたし。
あんまりタッチパネル式って信用してないんですけどね。
なんか余計な機能が増えれば増えるほど、トラブルの可能性も高くなるワケですから。

できるだけシンプルな方が好みです。
今回は好みに合うモノが見つけられたので満足です。
でもこのままだと、次に買い換えるときには好みのタイプがなくなってしまうのではないかと心配になってきます。


白衣 

皆様こんばんは。

月に一度の、歯のクリーニングの日。

小生の通っている歯医者さんは、何度か書いてますけれど、衛生士さんも特定の人がついてくれるシステム。
ですから衛生士さんのシフトにあわせて予約を入れるカタチになります。

前回まで担当してくれていた衛生士さんは、もともとフーゾクでの仲良しさん。
何度目かにお会いしたときに、普段は感じないらしい小生の口臭に気づいてくれて、定期的なクリーニングを勧めてくれました。

歯医者といえば治療しかアタマになく、クリーニングなんてしてくれるコトを知った小生は、それから毎月彼女の勤める歯科を訪ねるように。
5年近くずっとメンドー見てくれてたんですけどね。

そんな元仲良しさん衛生士ちゃんも、4月に結婚して退職。
今月から新しい衛生士さんに担当してもらうコトに。


新しい衛生士さんも、おっぱいを小生のアタマに押しつけてくる攻撃が。
ホントにみんなやるんですかね。
まあ作業上、しかたのない事態だとは思いますけれど。

そして、元仲良しさんはスカートタイプの白衣着用だったのですが、新しい衛生士さんはパンツタイプ。
スカートタイプはイスに坐ったりちょっとしゃがんだりするときに、見えそうで見えないのがよかったので、ちょっと残念に思っていました。(笑)

でもパンツタイプはパンツタイプでいいもんですね。( ̄∇ ̄;
うん、あれはあれでいいもんだ。


もはや何しに通っているのか判らなくなっているうちに、クリーニング終了。
来月からも、この衛生士さんにお願いするコトになりました。(o^-’)b

そして、数年ぶりに虫歯が見つかったので、治療もはじめるコトになってしまいました…。



小物 

皆様こんばんは。

珍しくファッションのハナシでもしてみようと思います。

流行のモノを取り入れたりとか、そんなに強いこだわりは持っておりません。
あえて言うなら、自分に似合わないモノをムリして身につけない。
これに尽きます。

顔も顔で純和風ですし、体型も体型で…。
そのため、かなりモノを選ぶような気がします。

そんな理由から、一度身につけたものを長く使いまわすタイプといえます。


それにしても小物の類はまったく似合いません。
アクセサリー類、時計などはことごとく。( ̄∇ ̄;

そしてとにかく似合わないのが、マフラーと帽子。
マフラーなんて、今までにプレゼントしてくれた女のコもいるのですが、そういうコたちはいろんな巻き方を試した挙句、「ゴメン…」と引き下がっていくほどです。


先日ボーズにしました。
何人かの方が「日焼け注意」とアドバイスをくださったので、帽子屋さんへいってみました。

アタマがデカいので、サイズ的なモンダイもありますが、とにかく似合わないこと似合わないこと。( ̄∇ ̄;

ベースボールキャップからエンジニアキャップ、キャスケットあたりは見るも無惨。
ハンチングやパナマ帽は、似合っていなくもないのですが、カッコには合わない。
麦わらやチューリップハットは、ねえ…。

つばのついているタイプが似合わないようなので、残されるのはニットキャップですけれど、真夏にニットキャップってのも…。


結局、落ち着くのはここ。

12051523.jpg

タオル巻き。(笑)
これがイチバンだとは思うのですが、でもこれだといつもと代わり映えせず。

というコトでアレンジ。

12051526.jpg

手ぬぐいを巻いてみました。
思ったよりもいいカンジ。(o^-’)b

浴衣着るときのタオル代わりや、お弁当包みとしていろいろ持っていたのですが、思わぬ使い道を見つけました。
ボロボロになったら雑巾にもできるし。

ムダがないっていいなあ。





倹約 

皆様こんばんは。

ボーズにしたところシゴトカンケーからも多くの反響をいただきまして。( ̄∇ ̄;

 ガラ悪いね
 チンピラっぽいね
 ほとんど犯罪だね

などなど、ありがたくないおコトバもいただいてますが。(笑)
それでも数人からは、「カッコいい」とのおコトバもいただいてましてご満悦。


ただ、ホントにどうしようもない輩に絡まれはじめたのがメンドーです。
その輩はMさんという、とある会社の女性。

「あらー、自分でやったのー?」
―そうですよ
「じゃあバリカン持ってるんだー?」
―持ってますよ
「それ、貸してくれない?」


どうやら坊ちゃんがまだ小さいので、ボーズにしようという試みのようで。
小生のバリカンは業務用でパワーありますが、その分重たいので、初心者にはちょっと難しいと思うんです。


―家庭用のだったら、2000円くらいから売ってますよ
「Sさんが貸してくれればタダじゃない?」


Mさんは自称倹約家。
何事もおカネをかけずに暮らしていくのがイチバン、と考えている人。


―そこまでタダにこだわりたいの?
「だっておカネかけるのバカらしいじゃない!」
―でもさ、お子さんのコトなんだから、床屋連れてってあげりゃいいじゃん
「床屋を怖がるから私が切ってるんだけど、最近イヤがるの!」
―何? 嫌われてるの?
「キレイにならないからイヤなんだって! だからバリカンがあれば…」


なんだか、カネかけないのにこだわりすぎて、そういう部分をコドモにまで見透かされているんじゃないかとさえ思えてきます。

―バリカン一回買うだけで、しばらく散髪代が浮くと思えばいいじゃん
「だけどSさんが貸してくれればタダでしょ?」
―あのさ、おれだって買ってるの。人に貸したら、刃の寿命だって短くなるし、なんでおれがソンしなきゃいけないの?
「何よ、ケチねえ!」


ケチって言われちゃいました。(笑)
でもその瞬間、「どっちがケチなんだよ!」と、複数の人からツッコミが。( ̄∇ ̄;

ケチはオマエだとツッコまれたMさん。

「私ケチじゃないのに…。賢いだけなのに…。ぶつぶつ…」

倹約とケチの差って難しいですよね。
でもMさんは間違いなくケチ。

万事がこんなチョーシなので、会社のみんなからに避けられているのも、「自分が賢くてねたまれてる」と思っていられるシアワセな人です。

2000円くらい使えや。


感謝 

皆様こんばんは。

今年になってしばらくコメント返信できずにいましたが、その間にあった相互リンクのお誘い。
今になってではありますが、いただいた方々のブログにコメントを残しにうかがっております。

遅くなりまして申し訳ありません。
そして今さらながらのコメントに、ご面倒かとは思いますが、ご返信くださいますようお願い申し上げます。


改めて考えてみれば、こんなブログではありますが、多くの方に相互リンクしていただいているんだなあ、と。
しかもまだ決定していないだけで、さらなる方にお誘いいただいていて。
ホントに感謝です。

またリンクフリーにしているため、当ブログをリンクしてくださっていらっしゃる方のブログの存在に、遅れて気づくコトもままあります。
気づいた時点で感謝の念はもちろんのコト、同時にこちらからリンク張らせていただくのは迷惑になるのではないかと思うコトもしばしば。( ̄∇ ̄;

なんせ最近書いていないだけで、R-18ネタあり、フーゾクネタありのいかがわしさ満点ブログですからね…。

いずれにしても、リンクしてくださっている方はもちろん、こんなブログを覗いてくださる皆様に感謝なのです。


実行 

皆様こんばんは。

帰宅すると、宅配ボックスにお届けもののお知らせが。
待ちに待ったアイツが。( ̄ー ̄)


♪たったかたったたーたーたーっ(気分はドラえもん)

12051237.jpg

バリカンです。(o^-’)b

さあ、気合い入れてボーズに。
もちろんドゥーマイセルフです。

使用前

12051238.jpg

もじゃもじゃですな。( ̄∇ ̄;

バリカンのスイッチを入れると、ビィィィーーーンという軽快なモーター音。
よく刈れそうです。(笑)

3分後

12051239.jpg

半分くらい刈れました。

さらに5分後

12051241.jpg

まあこんなもんでしょうな。


後頭部がよく見えないので、バリカンの持ち手・持ち方をいろいろ試さないとトラ刈りになっちゃうんです。
コツがあったんですけど、完ペキには思い出せませんでしたね。

千葉の中学に通ってたときは校則がボーズだったので、毎月セルフ刈りしていたんです。
小学校もほとんどボーズでしたし、4年生くらいから4年くらいは自分でやっていたような。

でもそのころは、校則だからとイヤイヤやっていた部分が強く。
それに対して今回は、自ら望んでやったもんですから。
大学時代のスキンに近い感覚。

スキンだと毎日剃る必要がありましたが、そこまで念入りでなくとも大丈夫ですね。
それでも週一くらいで刈らないと、ちょっとカッコ悪くなりそうです。

伸びっぱなしのボースは潔くないですから。( ̄∇ ̄;


とりあえず実行してみて気分爽快。(o^-’)b


雷雨 

皆様こんばんは。

先日茨城や栃木で起こった竜巻被害。
東日本ではあれから不安定な大気の状態が続いているようで、まだ竜巻注意情報も続いてますね。
同時にゲリラ雷雨も毎日のように。

多くの人々は、カバンに折り畳み傘を忍ばせたりしていらっしゃるのでしょうが、小生の場合はレインウェア、平たくいえば雨ガッパを持ち歩いております。
自転車乗りですし、歩きだったにしても傘がキライなもので。


今日も西の空が暗くなってきて、そろそろ来るかな、とレインウェアをリュックから取り出します。
リュックにもレインカバーをかけ、自転車をまたこぎ始めるとカミナリの音が。

カミナリ、苦手なんですよ。
それでも時間があれば雨宿りもできますが、約束の時間に間に合わせるため、ペダルを漕ぎ続け。


降って来ました。
ポツ、ポツ。
さらに急ごうかと、ペダルを踏み続けるとすぐに、降ってくる雨に痛みを覚えはじめます。


敵は雷雨じゃありませんでした。
今日の敵は雹。
痛いなんてもんじゃなく、それどころか自転車の進路さえ危うく。( ̄∇ ̄;

なんとか目的地にたどり着いたときには、レインウェアには2箇所の穴が。(T_T)
そして自転車用のサングラスにもキズが数箇所。

けっこう大きな損失となりました。
やっぱり自然のチカラには勝てないですね。


GW 

皆様こんばんは。

世間的にはGWも終わっておりますが、皆様は充実のGWをお過ごしになられたのでしょうか。

小生はシゴトしてました。
こういうときが稼ぎどきでもありますからね。(笑)

もちろん、時期を外して休みはいただきますよ。(o^-’)b
再来週あたり。


人々が忙しく働いている時期に、のんびり休む。
こういうの、大好きです。( ̄∇ ̄;

まあお嬢のGWが、その時期になってしまうだけなんですけれどね。
新婚旅行代わりです。(o^-’)b


返信 

皆様こんばんは。

シゴト関連で電話すると留守電。
至急連絡がほしい旨、留守電に残しても数日間放置。

後日問えば、「スイマセン、電話苦手なんですよ~」
きっと「スイマセン」なんて1ミリも思っていない様子で。( ̄∇ ̄;

そのクセ、自分がメールでも送りつけてきたときには、すばやい返事を求め、こちらが返信できずにいると何度も送りつけてくる。

神経が判りません。


今日、そんな理由からシゴトをひとつなかったコトにさせてもらいました。


ホント、シゴトしているといろんな人に出会います。
これが若い人だったら、判りやすく話して、今後二の轍を踏まぬようにしてもらえればいいかと思うんですけれど。

今日の相手はもう50近い、しかも役職つきのオッサン…。

部下がかわいそうです。


白髪 

皆様こんばんは。

白髪が目立ってまいりました。
まあトシ相応なのかもしれません。

実父は30すぎにはもう真っ白で、白髪染めが欠かせなかったそうで。
それに比べりゃ、遺伝子的にはだいぶもったとホメてやるべきかもしれません。(笑)


ただ白髪染めには抵抗がありまして。
高校~大学時代にいろいろ染めて、髪をボロボロに傷ませてしまった前科がありますゆえ。( ̄∇ ̄;

おかげで大学生活の後半はスキンで過ごしてましたからね。
道が開きますよ。(笑)

そのため、今でも染めるコトには消極的。
もちろんカラーと白髪染めとでは大きく異なるんでしょうけれども。


スキンやってたくらいなので、短髪には抵抗がありません。
そもそも今だって、ボーズに毛の生えた程度ですし。( ̄∇ ̄;

とりあえずお嬢に確認。


―夏場、ボーズにしようと思うんだけどおっけー?
「誰も寄ってこなくなるねえ。歓迎だよ」


許可を得ました。(o^-’)b

よし、バリカンを買おう。


中学時代、校則でボーズってのを経験しているので、丸坊主にカネをかける気がしないんですよ。
セルフボーズで新たな境地を切り開いてみます。


母音 

皆様こんばんは。

このGW、何回かお嬢と二人で音楽スタジオに入っています。

お嬢はもともと鍵盤を弾けるのですが、実は今ギターの練習をしていまして。
6月末にお嬢の親友が結婚するコトになっていて、そこで一曲披露する約束なのだそうです。


ギターは小生のバンド仲間から、ショートスケールというちょっとちっちゃめのをもらいました。
お嬢、身長低いから手も小さいですし、結婚式のためだけなら弾きやすいほうがいいですし。

歌はカラオケならそんなにヘタだと思いませんが、声がそんなに出ないので。
カラオケとバンドとか弾き語りとかとの差って、声が出るか出ないかが大きいです。
そのため、スタジオに入って、気兼ねなく大声出しながらの練習につき合っているのです。

小生も買ったばかりのギター(エレキですけれど、アコースティックに近いともいえるモノ)抱えて、ギターの練習できますしね。( ̄∇ ̄;

おもしろいのは、お嬢がスタジオ内で「センセー」と小生を呼ぶコト。(笑)
「センセー、指が動きません!」「センセー、押さえられません!」など、必死に訴えてくるのがカワイイです。(o^-’)b


ちなみにお嬢が練習している曲は、superflyとおっしゃるユニットの『愛をこめて花束を』という曲。



小生は初めて聴いたのですが、久々に好きなタイプの女性ボーカルで。

今、低音域でパワフルな女性ボーカルは増えてますけれど、母音の伸びがきれいな女性ボーカル少ないなあ、と思っていたのです。
でもこのボーカルの、母音の伸びは好みです。

女のコらしい、高い声のボーカリストだと、キレイな伸びと感じる方も多いんですけれどね。
RebeccaのNokkoとか、初期JAMのYUKIちゃんとか。(YUKIちゃんに関しては、ポリープ手術後の声が好みじゃなくなってます)

上手いヘタと感じるでなく、好みか好みじゃないかってのは、また違うものですよね。

小生が思う、日本一上手い女性ボーカリストってのは、断然美空ひばりさんなんですが、好みではないですもの。
好みから言えばPearlのSHO-TAさん、別名:田村直美さんですね。
一般的には別名の方が有名か。( ̄∇ ̄;

田村直美さんが歌う、母音「う」の伸びは、今でも聴くたびに戦慄。
細かすぎますね。( ̄∇ ̄;
ちなみに初期YUKIちゃんは母音「え」がたまりません。

ここまで来ると声フェチならぬ母音フェチですな。(笑)


閑話休題。

そんなカンジでお嬢がギター弾き語りの練習をしているワケですが、どうも最近ハマってきているように思えまして。
きっとギター買うと言い出すような気がしています。

まあまずは、この曲をちゃんと弾けて歌えるようになってからにしてほしいものですけれど。( ̄∇ ̄;
でも買うか買わないかはともかくとしても、お嬢がギターにハマってくれれば、家でも楽しくなるなあ。



老舗 

皆様こんばんは。

今日はお嬢が社泊のため、夕食は一人で外食に。
そりゃあもちろん、とんかつです。(o^-’)b

シゴト相手が、ここへ行きたいと言うので、目黒にあります「とんかつ とんき」へ。

12050336.jpg


昭和初期の創業で、かの池波正太郎さんも通っていたというとんかつ屋。
のれんにも年季を感じさせるものがあります。

小生も学生時代、友人に連れられてきて知り、そこから何度か足を運んでいる店のひとつ。
でもたぶん、そこそこ高いカネを払って食べたはじめてのお店で、やっぱり値段によって味が変わるコトを知った店でもあります。

そういう意味では、この店のとんかつが、小生のとんかつ感の基準になっているように思えます。


今になると、味は標準になってしまっていても、他の店にないこの店の魅力があります。

12050338.jpg

判りにくいかもしれませんが、ここの1Fはカウンター席のみ。
しかも40~50席くらいが坐れる、超特大カウンター。
(2Fはテーブル席なので、とんかつをアテに一杯やりながらというのに、1Fは食事のみというのに適してます)

カウンターの中で多くの店員さんが、完全分業制でテキパキ働いているのです。
そのフットワークのよさといったら。( ̄∇ ̄;

まず店に入った時点で、「いらっしゃい! ロース、ヒレ、串カツ、どれにします?」

はい、メニューは3種類のみです。
空き待ちで並ぶときにも、坐ってすぐにとんかつが出てくるようにという配慮でしょう。

食べているときも、キャベツ食べ終わるかどうかのタイミングで、ボウルを抱えた店員さんが小生の前に立っています。
ゴハン食べ終わるかどうかのタイミングで、(以下略)


今日頼んだのは、ロースかつ定食(1800円)。
久々に来たら値上げしてる?

12050341.jpg

見た目はフツーのとんかつ。

12050342.jpg

ちょっと見づらいですが、断面図。

タテにも包丁が入れられていて、一口サイズにされています。
でもそんなカットしなくても、えらく柔らかいんです。
切ろうと思えば、箸でも切れるんじゃないですかね。

残念なのは2点。

せっかくのロースなのに、脂がけっこうカットされてしまっているコト。
衣がけっこう硬めなのに加え、タテカットが加わったコトで、衣がはがれやすいコト。


あと、個人的にはトマトとカラシが余計なんですよね。

付け合せはキャベツだけが好ましく感じます。
トマトとかカラシとかは、あととんきにはありませんが、キュウリだとかポテトサラダを同じ皿に乗っけてくる店は、小生にとって減点対象。

衣が触れたら、その味がついてしまうじゃないですか。

メンドーでも別皿に分けてほしいものです。


久々に食べましたが、やっぱり安心できる、飽きの来ないお店です。


象徴 

皆様こんばんは。

以前に着メロを「ウルトラクイズの罰ゲーム」の音にしておいて、隣にいたサラリーマンが噴出したハナシを書きました。
そんなカンジで、着メロではけっこう遊んでおります。

基本的には自分の持っているCDから使っている、というカタチですが。
万人受けする曲よりも、知っているとある一部の人にウケてもらえればいいや、っていうノリ。( ̄∇ ̄;


今日も打ち合わせ上がり、シゴト仲間とお茶をしているときに小生のケータイが鳴りました。


「あ、この曲…」
―知ってる?
「知らないんですけど、聴いたコトありますね。なんだっけ…」
―(ニヤニヤ)

「古いですよね」
―20年前くらいじゃない?
「そんな前でしたっけ…。スポーツとか、そんなのですよね」
―そうそう、F1だよ


小生にとってのF1といえば、この曲とワンセット。




T-Squareの"Truth"。
87年からフジテレビのF1中継のテーマソングとして使われていました。

今でもF1は見ますけれど、このころのほうが面白かったです。
給油なんかしなかったし、純粋な速さで競い合わされていたように思います。

セナもいました。
マンセルもいました。
プロスト、ピケ、ベルガー、アレジ、パトレーゼ…。

シューマッハがまだデビューしたばっかのころ。



「ああ、F1ですか。私、F1なんて見ないのに、この曲は知ってますもんね」


シゴト仲間のこの一言に、この曲の知名度が表れているように思います。

バブルニッポンは、F1に関するさまざまな企業に出資してました。
出資どころか、チームさえ持っていた時期もあります。

ホンダはエンジンを供給して一時代を築きましたし。
おかげで日本人ドライバーも出ましたよね。

ですからゴールデンタイムで中継やったりして、テレビでこの曲もよく流れてました。
知っている人が多いのも当然。

聴く人によっては、バブルの象徴の一曲にあたるでしょうね。


曲だけで考えても名曲だと思います。
今聴いたってカッコいいし。

いい曲に、時代も古いも新しいもありません。


汗っかき 

皆様こんばんは。

もう5月ですね。
今年ももう、1/3を終えてしまったと。

トシをとると、ホントに時の流れが早いです。
今年も早く感じてますけれど、来年はもっと早く感じてしまうのかと。


4月の終わりから、いっきに気温が上がって汗をかく量が増えてます。( ̄∇ ̄;

連休中に衣替えをしまして、冬物のコート類はクローゼットのいちばん奥へ。
ついでに下着類も冬物から夏物へ。
長袖と厚手のモノが減ったので、タンスに余裕ができました。(o^-’)b

あと、とにかく無類の汗っかきなので、常に着替えをリュックに入れて持ち歩いているのですが、これもリュックに余裕が。(o^-’)b
いろんな意味でラクになってますけれど、汗をかく量を考えるとちょっとユウウツ。

もちろんこれからの時期は「ドライ」など吸湿速乾の下着に頼るのですが、綿100に比べると汗のニオイがキツイ気がするんですけれど…。


気のせいですかね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。