スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再建 

皆様こんばんは。

以前ニュースで流れたこの映像。
見覚えのある方はいらっしゃるでしょうか。




津波被害をモロに受けたにもかかわらず、「大丈夫です」とおっしゃるオジさん。
このオジさんの一言に、パワーをもらった方は多いのではないでしょうか。

決して大丈夫じゃないはずなのに。
それなのに、笑顔で「大丈夫です」。

あまつさえ「また再建しましょう」と、力強く。


「また」再建なんですよね。
というコトは、以前にも再建した経験がある、と。

それは戦争かもしれませんし、チリ地震の津波かもしれません。
経験者が語るこの一言に、震災直後の日本が勇気づけられました。


本当に勇気のある人ってのは、こんなふうに街中にいるのでしょう。
己の利権や政局ばかりを考えている、国会議事堂の中には残念ながら見当たらないような…。


このオジさんがご病気で亡くなったそうです。

オジさんの気概を、遺志として受け継がなくてはいけない。

そんな気がしております。



スポンサーサイト

ジンクス 

皆様こんばんは。

今日は朝から打ち合わせが続きました。
立て続けに5件。

人との距離感を上手く測れない小生にとっては、かなりキツい一日。( ̄∇ ̄;
しかも新規が3件。

ビジネスライクに進めたいのもあるのですが、シゴトの都合上、意思疎通がどうしても重要なために、なんとか打ち解けようと必死。
疲れます。


新規の方は、女性2名の男性1名。

一番手、名刺をいただくと、○○幸枝さん。
サチエさん、とおっしゃってました。

二番手、△△幸子さん。
ユキコさん、でした。

同じ字が続くと、後になって考えたときにどっちがどっちだか判らなくなるんですよね。(笑)
まあ、次は男性なので大丈夫。
そう思ってました。( ̄∇ ̄;

三番手、幸島□□さん。
コージマさんがやってきました。(T_T)

まあ字が字だけに、なにか大いなる幸せをもたらしてくれるのかもしれないな。
ムリヤリのポジティヴシンキングへ。(笑)


実は「幸」の字を持つ方との仕事上での相性は、今まで極めて悪いのです。
したがって、ムリヤリでもポジティヴにもっていかないとやってられない、そう考えました。(笑)


夕方、さっそくユキコさんからムチャな締め切り希望が。( ̄∇ ̄;

やっぱり相性悪いです。


敬礼 

皆様こんばんは。

天皇賞でした。
そして7年ぶりの天覧競馬。


7年前、2005年の天皇賞では牝馬のヘヴンリーロマンスが優勝。
鞍上の松永幹夫騎手(当時)が、馬上から深々と頭を下げて挨拶していたのが印象的でした。

今日はエイシンフラッシュが優勝。
鞍上はデムーロ騎手。

外国人騎手はどんなパフォーマンスするのか、それとも天覧はスルーか。

12102824.jpg


跪いての最敬礼。
いやあ、サマになりますね。

これは日本人がやったらイヤミになると思うんです。
外国人だからこそサマになるのだと思います。

親日家のデムーロ騎手ですから、天皇陛下の存在をよく理解しての行動だったようです。

天皇という存在について思うところはいろいろありますが、ここまでしてくれる外国人騎手の存在に嬉しくなってしまいました。
何ヶ月か前は、逆に陛下に跪いて謝罪しやがれ、といった意図の発言をした外国人(しかもお偉方)がいた一方。

大きな違いですね。


回想 

皆様こんばんは。

ヨメについてコメントくださった皆様、ありがとうございました。
ヨメは自分に自信の持てない人だったので、皆様からのコメントを見れば、きっと喜んだでしょう。


小生は書いたコトでちょっとラクになりました。
今まで親しい人だけにしかこのハナシしたコトがなかったんです。

でもブログで書いて、こうしてコメントをくださる方がいて。


自分のキモチが届いていなかったんじゃないか、って思ってたんですよ。
いや、今でもそう思っているフシはあって。

いただいたコメントを見ていると、ヨメに届いていた部分もあったのかな、って思えてくるんです。
今となっちゃ本当のところは判りませんけれど。

でもやっぱり、ときどき夢の世界で会えてるってコトは、判っててくれたのかな。

ずっとずっと閉じ込めてきたコトでしたが、書いてよかったです。
報われた気がしております。(o^-’)b



借金4 

皆様こんばんは。

青山へ行ったコトで、とりあえず続きを書いてみる気になりました。
ヨメとの思い出を消さないためにも。

実は何度も書いては消し、書いては消しを繰り返していた部分です。
本来借金について書いていたハズなんですけれども、どうしてもヨメと切っても切れないハナシでもあるので。

ちなみに、4年ぶりとなるハナシの続き。
以前をごぞんじない方はこちらからどうぞ。

借金1
借金2
借金3


ヨメについてはこちらから。



MORE

時間 

皆様こんばんは。

横浜事務所から東京事務所(目黒区)へ異動になってからしばらく経ちますが、都心でシゴトする機会が増えてます。
自転車移動を基本としているので、目黒からなら23区内のほとんどへ自転車でいけるのは強み。

今日はこんなところでシゴトしてました。

12102208.jpg

自転車のオネーちゃん、カッコ良かったのですが、メインはオネーちゃんでなく。( ̄∇ ̄;
交差点の名前をズームアップ。

12102210.jpg

はい、青山です。
渋谷と赤坂と原宿(神宮前)に挟まれた街、青山。

丸の内とかだと名前負けして息苦しくなってくるのですが、なぜか青山はヘーキ。
となりの渋谷や赤坂、神宮前はダメでも、なぜかヘーキな青山。


学生時代によくいた場所だからかもしれません。
バブル期を東京で経験している人たちなら、青山で遊んだ経験もあるハズ。

食事をして、ベルコモンズで買い物をして、ハーゲンダッツでアイス食べて。
そんなのがデートコースの一つ。

上級者になるとハーゲンダッツのアイスじゃなくて、六本木のバーで飲んで、麻布のディスコって流れですかね。

そういや今はいろんなところにハーゲンダッツありますけれど、80年代って青山と原宿にしかなかったような気が。


一仕事終えて、夕方。

12102229.jpg

ベルコモンズは今でも青山のランドマークです。

この斜向かいにハーゲンダッツがあったのですが、なくなってました。
一号店なのに、なくなっちゃうもんなんですね。

そして青山に苦手意識のない、もうひとつの理由。

ヨメ(故人。お嬢にあらず)の実家が青山でした。
つき合うキッカケになった、酔っ払ったヨメをおぶってこの道歩いたっけなあ、なんて。

そんな記憶を思い返してました。

小生にとって、「青山 = ヨメ」なんです。


ヨメの実家近くには行きたくありません。
ヨメ父とバトルした記憶ばっかりですからね。
でも先日、おかーさん(ヨメ母)から聞いたところだと、住んでいたマンションも取り壊されたとか。

20年の時間はある意味残酷です。
ヨメの記憶もなくなってしまっていきそうで。



矛盾 

皆様こんばんは。

小さい頃から高速道路が好きです。
と入っても幼少の頃は、近くに高速道路なんてなかったものですから、親の車に乗って走っているときだったり、通った道路を地図で見返してみたりしているときが至福。

今となれば比較的近くにもありますけれど、シゴトなんかで出かけたときに通り過ぎるときにはじっと眺めてしまいます。

12102118.jpg

何が好きなのかは判りませんけれど、癒されるものってありますよね。
眺めているだけで時間が過ぎていきます。

でも、自分で運転して走るのはキライ。(笑)
大いなる矛盾。( ̄∇ ̄;



引退 

皆様こんばんは。

もう今日はお嬢が泣いちゃって泣いちゃって。
お嬢、ホークスファンですから。

負けましたし、小久保さん引退だし。
しかしこういうときに、家だというのにちゃんとホークスのユニフォーム着て観戦してるあたり、感服せざるを得ません。( ̄∇ ̄;


試合終了後、ホークスファンはもちろん、ファイターズファンからもコクボコールが止みません。

このあたり、久々に見る野球界のヒーローだったのかもしれません。
ホームランの描く放物線が美しいバッターとして、ベスト3に入ってくるレベルだとも思いますし。

事件もありましたけれど、それを跳ね返して多くのファンに認められるほどの存在だったというコトですかね。


ファンからのコールが終わると、ホークス&ファイターズの選手たちから胴上げ。
選手たちからも愛された存在だったんでしょう。

それを見て泣くお嬢。


感動しているのかと思いきや、「秋山が悲しそうな顔してるー」だそうで。

小久保選手より秋山監督ファンのお嬢なのでありました。



故障 

皆様こんばんは。

以前、歯医者さんのネタで書いたコトがあるのですが、自臭症の気があります。
人様に言わせりゃ無臭もしくは大して臭うワケでもないのに、自分では自分のニオイが気になってしかたない、というやつです。
だからといってそれで人前に出られなくなったり、しゃべれなくなったりするワケでもないので、あくまで「気」と言っております。

客観的に自身を眺めてみれば、デブなので臭うだろう、胃が悪いので臭うだろう、というところ。
そのためデオドラントと歯磨きには、人様よりも気を遣っているのではないかと分析。(笑)

デオドラントは、リフレアを朝塗るだけですけどね。
あとは汗かいたらマメに拭けばなんとかなるだろう、と。


歯磨きはちょっと病的かもしれません。

自身の手だと上手に磨ける気がしないので、歯ブラシは電動派。
家で一台、事務所に一台、そして持ち歩き用に一台。
携帯歯ブラシでもいろいろ出てますけれど、総じてパワー不足の上に小さくて持ちにくいので、持ち歩き用にも大きいのをわざわざ。( ̄∇ ̄;

歯磨き粉もミントの強いのだと合わないので、衛生士ちゃんに勧められたナタ豆歯磨きを取り寄せたり。

そしてちょっと時間があると磨いたりしてます。( ̄∇ ̄;
磨きすぎて、衛生士ちゃんに怒られるという悪循環。

あ、磨き過ぎもよくないらしいですよ。
通っている歯医者さんでは、1日1回で充分だと言われています。
あとは口を濯ぐ程度でいいのだとか。


歯磨き用の携帯ポーチには歯ブラシ以外にも、糸ようじやら歯間ブラシやらスーパーフロスやら…。
それでも臭っているんじゃないかと思ってしまうんですよね。( ̄∇ ̄;


今日は事務所で、昼食後に人を招いての打ち合わせ予定でした。
昼食後の歯磨き中、電動歯ブラシがうんともすんとも言わなくなりまして。

もう、軽くパニックですよ。( ̄∇ ̄;

人を招くのに、臭ってちゃ申し訳ない。
でも歯ブラシないからどうしよう。

結論

新しいのを買いにいけばいい。(o^-’)b

というコトで、事務所のNちゃんに伝えてから出かけよう、と。


―Nちゃん、ちょっとBカメラへ行ってきますね
「え? 約束まであと30分ですよ?」
―うん、歯ブラシ壊れちゃってさ
「いやいやいや、歯ブラシありますから、あげますよ」
―電動じゃないと磨けてる気がしなくてさ…
「お客さん来るんですから、とりあえず、ですよ」
―でも臭ってたら申し訳ないし…


言った瞬間、Nちゃんのカオが、小生のカオの前10センチ(推定)に。

「大丈夫です、臭わないです」

そう言うと、「はい」と歯ブラシを渡してくれました。


いやあ、フーゾクでもないのに、若い女のコの顔があんな至近距離に来るなんて。( ̄∇ ̄;
ドキドキしました。

ちょっといい思いをして、打ち合わせも順調に過ごせた昼下がり。



更衣 

皆様こんばんは。

ようやっとクローゼットの中を入れ替えました。
しばらくガマンしていたのですが、やっぱりもう朝は寒い。( ̄∇ ̄;

っていうか、秋なんですかね。
涼しくなってから徐々に寒くなっていくのではなく、いきなり寒さがやってきた気がいたします。

この間まで夏。
今はもはや初冬な気分。

日本の四季を楽しむ美的感覚はどこへやら。
二季になってしまった気分です。


蓄膿の治療で通っているうちに、病院でカゼウィルスをもらってしまったのも、寒気を手伝っている気がしますが。( ̄∇ ̄;

病院でウィルスもらってりゃ世話ないですね。
よくあるコトですけれども。(笑)



実用 

皆様こんばんは。

先月に書いたメガネ屋の店員さんが、新しい店に移ったと手紙をくださったので、会いにいってまいりました。
たまたま日曜休みだったお嬢もいっしょにいく、というコトで。

お嬢はメガネを作る気などさらさらありませんが、行ったコトのない街なので、単なる好奇心です。(笑)

小生はこの店員さんのフィッティングがいちばんしっくりくるので、新しい室内サングラスを作ってもらおうと考えておりました。
視力はレーシック済みなのでノープロですが、やっぱり光には弱いので室内でも欠かせないんです。

事情を知らない人たちには、カゲでバカにされているんですけども。(笑)


店はちょっとコジャレた、「街のメガネ屋さん」よりは「グラスショップ」とでも名づけたほうがいいのではないかというカンジ。( ̄∇ ̄;
ちょっとキンチョーしながらも入っていくと、件の店員さんが笑顔で出迎えてくださいました。

サングラス担当とは言ってましたが、サングラスコーナーはまだまだモノが充実していません。
レンズはサンプルが隠してあって、用途を聞いてからいろいろ試して選ぶ、そういったカタチ。

ですから、ホントに必要なサングラスを買う店ですね。
ファッション感覚よりも、実用重視。

個人的には信用置けますが、大丈夫なのか。( ̄∇ ̄;


もちろんメガネ全般にも詳しい店員さんなので、レンズを選んだ後はフレームもいろいろ相談に乗ってもらい。
どうやらいいカンジのモノができあがりそうです。(o^-’)b

そのやり取りを見ていたお嬢が、「オジョーも作ってもらおうかな」と言い出しまして。
お嬢ももともとメガネっ娘(普段はコンタクト)ですが、やはり光には強いと言えないので、薄い薄いカラーの入ったレンズを入れてもらうコトにしてました。


―どうしたの?
「いや、あれだけ熱心に話して選んでくれる店員さんっていないじゃん」
―そうかもね
「似合う似合わないも大事だけど、やっぱりなんのためにかけるのか、ってのがいちばんだし…」


お嬢は度入りなので、金額的にけっこうかかってましたが、新鮮だったようです。


帰り道、「東京駅が見たい」というお嬢に合わせ、途中下車。

12101523.jpg

小生は先週も見ちゃってるんですけどね。( ̄∇ ̄;

12101526.jpg

内部もやっぱり絵になります。



条例 

皆様こんばんは。

おかげさまで体調は快方に向かっております。
まあ、そう信じたいところです。( ̄∇ ̄;

鼻はズルズル言ってますし、痛みがなくなっている程度ですけれども。
それでも3日前に比べりゃ。(o^-’)b


宮城県の村井知事が、3月11日を「鎮魂の日」に制定して、いろいろイベントを行ったり忘れないようにしたりする日にしようと提案したそうです。
こういう試みって大事なコトなんじゃないかと。

忘れちゃいけないと思いますし、きっと忘れられないとも思います。
それでもそういう日だとするコトによって、学校なんかでもいろいろ取り組んでいくと思うんですよ。

10年経てば、小学生の半分以上が震災を知らない世代に。
20年経てば、震災後に生まれたコが成人になるワケです。

戦争と同じで、語り継いでいかなくてはいけないものの一つだと思います。


ただこのことに関してひとつの疑問。

有識者の人なんかでもいましたけれど、最近「震災=原発事故」かのように話す人が増えているコト。
原発はもちろん震災被害の一つではありますけれど、イコールではないハズです。


311のいちばんの被害は津波ですし。
原発も津波も、そしてすべてを引き起こした地震。
それらを含めて語り継いでいかなくてはいけないと思うんです。

何かって言うと原発原発になるのには、やっぱり情報操作が行われているように思えてしまう違和感が。



病名 

皆様こんばんは。

タバコケースはまだ見つかりません。(T_T)


さて、昨日病院へ駆け込んだ体調不良。

よくある症状なんですよ。
持病の一つとでも言うか。

鼻から目の周りにかけてにキョーレツな痛みが走るんです。
鈍くてジンジン来る痛みが。


はじめてこの痛みに襲われたのは、12~3年前でしたかね。
そのときに近くの病院(昨日駆け込んだ、信頼している先生)では、「フクビクウエン」と言われてました。

薬を処方され、だいたい1~2日で痛みはなくなるので、同じ症状が出るたびに同じコトの繰り返しでした。


実は先日、事故を目撃した日あたりからまた痛んでいたんです。
ただ出先だったので、戻ってから病院へ、と思っているうちに痛みに慣れてしまいまして。( ̄∇ ̄;

それからは完全に放置プレイでしたね。
そうしたら、昨日の激痛。

カゼのように放っておいても治るものではないのですから、当たり前といえば当たり前なのですが。( ̄∇ ̄;
しかも痛みに加え、耳抜きができなくなって、自身の声が震えて聞こえるという非常事態にまでなっていました。
そのために駆け込んだワケです。


「はーい、Sさん、今日は?」
―いつものフクビクウエンだと思うんですけど、耳までおかしくて…
「こじらせたかな? レントゲン撮りましょうか」

レントゲンを撮り終えて


「だいぶ前からおかしかった?」
―2週間前くらいですかね…
「だからさ、Sさんさ、アナタ鼻弱いんだから、おかしくなったらすぐ来なさいよ」

ややキレ気味の先生。( ̄∇ ̄;


―すいません、気合で治そうかと…
「いつも気合で治らないから薬もらいにくるんでしょうが」
―ごもっともです。そんなヒドいカンジですか?
「うん、蓄膿症のヒドいカンジだね」
―ああ、オレって蓄膿なんですか
「言ったでしょうが!」


完全にキレる先生。

蓄膿は副鼻腔炎の症状で、小生はそれを起こしやすいタイプ。
鼻づまりが続いた時点で来ていれば、薬の投与も少なくて済む。
ここまで放置してしまうと、2~3週間は薬を飲み続けなければ治らない。
ヘタすりゃもっと長く。

そんなコトを説明され、処置室へ。

いつもなら薬だけで済むものの、ここまで膿が溜まっていると吸い出すしかない、とか。

鼻の穴に管を突っ込まれ、一瞬何か噴射され、その後一気に吸いだされました。
痛いのなんの。( ̄∇ ̄;


まあでもそれで5分も経てば快適になってました。
とは言え、現状のままでは溜まりやすいとのコトで要注意なのだそうです。

いやあ、医者のハナシはちゃんと聞いとかなくてはいけませんね。
どうしてもどこか他人事のように聞いてしまうので、改めなくては。



痛恨 

皆様こんばんは。

シゴト中、どうにもこうにも体調が優れず、病院へいくコトを決意。

通りへ出てタクシーを捕まえようとするも、大通りでもなく真昼間ともなれば、流しのタクシーはなかなか通らず。
イライラしつつ一服。

角がちょうどタバコ屋さんで、灰皿置いてあったんです。
いちおう、喫煙マナーは守っているつもりです。( ̄∇ ̄;

吸い終わりそうになるころタクシーが視界に。
病院まで運んでもらって、処置を終えてすっかり気分良くなって。
薬をもらって、喫煙所で一服。


あれ、タバコがない…。

タバコケース、ずっと使い続けてきたやつなんですよね。
革職人の友人が、誕生日プレゼントに作ってくれたやつ。
もう10年近く使ってきて、何度か補修に出して、まだまだ使い続けようと思ってたやつ。

病院でもタバコ屋さんでも落ちていなかったそうで。
となると、あとはタクシー。

体調の悪さから、タクシー会社も運転手の名前も憶えてません。(T_T)。
いつもだったらゼッタイに憶えているのに。


とりあえずセンターに連絡はしてみました。

戻ってくるといいな。



実力 

皆様こんばんは。

京都大学の山中先生のノーベル賞受賞。
iPS細胞の開発うんたらかんたらはよく判りませんが、非常に好感の持てる方ですね。

優れた技術者はやっぱり人間としても優れているのでしょうか。

「日本の支援があったからこその賞。日本が受賞したもの。皆さんのおかげです」のような発言をなさっていましたね。

謙遜。
国立大だから、など、いろいろな見方はできますが、まあこの発言がさらに好感度アップでして。

どうしてもアタマには一瞬、このコメントがよぎります。


「応援してくれたファンとスタッフ、あとはオレの実力だと思います。」

これはかの氷室京介氏が、88年のレコード大賞でアルバム大賞を受賞したときのコメント。

氷室らしい、いかにも氷室らしいコメント。
いや、山中先生と比べてどうの、ではなく、偉業を達成した人のコメントってさまざまだなあ、と。( ̄∇ ̄;


山中先生の研究には、国を挙げてのバックアップが必要でしょう。
先生、マラソンで寄付を募ったりしているんですから。



最高峰 

皆様こんばんは。

今日は世界最高峰の競馬レース、凱旋門賞でした。
日本代表として、オルフェーヴルとアヴェンティーノの二頭が参加。

特にオルフェーヴルは現役最強馬ですので、注目されていました。
フジテレビでも生放送するくらい。


結果、オルフェーヴルは2着。
直線でもゴール直前まで突き抜けていたくらい、見せ場たっぷり。


これでいいです。

今までたくさんの馬が凱旋門賞に挑戦していて、やっぱり2着止まりなんですもの。

現役最強馬かもしれませんけれども、今まで走ってきた数々の名馬に比べて、物足りない点があるのも事実。
ですからここでアッサリ世界最強になられるのもどうかと思っていたので。

オルフェーヴルを応援していた方にとっては、失礼な発言かもしれません。
でも、まだまだ安定感がなさ過ぎますよ。

日本国内で、紛れもない強さをつけてから、また来年挑戦すればいいと思うんです。
そうすれば小生も心から応援します。


小物 

皆様こんばんは。

先日の記事でも書いていますが、片づけられない男の小生。( ̄∇ ̄;
机の上などカオス極まりない状況になっております。

乱雑に置いてしまう、というのもありますが、人様から見れば何がなんだかよくわからないモノが置いてある、というのもカオスの一因。
お嬢にさえ「アレは何?」と聞かれるコトもしばしば。

そんな一つをめぐる話題。


「あのね」
―ん?
「あの鼻なんだけど…」
―はいはい


お嬢の言う「鼻」というのはこれ。

12100632.jpg

鼻をデザインした置物ですね。
コイツが小生の机に置いてあるワケです。

12100633.jpg

下から見ると、鼻の穴まで掘られていて、ミョーにリアル。( ̄∇ ̄;


「あれは文鎮じゃなかったんだね…」
―文鎮なんかいらねーでしょ(笑)
「風で飛ばないようにする重しとかさ…」
―まあ、カタチ的にはそう思われてもしかたないのかな…


12100634.jpg

正解はメガネ掛け。(笑)
(レンズに部屋の様子が写り込んでいるので、白黒にしてあります)


―デザイン的には理にかなってるでしょ?
「まあそうなんだけど」


小生にもお嬢にも、こういう用途不明の小物がいっぱいあります。



職人 

皆様こんばんは。

一日お休みでした。
ゆうべお上お嬢に頼んで買ってもらっていた材料を、朝からのんびり料理をして、昼に来客。

例の木工職人、来訪。


―いらっしゃい、今日はよろしく
「うん、とりあえず食わしてもらおうか」

朝からの料理は、コイツへの報酬のため。(笑)
学生時代からよく、お互いに料理を作っては食わせたり食わせてもらったりのカンケー。

朝から煮込んだタンシチューを食べ終えて、部屋の確認。



「相変わらず君は片付けられない人だな~」

そうなんです。
小生はとにかく片づけられないんです。

ものを広げるのは得意でもしまうのは苦手。
苦手というより、念頭にないんです。


「君の描いた図面は?」
―これです…
「ムリがあるね、やっぱり(笑)」

緻密に計算したつもりだったのに。(T_T)


「とりあえずどんなカンジにしたいのかな?」
―これこれ、こんなカンジで…
「ふんふん」

打ち合わせとも呼べぬ、彼にとってのヒアリングタイム。
最終的には

「オレにまかせてもらっていいかな」

そんな結論。
もちろんおまかせいたします。( ̄∇ ̄;


―じゃあ何を手伝えばいいのかな
「じゃあ、まずは荷物を運ぶので」

車から部屋まで運びます。


―じゃあ次は?
「うん、昼寝でもしててくれ」

早くも戦力外通告。( ̄∇ ̄;
そしてホントに昼寝タイムの小生。(笑)


「Sくん、こうしてみたよ」

起こされた小生の眼前にできあがっていたのは、テーブルでした。
頼んだのはコレクションケースだったハズ。( ̄∇ ̄;


―えっと…
「君は片づけられない人だし、床にモノを置く人だからさ」
―うん
「こうしておけば、この上で作業もできるし、モノも置ける」
―ほー!

その発想はなかった。(笑)


できあがったテーブルは、天板がアクリルになっていて、二段の引き出しつき。
上段引き出しの中が見えるようになっていました。

つまり上段にサングラスを入れておけば、上から中が見えるんですね。
職人の発想ってスゴいですわ。


できあがったテーブルをブログで披露していいか、と聞いたところ、「本気モードで作っていないから恥ずかしい」とのコト。
許可がおりませんでした。( ̄∇ ̄;

材料代とタンシチューだけでこんなステキなのを作ってもらってしまって…。
たしかにやっつけシゴト気味ではありますが、部屋とのバランスもとれています。


―ホントに手間賃いいのかよ?
「シチュー美味かったよ」
―でもそれだけじゃなあ
「今度また、横浜を案内してくれよ」


横浜とは、曙町(フーゾク街)を指すものと思われます。( ̄∇ ̄;
友情っていいものです。(笑)



復元 

皆様こんばんは。

東京駅が100年前のカタチに復元されたというニュースが流れていました。
今日はちょうど近くでシゴトだったので、雨の中眺めに。

100326.jpg


絵になる風景です。
雨の中写真を撮っている人多数。

まあ、小生もその中の一人なんですけれども。( ̄∇ ̄;


しかしこのあたりにくると、なんか気分が悪くなるんです。
このあたりを「丸の内」と呼びますが、丸の内ってなんだかオシャレなOLとかバリバリにシゴトできる人たちかが闊歩しているイメージ。

こんなところにこんなヤツが来てすみません、という気分になります。(笑)
駅の反対側、八重洲あたりだとあまり感じないんですけれども。

これが進むと、街の名前効いただけで気分が悪くなりますからね。(笑)
渋谷なんてもう、効果てきめんですよ。

イナカモノから抜け切れない、コンプレックスなのかもしれません。


台風一過 

皆様こんばんは。

台風、来ましたね。
沖縄で遭遇していた台風に、戻ってきたこちらでまた遭遇するなんて。( ̄∇ ̄;

家から出ずに済むよう、いろいろ準備して籠城体制。(笑)
そんな時に限って、シゴトで呼び出されたりするんですよね…。

あ、もちろん昨夜のハナシです。


横浜中華街の某シティホテルで打ち合わせをして、強風と横殴りの雨の中、駅まで何とか歩きます。
階段を降りていると、発車を知らせるメロディ。

あんまり駆け込むのは好きじゃないのですが、ギリギリ乗り込み。
この選択が当たりました。

次の電車から運休。
なんとか家にたどり着きました。(o^-’)b


家の中にいると、ほんとに台風が近づいているのか判らないくらい、気配を感じません。
二重窓ってスゴイね、とお嬢と言ってました。

ですから、ともすれば忘れてしまいそうなんです。
寝る間際、枕元に懐中電灯とブーツを置いていたお嬢を見て、「あ、そうか、台風なんだよな…」と思いだしたくらい。

震災以降、とりあえず備えておく、という姿勢は身についたように思います。
でもこれがいつまで続くのか。

阪神大震災のあと、やっぱりいろいろ備えるクセがつきました。
でもそれを忘れかけたころ、去年の震災。

いつまでも忘れないようにしたいものです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。