スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日 

皆様こんばんは。

2012年が終わりになります。
今年もいろいろありました。

喜ぶべきこととして挙げられるのは、オリンピックでの選手たちの活躍と、山中先生のノーベル賞でしょう。
日本人の誇りです。

怒るべきこととしては領土争いでしょうね。
韓国・中国に対して安倍ちゃんはじめ政府はどのように対応していくのか。
今になって考えれば、野田さんはハッキリ「日本の領土」と明言した分、いい総理だったなあ、と。

哀しむべきことは、今年も自然災害や事故が相次いだこと。
もはや忘れられてしまっている様相も見られますが、夏の九州の水害はヒドかったですね。
川の氾濫が津波再びかと思わせる勢いでしたし、土砂崩れで多くの命が奪われたり。
笹子トンネルの事故もヒドかったです。

楽しかったことは、金環日食とオリンピック、そして首都圏の人間としてはスカイツリーの完成ですかね。

やっぱりいろいろなコトがあったものです。


個人的には、先日も書きましたが結婚と事務所の人事ですね。

今年も多くの人達に助けられました。
多くのイヤな奴にも出会いました。

リアルな世界でのつながりはなくとも、このブログで多くの方に元気づけてもらいました。
また、ブログの方向性でも多くの方に励ましていただいて、どれだけ感謝してもしきれないとさえ感じております。

ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

いい年であり、悪い年でもあった2012年。
来る2013年が、少しでも今年よりいい年でありますように。




あ、4億円は当たってませんでした。(T_T)



スポンサーサイト

惜別 

皆様こんばんは。

前記事に対して温かいお言葉の数々。
本当にありがとうございます。
皆様の暖かさに甘えさせていただきますね。m(_ _)m


さて、松井秀喜選手が引退。
なんかもう、ザンネン、の一言では片づけたくない、そんなキモチでいっぱいです。

やっぱり小生は、スポーツといったらサッカーよりも野球なんです。
少年野球なんかはちょこっとしかやりませんでしたけれども、学校が終わって公園で遊ぶのは野球だった世代です。

ですから野球界のヒーローには、それなりに思い入れがあります。

松井選手なんかは年下ですけれども、甲子園からずっと見ている選手なワケです。
つまりはまあ、

高校野球のスーパーヒーロー
プロ野球でどこに入るのかで大騒ぎ
それなりにプロの洗礼
押しも押されぬ読売のスーパースター
球界を代表するスラッガー
鳴り物入りで大リーグ
浮沈ありつつもワールドシリーズでMVP

この一連の流れを見てきているのです。
そんな選手が、往年のチカラを発揮できなくなって引退…。

寂しいです。
寂しすぎます。

それと同時に、年下の選手が体力の限界を口にするのを見ると、自分自身は…。( ̄∇ ̄;
まあこれについては、触れずにいきましょう。(笑)

サッカーのゴン中山さんの引退も寂しくはありましたが、それ以上ですね。
そしてイチロー選手も、去年から以前のようなバッティングができなくなっていますし…。


AV女優が年下になって、横綱が年下になって、野球界を代表する選手が年下になって…。
そしてそういう選手が引退していく。

彼らのように、何か成し遂げられたかというと、当然まだ何も成し遂げられていないので、もっといいトシのとり方をしていきたいものです。





改編 

皆様こんばんは。

いよいよ今年も5日を残すのみ。
小生も最後の稼ぎどきと判断し、シゴトのラストスパートをかけております。


こんなタイミングで告知です。

1月から、このブログの内容を変えていきます。
具体的に言えば、更新頻度を週1~2程度にしようかと。


丸5年、このブログ書いてきましたが、今年になってから以前のように書けなくなってきています。

今年アタマは結婚を控えてのいろいろで、コメントを返信できない時期が続きました。
そして1月にはボスが倒れ、責任者のひとりにならざるを得ず、従来の自分のシゴトに加えて事務所統括の部分でのシゴトが増え。

そしてこの年の瀬は、言うまでもなく立てこんでおり、現在もコメント返せずにおります。

以上が主な理由として、今までどおりのような更新は難しいだろう、と判断した次第です。


毎日毎日、多くの方に見ていただいております。
多くの方にコメントをいただいております。

忙しい、を理由にするのは好きじゃありません。
忙しいにしても、コメントの返信すらできないレベルの人間がブログを書いていていいのか、と自問自答した結果です。

こんな状況ですので、相互リンクやブロともの関係を解消したいとお考えの方はご一報ください。



MORE

ライブ終了 

皆様メリークリスマス。

クリスマスライブが終わりまして、一息。
観に来て下さった方々、ありがとうございました。

リアルつながりの方はSNSへ移っていただいたので、たぶん当ブログを見てくださってる方にはいらっしゃらないと思うのですが。
とりあえず一大イベントが終わったので、あとは年末に向けてラストスパートです。


政治の世界では、自民・民主両党に大きな動きがありました。
自民党では党三役が確定。

女性の要職起用は判らないではありませんが、野田聖子はないだろう。
ちなみにこう思う理由はまたいずれ書こうと思ってますが。

この人事見ても、これから先の自民政権が思いやられます。
そして明日の組閣見て、またそれが強まるんだろうな。

民主党では新代表が海江田さんに。
小選挙区で破れて比例で復活した人が代表ってどうなの。
やっぱり民主党もダメだ。



下半期競馬回顧 

皆様こんばんは。

秋シーズンのG1レースが終わりました。
書いていないだけで、馬券は買い続けているんですよ。( ̄∇ ̄;


スプリンターズS ロードカナロア(1着) → 単勝\440 複勝\140 GET
秋華賞 トーセンベニザクラ(9着) → ×
菊花賞 スカイディグニティ(2着) → 複勝\360 GET
天皇賞(秋) フェノーメノ(2着) → 複勝140 GET
エリザベス女王杯 クリスマスキャロル(13着) → ×
マイルCS サダムパテック(1着) → 単勝\1050 複勝\370 GET
ジャパンカップ フェノーメノ(5着) → ×
ジャパンカップダート ミラクルレジェンド(6着) → ×
阪神JF 見 → 買わず
朝日杯FS ティーハーフ(5着) → ×
有馬記念 ナカヤマナイト(7着) → ×


というコトでG1レースの結果を書きましたが、実は挙げていないG1レースもあります。
地方競馬で行われる交流G1と呼ばれるレースと、走るだけでなく障害を飛んでいくジャンプG1と。

ジャンプG1で、大記録が生まれていました。

ジャンプ(障害)のレースでは、ウマが飛越の際にバランスを崩したりつまずいたりで、騎手は落馬する危険が高いんです。
ですから障害レースに乗る騎手は障害専門となる場合が多く、逆に言えばただ走るだけ(平地と呼ぶ)のレースを主にしている騎手が障害レースに出てくる可能性は極めて低いワケです。

そんな事情があるので、最高峰にあたるG1レースを障害でも平地でも制覇するなんてのはかなり難しく。
だいたいジョッキーも、障害でも平地でも上を目指すのなら、どちらかに専念したほうが可能性は高まりますもんね。

で、大記録というのは、平地G1をすでに制覇しているジョッキーが、障害のG1も制覇した、という。
どちらかに専念するワケでなく、どちらでもトップクラスの技術を持っているコトを証明したのです。

熊沢ジョッキー、おめでとうございます。(o^-’)b


例年ですと、有馬記念の行われる日で開催は終了なのですが、今年はまだ明日があります。( ̄∇ ̄;



音源 

皆様こんばんは。

25日にライブをやるんですね。
で、もっぱら練習中な日々なのですが。


今回のライブには、いちばん古くから続けているバンドで参加します。
高校1年のときに組んだバンドで、メンバーの変遷もほとんどない、「実家」感覚のバンドです。

他に参加するバンドも、当時一緒にやっていたバンドだけ。
ウチを入れて4バンドでのライブになります。
言うなれば、幼馴染が集まるような感覚ですね。

もちろんお客さんも、当時来てくれてた人たちばかり。
25年前のライブを思い返そうか、というノリになっています。(笑)


ベストメンバーが集まって行うライブはもう10数年ぶりでして。

4バンド集まると、最後には全員で演奏する、決まった曲があるんです。
今日などその曲の練習。
しかも4バンド・総勢19人全員が集まるという。( ̄∇ ̄;

決まった曲というのは音源化されてませんで。
当時のビデオからカセットテープに落として、それをMDやCDにデジタル化したのを使ってみんな練習してきました。

だから我々にも思い入れが非常に強くてですね。
知っている人も多いけれど、最初から最後まで通して聴く機会には恵まれない、そんな曲。


でした。


最近音源化されていたのを知った今日。
誰もが今日まで気づかなかった衝撃。( ̄∇ ̄;

長年聴き続けてきた、カセットテープが元となった音源よりも、ずっとキレイな音で。

ビデオやカセットの立場を考えろ、とも思いますが、隠れた名曲が音源化されて、更に多くの人の知るところとなった喜びと、マイノリティがメジャーになっていく面白くなさ。
とってもフクザツな心境です。



忘年会 

皆様こんばんは。

忘年会シーズンです。
夜の街は、東も西も判らなくなったヨッパライどもが闊歩していて、カオスの様相を呈しています。

そんな小生も、忘年会に呼ばれます。
フリーなので、つきあいのある会社や事務所のに呼ばれていくのですが、続くときは続きまして。( ̄∇ ̄;

ヘタすると一日に3件とか。(笑)
忘年会のハシゴ。( ̄∇ ̄;

けっこうどこの忘年会でも、ひとりひとりアイサツするんですよ。
今年の反省と次年への抱負とか。
遅れて参加すると、もうみんなデキアがっているので、誰も聞いていないから気がラクなんですけどね。(笑)


今年は反省が多い一年でした。
ご存じの通り、事務所のボスが倒れ、急遽トップに経つコトになりました。

今までのチョーシでいろいろやっていると、バトルする機会が増えまして。( ̄∇ ̄;
小生がバトルしても、ボスが間に立ってくれたりしてうまくまとまっていたコトも多かったのですが、今はそれがないワケです。

もともと表に出ていくタイプじゃないもんで、そういう自覚に欠けているんですよね。
むしろ表舞台が合わないと自覚しているからこそ、トップに立たないようにしてきたワケでして。

でもそうも言っていられない状況。
ですから気疲れの多い一年でした。


ただそれを見てくれていた人が、思っているよりも多かったですね。

それが救い。
例年ですとバトルだらけの忘年会シーズンなのですが、今年はいつになく労いのおコトバをいただいてます。

コミュニケーションがヘタクソであっても、人間関係を大切にしなきゃいけませんね。
いや、ヘタクソだからこそ、なのかもしれませんね。



選挙 

皆様こんばんは。

選挙。
まあ大方の予想通り、自民圧勝。
この流れに危惧を抱くんですよね。

民主にノーをつきつける格好としては別に文句ないのですが。
だからといって、安易にまた自民ってのが。


民主政権になってのここ3年、ありとあらゆる意味で日本は間違いなく後退しています。
だからといって全て民主の責任かといえば、それはやっぱり違うと思っておりまして。
後退の素地を作ってきたのは自民の政権ですし。

自民政権に戻ったところで消費税の増税は避けられませんし、ヘタすりゃいろんなところで大増税の可能性も。
そして原発は推進の方向でしょうし、自衛隊は国防軍に。


結果は予想通りでしたが、投票率の低さは予想以上でいた。
まあやっぱり若い世代が投票に行ってないカンジですね。

若い世代に言わせれば、「どこがやったって同じ」だとか「若い世代に住みやすい世の中を作ってくれる政党がない」だとか。

若い世代を考えている政党がない、ってのは間違いですよね。
たしかに老人に住みやすい世の中を謳っている政党や候補が多かったのは事実。

でもそれって、若い世代が投票にいかないからでしょう。
年寄りはなんだかんだで選挙に行きます。
自ずと候補たちも、かなりの率で投票に行くであろう人たち宛のメッセージが多くなってくるワケですから。

自公政権に戻るコトで、議員の高齢化も甚だしいですね。


民主党は何がマズかった、って、一発めの首相がアレってのがいちばんでしょうな。
自民政権時代には見えなかった部分が見えてきたのもあったし、それなりのプラスもあったと思っているんですけどね。

100パー納得の行く政党なんてあるワケないとは思っていますが、上記の消費増税、原発推進、国防軍構想だけでも、第一党には値しないというのが小生の考えでした。
民主党が否定されただけで、また自民。
この流れがやっぱりいちばん怖いですね。

人を見て、候補者を信用して、個人を信任する選挙じゃないとイミがないのでは。

つい最近、TVで「中国は尖閣に攻めて来ない」とか言う政治家がいたのですが、その発言からすぐに領海侵犯されたコトがありました。
それを言った、自民党総裁選にも出ていた候補者はブッチギリで当選してますからね。

なんだかなあ。

3年くらい経ったら、「やっぱ自民じゃダメだ!」とか、またなっていそうな予感。



清潔感 

皆様こんばんは。

なんだか判らないのですが、バタバタした午前中。
朝イチから立て続けに7か所をめぐって、シゴトの受け取りやら渡しやら。

ラストの事務所でモノを渡して、エレベーターで降りようとすると捕まりました。


「Sさん、すみません…」

その事務所の人らしいのですが、今まで接触がなかったので、どう接していいのか悩むところ。( ̄∇ ̄;

―はい、何か?
「○○(事務所名)のFと言いますが、ちょっとお話聞いてもらってもいいでしょうか?」


初対面でハナシ聞け、とは。( ̄∇ ̄;
事務所内を見ると、つきあいのある一人が手をあわせてアタマ下げているので、まあ聞いてみるか、と。

―じゃあ、これから親子丼食べに行くので、よかったらその間で…
「お願いします」



MORE

落ち度 

皆様こんばんは。

尼崎の事件の容疑者が留置所で自殺。
兵庫県警は「監視体制に落ち度はなかった」と言っているそうですが。
留置所で自殺されたコト自体が落ち度そのものだと思うんですけどね。

戦後で数えても、相当大きな事件ですよ。
その事件の真相を解明できなかった兵庫県警。

落ち度と言わずして何といえばいいのでしょう。
警察はやっぱり自分たちの非を認めないものなんですね。



候補 

皆様こんばんは。

何かの拍子に、レコード大賞候補となっている受賞曲の一覧を見ました。

うん、新人賞なんてひとりも判らない。( ̄∇ ̄;
それどころか大賞の候補だって半分以上知りません。

そもそもCDが売れていない今、この賞に意味があるんでしょうか。
でも本来の意義からしたら、AKB以外はありえないんでしょうけれど。


そんな中、斉藤和義さんに取ってほしかったりします。
オッサンの星です。

「歩いて帰ろう」がポンキッキで使われてから20年近く。
ここ数年の活躍はそのころより目覚しいものがあるような気が。


もう何年も、レコード大賞も紅白歌合戦も見ていないんですが、斉藤和義さんの受賞を願って、久々に見てみようかなんて思うのです。


大声 

皆様こんばんは。

帰り道、信号待ちをしていると、大きな声で呼ばれました。
「おい!」

名を呼ばれていないので、小生が呼ばれているとは思わず。
「おい! オメーだ、オメー!」

まさか小生のことだとは思わずにいると、横から掴みかかられました。
「オメー、何シカトしてんだ!」


うわ、酒くせ…。
じっと見つめて、ヨッパライって大声出すからキライなんだよなあ、なんて思っていると、ヨッパライはだんだん興奮してきたのか、ワケのわからんコトをわめきちらしてきました。

「オマエ、何してんだよ!」とヨッパライの友人らしき集団が、ヨッパライを小生から引き剥がして一言。


「スイマセン、コイツ酔ってるんで…」
「酔っ払ってるんで、許してください」

この言い訳って、通じないですよね。
酔ってりゃ何しても許されるのか。
イタズラしたコドモの親が、「コドモのしたコトなんで…」って言い訳するのと同じ。

迷惑かけられた側が穏便にすまそうとするときには言えるセリフですが、迷惑かけたほうが言っていい言い訳じゃないと思うんですよ。

だから件のヨッパライも許しませんでしたけどね。(笑)


再来 

皆様こんばんは。

そのときは事務所にひとりでいました。
久々に聴く、緊急地震速報のアラーム。

テレビに目を向ければ、赤く塗られている地域が広い。
まさか、ね…。


瞬間、腹の底に響くような揺れが。

決して強い揺れではなく。
でも下から突き上げてくるような揺れが、1分以上続いたように感じました。


ひょっとして311のときもこういうカンジだったのか、と振り返り。
実は小生、311の際には道を歩いていて、停電になった信号と波を打っている電線によって揺れを体感したものですから。


そして、津波警報を知らせるアラーム。

避難を呼びかけるアナウンサー。
「東日本大震災を思い出してください!」の連呼。

うん、まだ震災は終わってないんですよね。
余震だって、これでおさまるとも思えませんし。

311の際は、2日前に震度5レベルの地震が起こっていました。
まだ2~3日は気を抜けませんね。



遭遇 

皆様こんばんは。

12月になり、今年もあと1ヶ月ですね。
もう1週間経過してますが。( ̄∇ ̄;

そして12月といえば、企業説明会の解禁。
12月解禁になって2年目ですが、なんとなくイメージとしてはまだ慣れません。

目黒事務所のそばにも企業がたくさんあり、スーツ姿が初々しい就職活動中の学生さんを多く見かけます。


今日は目黒近くの大崎でシゴトしてました。
歩いているとメール着信。


「大崎にいます?」
―うん
「今すれ違ったんですよ~」
―あら、声かけてくれればよかったのに
「いや、リクスーで、就活用メイクだから…」

そんなメールの送り主は、何度もお相手してもらっているヘルス嬢さん。

タイトスカート好きとしては、リクスー姿を見てみたかったなあ、と。(笑)
次回指名するときには、OLコスで楽しもうと思います。



運気 

皆様こんばんは。

都合6日ほど家を開けていたのですが、突然思い立って出たものです。
放浪というにはスケールが小さいのですが、ある日突然旅をする気分になって衝動的に出かけるというのは、昔からのクセでもあります。


血筋みたいなもんなんですかね。
思えば小さいころ、父親はが出かけるぞ」と言い出して車に家族全員を乗せて無計画な旅に出かけるコトも、何度かありました。
兄貴などは、十数年前に突然連絡が取れなくなって、今でも戻ってきておりません。( ̄∇ ̄;

小生の場合は、狂いそうになるほどに精神的な疲れが見えてくると、非日常空間を求めます。
対人関係を上手に築けないので、相手との相性が悪いシゴトが続いてくるとキツいんです。
今回はまさにそれでした。

シゴト面で相手との相性やら、請け負う内容やら、何もかもが上手くいかなくて、もうすべてのシゴトをなげうってしまいたくなったんです。
そういう、めぐり合わせの悪い時期ってありますよね…。


シゴトを終えて、家に帰るのではなく、某ターミナル駅へ。
一服できる喫茶店で、ノートPCやiPadを駆使して行ってみたい地域を検索。

気になる宿へ連絡して、泊まれそうかどうかを確認。
これがいつもの流れ。

今回は運良く一発目で宿が取れました。
そして着替え類を買って、電車のキップを買って…。

思い立ってから4時間後には、宿にいました。


観光が目的じゃないんですよね。
そういう旅も、それはそれでおもしろいと思うのですが、気分のリフレッシュ目的ですので、まずはゆったりのんびりできる宿が第一。

典型的なインドア派ですね。
もうできるだけ宿から出たくないですし、もっとできることなら部屋からすら出たくないんです。(笑)


宿に着いたころ、ちょうどお嬢の退勤時刻に近かったのでTEL。


「は~い」
―ごめん、探さないでくれる?( ̄∇ ̄;
「探さないけどさ、どこにいるの?」
―○○(地域名)にいます
「いいなー、おジョーも休みの日、行っていい?」
―うん、待ってるわ


いつものことなので、お嬢も慣れたもんです。(笑)

という、非常に軽いノリで出た旅でした。



意外 

皆様こんばんは。

昨日はブログ書いている途中に、椅子に坐ったまま寝てしまっていました。(笑)
キモチは8割がたリフレッシュできたような気がしておりますが、肉体疲労までは取り切れていなかった模様。( ̄∇ ̄;


旅から戻ってきた日、小生の机の上に、お嬢からのプレゼントが置かれていました。
「気分転換にどーぞ」とのメモとともに。

ちなみにお嬢の字はクセ字なのですが、好きなクセ字なので、手紙やらメモやら、全て取ってあったりします。
どうでもいいですね。(笑)

さて、お嬢からのプレゼントはこちら。

121202_[007]


zippoです。
黒っぽく見えていますが、深い青。

しかしただのzippoじゃありません。

121202_[008]

左が本来のzippo。
それに比べて、かなり大型なのが判ります。


なんじゃこりゃ、とフタを開けてみると…。

121202_[009]


香水でした。

お嬢も「初めて見たのでつい」と言っていたのですが、まさかzippoの会社で作っているとは…。
意外すぎます。

これがオイルのニオイのする香水、なんかだったら「zippoらしいな」となるところですが、残念ながらフツーの香水で。( ̄∇ ̄;
しかもかなり爽やかな香り。

これからの季節には合わないくらいの爽やかさなので、春までちょっとおあずけっぽいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。