スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養 

皆様こんばんは。

お嬢と暮らすようになってから、日に二度は必ず食卓に上がるものがあります。
そいつはヨーグルトもしくは豆乳なのですが、ただのヨーグルトや豆乳ではありません。

色が緑色なんですよ。( ̄∇ ̄;
はじめて見たときは、なんじゃこれ、といったカンジでしたが、もはやだいぶ慣れたものです。

よく知らぬものを食べるには、かなりの度胸を必要とする小生。
「コレ何?」と聞けば、「抹茶ヨーグルト」「抹茶豆乳」というお答え。

「美容と健康のため、いっしょに食べようよ~」と言われ、まあ抹茶ならノープロでしょう、というコトで食しはじめました。
抹茶だと思い、せっせと食す小生に、1ヶ月ほど後に衝撃の事実が知らされました。


件の緑色は抹茶なんかではない。

正体は青汁である、と。( ̄∇ ̄;


青汁といえば、小生の年代にはこれなのですが。(笑)




「マズ~イ! もう一杯!」という、矛盾したフレーズが大好きでした。
まあお嬢はこのCMさえ知らないんですけどね。( ̄∇ ̄;

小生の野菜による栄養不足を気にしていて、お嬢が策を練った結果の騙し討ちでした。
さすが栄養士の資格を持っているだけあって、いろいろ考えてくれているようで。


しかし実際に口にしてみれば、「マズ~イ!」ってほどではなく。
いや、決して美味しいとは思いませんけれどね。(笑)

どうやら我が家で食しているのは、桑葉の青汁なんだとか。
「マズ~イ!」はケールですね。
今主流なのは大麦若葉だとか。


ケールの青汁はお嬢もときどき飲んでいるらしく、一度試させてもらいましたが、たしかに苦手でした。( ̄∇ ̄;


そして今日、いつもの青汁が切れたというコトで、帰りに買ってくるよう厳命が下りました。
売っている健康食品屋さんへ寄ると、「こっちの青汁はどうですか~」と勧められたのが、アシタバの青汁。

個人的に好きな味だったので、いつものとアシタバのと両方を購入。

しかしアシタバ、お嬢には不評でした。(T_T)

「自分で飲んでね…」と言われ、これで日に3回の青汁生活がスタート。
健康になっちゃいそうです。(笑)



スポンサーサイト

長野 

皆様こんばんは。

女子モーグルの里谷多英選手が引退しました。

冬季五輪で日本人女子初の金メダリストとなった里谷選手。
その金メダルが霞んでしまうくらいいろいろあって(やらかして)、カゲは薄いし、モーグルでも上村愛子選手が第一人者みたいな扱いを受けてましたが。( ̄∇ ̄;


大ファンでした。

二度握手してもらいました。


はじめて見たのはとあるスキー場。
モーグルという競技はなんとなく知っていましたが、オリンピック競技であることは知らず。

―オリンピックやらないのー?

そう声をかけた我々に対し、「出ますー」と答えてくれ、握手に応じてくれました。

そしてリレハンメルオリンピックでは11位くらいだったかな。


次の年、またとあるスキー場でお会いし、握手を求めると「あー、前も…」と。
覚えていてくださって光栄なのでした。

―長野は見に行くからねー
「出られるといいんですけどね―」

なんて。


長野は本当に現地観戦してました。

まだそんなメジャーとはいえる程ではなかった競技。
それでも上村愛子ちゃんのCMで、ちょっと市民権を得はじめていたのかな。
とは言ってもやっぱり世間の注目はジャンプとスケートでした。

目の前でいた金メダルには涙。
たった二回とはいえ、握手をしてくれた女のコが世界の頂点。
感慨深かったものです。


その後の彼女はいろいろ叩かれもしましたし、実際にやらかしちゃってもいました。
それでもソルトレークシティで銅メダル。

やっぱり冬季五輪での日本のモーグルといえば、記録の里谷・記憶の上村なんではないでしょうか。


評判や素行がどうであれ、里谷多英ちゃんは小生のヒロインでした。
おつかれさまでした。

またどこかのスキー場で会ったら、握手してもらえるかな。




MC 

皆様こんばんは。

先日ライブをやってきました。
例のアコースティックバンド、5人編成です。

ボーカルは4人の持ち回りで、楽器はアコギ弾いたりコンガ叩いたり。
そして今回は、まさかのMC担当。( ̄∇ ̄;

MCってのがお判りにならない方、カンタンに言えば曲間のトークです。
このバンドでのMCは、出番前のジャンケン大会で決定。
負けた人がその日のMCすべてを担当というシステム。

いやあ、今思い出してもヒドい。(笑)
なんせ当日決まったMCですから、ぶっつけ本番でしゃべるワケです。

もともとアガリ症ですから、キンチョーしてテンパッて、自身でも何をしゃべっているのか判らない状態なものでして。
以前にも書きましたが、アガリ症だと信じてくれる人は少なく、「堂々としてたねー」なんて言われちゃうんですけれども。( ̄∇ ̄;


夜ゴハン食べているときに、ヤマトさんがDVDを届けてくれまして。
また小生も、届いてもこっそり隠しておけばいいものを。(笑)


―うわっっっ
「なになに???」
―K田さん(ライブハウス店長)のDVD…
「あ、見たい見たい」


お嬢、キミは当日見ているではないか。
しかも本人を前にしてまた見たいなんて、もはや拷問。( ̄∇ ̄;


フシギなもので、ギターやベースを弾いている場面なら苦もなく見ていられるのですが、歌ったりしゃべったりしているシーンを見るのは苦手。( ̄∇ ̄;
もういっそ殺してくれ、とさえ思えてまいります。

言葉に関するコンプレックスが強いせいでしょうかね…。


10曲目、ライブの最後を飾る曲。
セッティングにちょっと時間がかかるので、2分しゃべれ、と言われていました。

「いかにも冬」というカンジのする曲だったので、冬という季節について語ろうかと思ったのですが、そこはアガリ症。


―えーーーっと、冬ですね…

という、なんともマヌケな一言だけであとが続かず。(笑)
オーディエンスからは「知ってる!!!」とか言われ、笑いが巻き起こり。

想定していないところで笑われるとテンパっちゃうんですよ。
いよいよムリか、と思ったときに、救いの一言が。


「節分終わったから、もう春だよ!」

―そうそう、もう春なんですよね。気分は冬なのに


なんて形で進めていくコトができ、致命的なダメージを避けられました。
ホントこの場面見ていると、消えてなくなりたい。(笑)


「うーん、ナイスパスだな、あたし」
―いや、あのパスなけりゃフリーズして終わりだったわ


はい、救いの一言を発してくれたのは、客席にいたお嬢。

トクなのかソンなのか、テンパったりフリーズしていても、慌てているようには見えないらしい小生。
お嬢にだけは判ったんでしょうね。


かろうじて切り抜けたMCのあとにやった、「いかにも冬」な曲はコレ。




90年代を代表する名曲の一つですね。

うわっ、気づいたらこの曲からもうじき20年になるのか…。( ̄∇ ̄;



優勝 

皆様こんばんは。

スキージャンプの高梨沙羅ちゃん、やってくれましたね。

sara.jpg


年度の総合チャンピオンですよ。

現時点で14戦中7勝。
実に堂々としたチャンピオンです。

顔だけ見ていると小学生かと思っちゃうくらいですけど。
オマケに高身長が有利とされるジャンプで、わずか152cmでがんばっています。
表彰台の真ん中にたっても、両脇の選手のほうがデカいという。( ̄∇ ̄;

暗いスポーツニュースが多い中で、こうやってがんばってくれている選手の存在は嬉しいです。


これで来年のオリンピックへ、とすでに盛り上がっていますけれど、それはまたちょっと難しいかな、とも思います。
今までのスキー界の流れから言うと、アジア・とりわけ日本の選手が強くなると、ルール改正が行われるのが常ですから。

アルベールビル、リレハンメルオリンピック以降のスキー複合しかり。
リレハンメル、長野オリンピック以降の男子ジャンプしかり。

ただソチオリンピックでは、女子ジャンプ初開催ですからね。
高梨沙羅ちゃんの名前が、記念すべき第一回の表彰選手として残るといいのですが。




乾燥 

皆様こんばんは。

昨日今日と、空気の乾燥が気になる関東地方。

朝起きたらノドがちょっとガラっぽく。
このままじゃカゼひくな、と。

カゼにはビタミンB1。
つまりとんかつ。(笑)


いや、こじつけじゃないんですよ。
豚肉にはビタミンB1豊富ですし。
かといって、とんかつである必然性はないのですが。( ̄∇ ̄;

今日は川崎でシゴトでしたので、川崎でとんかつといったら、以前にも書きました「大とんかつ 一」。

13020908.jpg

ただのとんかつじゃなく、「大」とんかつですからね。

どれくらい「大」なのかといえば。

13020910.jpg

手に持っているZippoライターとの比較でも、後ろに見えるiPadとの比較でもしていただければ、その大きさがお判りになるかと思います。

デカいです。( ̄∇ ̄;
いちばん大きい一片だと、20cm近くあるんじゃないでしょうか。


もちろんデカいだけじゃないですよ。
大きさをウリとする店は、とかく味も大味になりがちですが、この店は美味しいんです。

13020911.jpg

適度に脂が入った肉は柔らかくて、肉の味をキッチリ楽しめます。
その分値段も少々しますが。( ̄∇ ̄;
(↑ 特上とんかつ定食 2000円ナリ)

特上の上に、極上なるメニューもありますが、これはお嬢と二人でいったときに頼むんですよ。
とんかつ好きの小生ですら、ひとりじゃ食べきれないデカさを誇っています。(笑)


特上定食を完食し、シゴトに戻ったときにはやっぱりカゼひきそうな気配はすっかり消えていたのでありました。(o^-’)b

しかし食べ過ぎて腹が張ってしまって…。( ̄∇ ̄;



武道 

皆様こんばんは。

例の大阪の体罰問題から、至るところで新たな体罰が問題として取り沙汰されてきています。
しまいには柔道の女子ナショナルチームでさえ問題が明るみに出てきまして、さらにはお家騒動とも取れる泥沼の様相を呈するようになってきました。

相変わらずマスコミは好き勝手に言ってますけれど、なんだか根本の問題に触れていないような気がしてなりません。

小生が考えるに、この問題の解決を見るには、告発した15人の選手たちが新団体を立ち上げる以外にないと思っています。
まあこの15人も、顔も出さなきゃ名も出さない状況で告発しているのでフェアじゃないな、と思っているのですが。


柔道ってのはスポーツじゃないんです。
武道なんです。

スポーツは娯楽の延長線上にあるもので、武道は自己の精神鍛錬、つまり究極の点においては自己満足の世界にあるもの。
かなり大雑把な言い方にはなりますが、ここに大きな違いがあると思うのです。

武道ってのは本来、殺人の技術です。
だからポイントを重ねての判定勝ちよりも、一本勝ちにこそ美学があるとされるんです。

そんな危険なモノを身につける過程で、精神力を鍛え、自分自身を成長させていく。
そして同じように精進している相手を仲間とみなし、お互いに尊敬しあう礼儀をもつ。

そんなもんだというふうに教わってきました。
これは小生のとこの先生だけの教えなのかもしれませんが、でもこういったものが武道の精神として、日本の伝統文化の一つになってきているのは間違いないハズです。

ですから武道の試合では、勝者が大げさに喜ぶコトを嫌います。
剣道ではガッツポーツでもしようものなら裁定がくつがえります。
相撲でも、やっつけた相手の手をとって立ち上がらせることが、美徳の一つになっているほどです。


そんな武道なのですから、精神が乱れていると見られたら容赦なくムチが飛ぶのは当然。
いわば坐禅における警策のようなもんですよ。

叩いたり蹴られたり、罵倒されたり…。
それは武道の世界ではありうるコトなのです。

園田さんが選手に足を出しているVTRがやたら流れていましたが、そのとき、選手は園田さんのハナシ聞いていないんですよね。
少なくともあの場面では。

精神修養という側面がある以上、警策が飛んでくるのは仕方ないコトなんじゃないでしょうか。
それとも今、こうした問題になんでもかんでも反対意見を出している人たちは、坐禅をも否定するのでしょうか。


さて、一番のモンダイはどこにあるかというと。

告発した女子選手たちはナショナルチームの強化選手。
ナショナルチームはオリンピックをはじめとする、国際試合での勝利を目指す集団だというコト。

つまり精神修養としての柔道ではなく、勝利至上主義の集団なんですよ。
言うなれば現代の、ポイントを積み上げてでも勝利する「JUDO」の選手たちなんです。

全柔連は金メダルもほしいでしょうが、おそらくは日本伝統の精神修養としての「柔道」の団体です。
そりゃ相容れませんよ。

だから今回も、おそらく園田さんは精神修養の面が強く出すぎたんじゃないですかね。
「私だけだと思う」とか言って、今までの柔道界をかばった点なんて、いかにも日本の武士道じゃないですか。(笑)

武士道の究極の目標は相手に勝つコトじゃなく、自分に勝つコト。
自分の美学を貫いた園田さんは、紛れもなく武道家だと思います。

選手たちは武道家でなくスポーツ選手。
根本からして違うんですよ。

人生の半分以上、武道を習ってきた小生は、この騒動を見てきてそう思ったのでありました。


そういや谷亮子さんが「私のときには(体罰は)なかった」旨の発言をしたコトで、これもまたモンダイになっています。
これは谷さんが贔屓されていたワケではないでしょう。

柔道を真剣に見た人ならきっと判っています。

谷さんは、誰よりも練習を熱心にしていた人なんです。
ですから精神修養の点で、指導者側からは何も言う必要がなかったんじゃないですかね。

違うかなあ。




亜鉛 

皆様こんばんは。

今年に入って初の連日更新。(o^-’)b

昨日のボーズの件ですが、いっしょにされたくないというキモチが強く。(笑)
ゆうべの記事を上げたあと、風呂場でスキンヘッドにしてみました。

我ながらタダモノじゃない風体に仕上がりました。( ̄∇ ̄;


やっぱり彼女のボーズは、みそぎじゃないんですよ。
みそぎの剃髪というのなら、泣いて謝罪の必要なんてありませんし。
ましてや動画にして配信する必要なんてもっとなく。

堂々と自己満足で終わらせてくれていれば。


さて、今週はお嬢が早帰りウィークだったので、夜ゴハンはオマカセしていました。
ウチのメシはメイン一品で、あと数日はもつ小物(煮物とか佃煮とか)に、カンタンにできるモノ(おひたしとか和え物とか)の組み合わせです。

で、今週のメインメニュー。

月 牡蠣のバターソテー
火 天ぷら
水 焼き牡蠣
木 海鮮鍋
金 豚しょうが焼き
土 牡蠣と豆腐のごま味噌煮込み

牡蠣がやたらと多く。
今時期は旬ですしね。

牡蠣には亜鉛が多く含まれています。
亜鉛は乾燥肌や爪、味覚障害とかによく効くらしいのですが、オトコの本能にもけっこう作用するようでして。( ̄∇ ̄;

アメリカではセックスミネラルとか言われてますし。(笑)


この先は追記にしましょうか。( ̄∇ ̄;



MORE

坊主 

皆様こんばんは。

AKBの女のコが何かやらかしたのか(キョーミないので知らない)、ボーズになって謝罪したそうです。
謝罪というか懺悔の意を表したというか。

今どき謝罪でボーズって、時代錯誤じゃないんですかね。
ボースが懺悔だとか言われてしまうと、5日ごと(おおむね)にバリカン入れている小生など、どれだけ懺悔の意を表しているのかと。( ̄∇ ̄;


オトコのうちには「おしゃれボーズ」なんて括りもできていますし、女のコのベリーショートも市民権得ている時代。
選択ボーズの小生としては、バカにされたような気がしてなりません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。