スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特製 

皆様こんばんは。

やっぱり疲れですかねえ。
前記事を書いた次の日から、二日間寝こみました。( ̄∇ ̄;

それも尋常ではない寝こみ方で。
ショートスリーパーの小生が、15時間ほどぶっつづけで寝るという、もはや事件レベル。(笑)

キモチでは実感が湧かないなんて言いながらも、カラダの方は正直に疲労感に苛まれていた模様。
そもそもキモチより先にカラダが参ってしまうというところに、年齢を感じずにはいられません。


幸いただの疲労だったようで、金土を寝こんでいると、土曜の夜にはすっかり回復。
念のため日曜もオフにしておりました。

日曜の朝ごはんを作っていると、お嬢が「サンタさんにお願いがあるんだ~」と。

―まあ、おれサンタじゃないしねぇ
「えぇ~、違うの~?」
―うん、たぶん( ̄∇ ̄;
「いや、ここはサンタになっとこうよ(笑)」
―はいはい
「じゃあ、Sサンタ、あのね…」


そのハナシの流れ(もはや説得)で、お出かけ。
出かけたのは都内某所。

お嬢がサンタにお願いしたかったのは、オーダーメイドのクツ。
実はお嬢、かなりのハイアーチで、合うクツがなかなか見つからないんです。

偏平足の逆状態と思ってください。
土踏まずがヒドくヘコんでいる状態のため、必然的に甲高に。

そしてラクにクツを履こうとするため、オーバーサイズを選んで、歩くたびに中で足が動いて疲れてしまう…。
そんな状況を改善すべく、オーダーでクツを誂えたい、と。


痛いほどキモチがよく判ります。
小生もなかなか合うクツが見つかりませんからねえ。

とは言えスポンサーとなる立場としては、オーダーメイドなんてえらくカネかかるんじゃないかとドキドキ。
でもスーツの誂えもそこまでかからなかったし、と半信半疑でお店へ向かいます。


うかがった店では、フルオーダーではなくイージーオーダーみたいなカンジでした。
デザインは決まった中(それでも30種類くらい?)から選ぶカタチで、あとは丁寧に足形をとって、それに合わせて作ってくれます。
普段用と職場用の2足をお願いし、サンタさんは快諾だったようです。(笑)


「Sっちも作ったらー?」
―オトコものもあるんかね?
「聞いてみようか…、やってるってー」
―ああ、じゃあお願いしようかな
「じゃあここはオジョーサンタがスポンサーとなりましょう(笑)」


というコトで、足の計測。
驚くべき結果が。( ̄∇ ̄;


小生が普段履いているサイズは29もしくは29.5cm。
まあでも幅広の5Eなんて広さを持っているクツなら28cmでも履けるコトは知ってました。

店員さんが「純粋な大きさなら、26.5か27でイケますねー」とおっしゃるもので。

―そうですね、5Eなら28でも履けましたから
店「それでも合ってない、ってコトですね」
―でもそんな幅広なクツ、売ってないじゃないですか?
店「そのための、オーダーですよ(笑)」
―え、じゃあ27センチでも履けるの作ってもらえるんですか?
店「ええ、なんなら26.5でも」


26.5なんて、たぶん小学校4~5年生のころに通過してますが。( ̄∇ ̄;

とりあえず、あまりにピッタリすぎると、厚手の靴下履いたときが不安なので27でオーダー。
ちなみに足幅は当然「5E」でも足りず、さらに「F」さえ」飛び越えて「G」と言われました。

足幅にFとかGとかあるなんて知らんわ。
おっぱいのカップじゃあるまいし。(笑)


完成は1か月後。
ちょうどクリスマスに間に合うようにやってくださるとのコトでした。

ちなみに1足4万円前後。
これを高いと思うか安いと思うかですね。

ここ数年、スニーカーよりブーツを好むようになってから思い出しましたが、革グツは革が破れない限り修復できるんですよね。
ソールもダメになったら張り替えられるし。

そう考えたら決して高くないのかな、と思います。
もうそうそう好みの変わる年齢でもないですし。

完成が楽しみです。




スポンサーサイト

実感 

皆様こんばんは。

ちょっと間が空いてしまいました。
いつもご覧においで下さる皆様には申し訳なく思っております。


それにしても、先週から今週にかけてはちょっと疲れておりました。

ウチの事務所のボス。
去年の一月に倒れて、ずっと昏睡状態だったんですが、先週とうとうあっちの世界に呼ばれてしまいまして。

正直、まだ実感がわかないんですよ。
いや、葬式やら事務所のボスのスペースの整理やらは終わったんですけれど、「ふうっ」ってカンジと、「あぁ死んじゃったんだなー」くらいのもので。

なんて言うんですかね。
言葉では言い表せないほどの、特別な関係なんです、ボスとは。

事務所では文字通りボスですが、個人事業である我々にとっては仕事上の敵でもあり仲間でもあり。
大学では同期でしたが、ゼミも学科も違うし特に仲が良かったワケでもなく(互いの友人を通しての知り合い程度)、事務所設立からもプライベートでのつき合いは全くと言っていいほどなく。

近い関係かと言われれば即答はできず、でも決して遠い関係でもない。
仕事上では何でも言い合えましたし、相談もバトルもできたので、やっぱり近いといえば近い関係なんだとは思いますが。


ただ一つハッキリと言えるのは、小生にとっては、大切な大切な恩人だというコトで。

当時ヨメ(故人)を喪って、なんにもやる気がしなくなって、シゴトもマトモに通えなくなっていた小生。
そんな小生に声をかけてくれて、事務所の設立メンバーとして出迎えてくれたコトには、どれだけ感謝しても感謝しきれません。

そういや結局、なんで声をかけてくれたのかは聞けなかったなあ。
あんなポンコツ野郎に、フツーは声かけたりしないと思うんですが。

「いつか聞いてみよ」とは思っていたのですが、いつでも聞けると思っていたので。
「いつか」は来なかったなあ。


それにしても、ボスの奥さんと娘さんはリッパでした。

あれだけの激務をこなしていたのですから、事務所とそのメンバーは恨まれていても仕方ないと思うんですよ。
でも決してそんな素振りは見せず、むしろ我々に謝りっぱなしで。

「階段から滑って、アタマ打ったなんて、最後までバカですよねえ」なんて、葬式のときには笑いを振りまいていらして。

悲しまないように、きっとご家族は笑いのネタにしていたんだとは思うんですけれども。
ゼッタイに激務続きで、立ちくらみかなんかだったんだろうな、と思っているんですが。


事務所の整理にも、今日奥さんと娘さんでいらっしゃいました。
「このペンって、まだ使えます?」とは娘さん。

ボスの卓上にあって、愛用していた万年筆でした。


―うん、使えるよー。
「じゃあ、私使おうかな」
―あ、でもインクが固まっちゃってるかもしれないから、洗おうか?
「大変ですか?」
―そんなでもないけど…
「教えてもらってもいいですか?」
―いいよー

ってコトで、格闘するコト数十分。
こびりついたインクの塊が溶けて、大分キレイにはなりました。


―はい、じゃあ家に帰ったら、この部分をコップに入れた水に浸けて…
「あ、パパよくやってました」
―やってたんだ?
「はい、たまに間違ってその水飲んでむせてました(笑)」
―じゃあアナタは飲まないようにしないとね(笑)
「はい。どれくらい浸けとけばいいですか?」
―まる一日かなあ
「そしたら乾かすと…」
―まあコップから出したら、もう一回流水で軽く流してからね
「はい、インクは…」
―あのボトルのやつかな
「はい、ありがとうございます」
―他の色がよければ、お店行って聞けばわかるよ
「でもパパが使ってたやつなので…」


よかったなあ、ボス。
ボスは娘さんにも奥さんにも愛されてたよ。

口グセみたいに「家族顧みてないから、いずれ熟年離婚だろうなあ」なんてボスが言ってたみたいなコトはきっとなかった。
そして娘さんが万年筆使ってくれるなんて、シアワセだな。


ボスが使っていたのは、PILOTの万年筆。

PILOTのこのCMはいいなあ、と思いますが。




これに負けない家族愛を見せてもらいました。


娘さんの手で、万年筆のペン先は今ごろ水に浸けられているでしょう。
明日の夜には、何か新しい文字が書かれはじめるかと。





MORE

一号 

皆様こんばんは。

関東では15時前から空が真っ暗になり。
おや、降るのかなあ、なんて思っていると、にわかに突風と横殴りの雨。

時間にして10分ほどだったでしょうか。
雨はやみましたが、突風は相変わらず。

そして、その風がいやに冷たい。

どうやらこれが木枯らし一号のようで。


まあ11月ですから、寒いのも当たり前といえば当たり前。
でもついさきごろまで、ずいぶん暖かかった記憶もありまして。

何度でも言いますが、秋はどこへいったんでしょう。

四季が美しい国なんてのは、もはや幻想でしかなくなっているように思います。



楽天セールでやられた、というのは前記事で書きました。
件の店から連絡があり、「記載ミスがありまして…」との謝罪。

ウソだな。
ぜってえウソだ。


とは言え、買った金額から77%引きにしてくれる、とのコトだったので許しました。(o^-’)b
完全勝利です。

どこの店でも、いつ買っても4800円だったものを、「当店通常価格 21000円」と表して77%引きに見せかけていた店。
結局、4800円から77%引きで1100円ですって。(笑)

大赤字なんだろうなあ。
でもしょうがないですよね、セール登録してたんんだから。

楽天にも、モノの製造業者にもチクリを入れたところ、厳重に怒られた模様。
楽天からも製造業者からも、そのようなメールが届いてましたので。


イヤな気分はしましたが、結果的にエラく安く買えたので、満足のいく楽天セールでした。(笑)



偽装 

皆様こんばんは。

日本シリーズも楽天が勝ち、楽天のセールを楽しみにしていたのですが、やってくれましたね。

不当表示。
偽装。

まあ平たく言えば、セールに見せかけるように、定価を普段より高いように表示していた、と。
結局、金額はセール前もセール中も変わっていない、という…。


選手の活躍にドロを塗るようなマネをしちゃいかんですな。
このせいで選手たちが悪く言われるコトだってありえるワケですから。
イーグルスと楽天とは、切って離して考えなきゃいけないと思います。



ええ。

どうやら小生もひっかかった模様。(T_T)


楽天が企画した「正式セール」は問題なく、各店で勝手にやっていた「勝手セール」に問題があった、とかミキタニ社長がおっしゃってました。

いや、小生が買ったのは「正式セール」の方なんだけどなあ…。


買いたかったものが、「正式セール」に出てたんですね。
だからポチっとしたんですが。

店から返事がない。
まあセールだから混んでいるんだろう、と思いましたが、今日の今日に至るまで音信不通。

他の店で買うかなあ、なんて思ってみたのですが、セールはとうに終了。
まさかあの金額で買える店なんて、他にはないだろうなあ、なんて検索したら…。


どこの店でも、同じ値段でしたわ。
しかも普段から。

小生がポチった店だけ、「当店通常価格」を表記して、セールに見せかけている状況でした。( ̄∇ ̄;

くそーっ、騙された。




互角 

皆様こんばんは。

野球の日本シリーズも佳境ですね。
楽天が王手をかけて、次の試合は田中マーくんなので、これで決まりか、という流れでしたが、そうは問屋がおろさず。

まあ読売も王者ですからね。
そうアッサリとはいかないでしょう。

しかし、頼みのマーくんで負けてしまったとなれば、楽天チームとしての士気が心配。
最終試合は、手に汗握る、いい試合を見せてもらいたいものです。


正直言えば、星野カントクはキライなので、胴上げされてるシーンを見たくないんですけれど。
でもそれ以上に、原カントクをキライなので。
まあ原一族がキライなですけどね。

広島ファンの小生にとってはどっちが勝ってもいいので、こりゃいいシリーズだったな、と思える試合を願います。
ただ、楽天が勝ったほうが、セールは楽しみかな。(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。