スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙 

皆様こんばんは。

大学時代の留学生、陳くん再び。
以前に書いた、ギョーザをたんまり作る陳くんです。(過去記事

陳くんは今、中国と日本の橋渡しとなるようなシゴトをしています。
中国の農村から若い人達を日本の農村へ派遣(留学?)して、数年学んだ後に中国へ戻ってきて還元できるようにするといえば判りやすいでしょうか。

中国の若者にしてみれば勉強になり、多少とはいえ貯えができる。
高齢化の進む日本の農村にしてみれば、期間限定とはいえ若い働き手をGET。
偽装結婚とかそういうアヤしいのは、きっと絡んでいません。( ̄∇ ̄;

もちろん農業や酪農なんてのはその土地固有の条件に左右されるものなので、必ずしも全てが還元されるワケではないのでしょうが、陳くんが言うには「日本人のココロを身につけてもらいたい」というのが第一のようです。


そんなシゴトなので、陳くんが派遣した若者が被災地域にも点在しているらしく。
その様子をうかがいにきたのが、今回の来日目的。
いくつかの避難所で、お得意の水ギョーザを振舞ってきたようです。
ついでに友人めぐりだと。


陳くんの言う「日本人のココロ」。
被災地ではそれが如実に見られたそうです。

当たり前ですが、物資にしても炊き出しにしても、一人あたりの量はとても満足のいくレベルにはありません。
それでも「誰も文句を言わな」ければ、「みんな順番を守っている」。
「助け合いの精神」とでも言うんでしょうかね。

中国の若者達は、当初「我先に」という考えで、炊き出しなんかで秩序を乱していたそうです。
でも2日めくらいには、みんな順番を守っている事実を見て「恥ずかしい」という感覚が芽生え、今ではちゃんと守っているそう。
陳くんは「恥ずかしいマネするんじゃねえ!」と、シメたらしいですが…。( ̄∇ ̄;


ネットなんかでは今回の日本の事態を「熱烈歓迎」と書いてくれちゃう、反日の人もいらっしゃいますけど、まあそれは仕方のないコトで。
そんなシゴトをしているくらいですから、陳くんの会社でも、日本の現況を心配してくださる方が多いとか。
便箋20枚くらいに渡って、50人くらいのメッセージを携えての来訪です。

「でも中国語だから、誰に渡していいか判らないんだよね…」とは陳くん。( ̄∇ ̄;


「”ジャーヨウ”ばかりだよ」と陳くんから聞き、小生も読ませてもらいました。

”ジャーヨウ”とは、「加油」と書きます。
「油」はエネルギーなので「エネルギーを加えろ」、つまり「がんばれ!」ですね。

ここでも「がんばろうニッポン」ですよ。
実際は「加油日本」「日本加油」ですけれども。


長々とメッセージを書いてくださっている方もいらっしゃって。
陳くん曰く「あ、それはウチのボスです」。


ちょっと来るメッセージだったので、小生なりに訳してみます(意訳しまくり)。


**********************************
中国と日本が仲が悪くなるように、国やメディアが煽っているが、心から日本を心配している人もいる。
私もそのひとりだ。

3年前、中国で地震が起こったとき(四川大地震)、日本の救援隊はどこの国よりも早く駆けつけてくれた。
そして瓦礫を丁寧に掘り返して、生存者を探してくれた。
その中から見つけ出した亡骸を前に、全員で整列して黙祷を捧げた姿は、中国に感動を与えた。
そんな日本の皆が、なぜこんな悲劇に遭わなければいけないのか。
われわれは心を痛めている。

祈ることしかできないが、大切な日本の人々がこれ以上悲運に見舞われないこと、そして一日も早い復興を成し遂げることを祈っている。
四川のお返しとしては小さすぎるかもしれないが、中国でもこんな人間がいることを忘れないでいて欲しい。
日本がんばれ!(日本加油!)
**********************************


読んでいてうれしくなりました。
うれしくなれるのは、被災した地域から遠く離れているからで、被災地の皆さんはうれしくなる余裕もないのかもしれませんが。

学生時代に中国からの留学生を何人も見ていますから、個人レベルでは親日と呼べる人達がたくさん存在するコトも知っています。
しかしニュースや新聞では、中国vs日本のケンカばかりですもんね。

今回、中国からも支援隊が来てくれました。
温かいメッセージも、ネットを通してもたくさん見られます。
国と国とのケンカはお偉いさんに任せておいて、この厚意をスナオに受け取りたいです。


陳くんのハナシ、ちょっと長くなりそうなので、後日続けます。


スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^
うるちんと申します。

社長の手紙、グッと来ました。
僕からも陳さんに「ありがとう。頑張ります。」とお伝えください。

こんばんは。

国と国との関係の前に 人と人との関係なんだなと
感じました。

リンクはらせていただきます^^
  • 2011/03/29 (火) 00:31 ★
  • URL ★
  • バスケ母
  • [ 編集 ]

こんばんは^^

手紙に胸が熱くなりました。
陳さん素晴らしい方ですね
本当に人と人は強い絆で結ばれて
いるのだと思いました^^
  • 2011/03/29 (火) 00:49 ★
  • URL ★
  • tomatoの夢
  • [ 編集 ]

こんばんは。

最近、涙もろいんですよねー。
この手紙読んでまた泣けてきちゃいました。

自分はもっと頑張らなければと思います。

いつも楽しく拝見させていただいています。
陳君のこういう話って、すごくいいですよね。
自分は以前3年ほど中国に駐在していたのですが、中国人ひとりひとりはいいヤツばかりで、すごく助けられました。
大多数の彼らは直球で自分を表現するので、もしかすると、日本人の方が表っつらだけの人間関係を構築しているんじゃないかと、気付かされ、ある種のショックを受けたものでした。
そういえば、文中に書かれていた“加油(ジャーヨウ)”のことですが、イメージ的には火が小さくしか燃えていない人に油を注いであげて火を大きくしてあげたい、ということのようです。
蛇足ですが、ガソリンスタンドは“加油駅(ジャーヨウジャン)”なんですよ(笑)
  • 2011/03/29 (火) 02:08 ★
  • URL ★
  • Kentaro2010
  • [ 編集 ]

四川地震の時、日本救援隊に心から感謝します。
「陳くん素晴らしいお方です」そう感じ。

何故日中関係そんなに微妙かな?
「災害のときにあなたを助ける、戦場のときにあなたを斬る」って?

あぁ、日本頑張って!

こんにちは

他国からの応援もうれしいですよね(^^)
世の中、立場変わればいろんな意見はあるし
親日派の人もいれば反日派の人も
どっちか一方だけ言うことないで公平さは大事ですが
こんな時ぐらいメディアもこういった温かい話や希望のある事を
放送して欲しいですね。

  • 2011/03/29 (火) 10:23 ★
  • URL
  • ピーナツ豆腐
  • [ 編集 ]

こんちは

良いお話だよね~
アタシも頑張る(まあ、何も出来ないんだけど、気持ちだけでも)!
  • 2011/03/29 (火) 16:45 ★
  • URL ★
  • かぶとも
  • [ 編集 ]

こんばんは

手紙の内容を拝見して、胸が熱くなりました。。。

“困ったときはお互い様”という感謝の気持ちをお互いの国が持って接すると、憎しみや争いはなくなるんだろうなぁと思いました。

日本で頑張る中国人、中国で頑張る日本人、たくさん居るはずだから皆が平和に過ごせることを願ってしまいます。


  • 2011/03/29 (火) 21:43 ★
  • URL ★
  • 柚弥
  • [ 編集 ]

感謝☆

こんばんは。
手紙の言葉に涙が出てきました。
ありがとうございますm(__)m

日本加油!!東北加油!!
  • 2011/03/29 (火) 21:52 ★
  • URL ★
  • クオ
  • [ 編集 ]

そんな中国人がいる事をここで知る事が出来て嬉しいです♪
今回 中国も救助隊が来るのかとびっくりしたけれど
国の割には小さな隊だなぁ・・・やっぱり みたいに思っていたら
日本側も 中国に気を使ってる感じな受け入れだった様子も聞こえて・・・
日本からの輸入品も受け付けてくれなくなっちゃったし・・・
中国人は 反日が多数だろうと感じていたけれど
ちょっと嬉しい気持ちになった。

陳くん ありがとね~♪
  • 2011/03/29 (火) 22:40 ★
  • URL ★
  • ぴよっちょ☆
  • [ 編集 ]

陳君のお話。ありがたいです。
本当に悲惨な光景が毎日のように映像としてみますが、こうやって陳君をはじめ、外国からの応援、支援を有難いですし感謝します。
  • 2011/03/29 (火) 22:57 ★
  • URL ★
  • ツル子さん
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。