スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び 

皆様こんばんは。

小生のシゴトは個人事業になりますが、ひとりだけでできるものではありません。
えらくピンポイントな部分を請け負っているものでして、同じように他のピンポイントを担当する人達と組んで、最終的に仕上がるといったもの。

そんなものですから、自分の請け負った部分が上がったら次の人に回していかなければなりません。
したがって、納期が近ければ近いほど曜日なんざカンケーなくなるワケです。

今日も近くでやっているシゴト仲間Wさんに、自身の上がったものを届けてきたんです。
30分くらいお茶をしながら、確認作業と引継ぎ。
よろしくー、というコトでWさんの事務所を出ました。


事務所を出て5分くらいでしょうか。
往来の激しくない道を、愛車(チャリンコ)で疾走している小生の視界に変化が。


灯りが消えました。

信号。
近くの建物。
街灯。


あの日を思い出しました。
そうです、3月11日。

あの日も小生は自転車で移動中で、信号が消えたコトから地震を認知するに至ったんです。
この日のブログにも書いてます。)


慌てて自転車を降りますが、揺れは感じません。
たしかに辺り一帯は電気が消えていますが、川向こうまで見てみれば灯りは見えます。


―停電か…


ひとまず安心はしましたが、とりあえずお嬢へメール。
メールもなかなか送信できませんでしたが、かろうじてOK。
すぐにお嬢から返信があって、自宅はなんともないコトが判ったので、さっきまでいたWさんの事務所へ引き返しました。

自転車のライトを懐中電灯代わりにして、6Fまで。
エレベーターは当然止まっているので、階段を駆け上って。


―Wさん、Wさん!


人の事務所ですからカギを持っていませんし、インターフォンも通じませんので、ドアを叩きながら呼びかけ。
返事はありませんが、ドアが開いたので中へ。


―Wさん、Sだけど、ダイジョーブ?


ライトで照らすと、Wさんの姿ナシ。( ̄∇ ̄;


―Wさん、いない?
「いますー…」


Wさん、やっぱり地震が来るのかと思ったらしく、机の下へ避難していました。
しかも腰を抜かしたようで。


「Sさああああぁぁぁぁぁんっっっっ!」
―はいはい、ダイジョーブダイジョーブ。


やっぱり怖いですよね。
知ってる小生が戻ってきたコトで安心したのか、Wさんは大絶叫とともに号泣。


―怖かったですね
「うん…。それもあるんだけど…」
―何か?
「じんが、じんがああぁぁぁっっっ!!!」


じん?


よく聞いたら、ドラマ「JIN-仁-」ですか。

ああ、録画が飛んじゃったのね。( ̄∇ ̄;


いや、小生も大沢たかおさん、大好きですが。


停電はこの一帯だけなので、全くノープロだった人から借りられるよ、と伝えたら、えぐえぐ言いながらも復活。


―しかし、心配はそこだったんですか
「うん…。あっっっ!!!」
―何か?
「データ…」


うん。
PC消えたでしょうから、そっちの方が心配ですよね。

むしろ最初にその心配をしてくれ。( ̄∇ ̄;


作業中のデータはダメでしたが、小生が持っていったものを再度渡して事なきを得ました。



それにしてもやっぱり、あの3月11日のコトを鮮明に思い出すほど、われわれの記憶には深く刻まれているようです。
思っている以上に、強く。

あんまりビビらせないでほしいものです。
東京電力、しっかりしてくれ。



【6/6追記】

停電は20~30分続きましたが、現在は無事に復旧しております。
どうやら変電所に落雷があったとか…。

ご心配をおかけいたしました。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

私も都内で仕事でしたが、そんな事があったんですね。
全く知りませんでした。

そういえば、私が「あれ?」と思ったのが、
揺れが始まった直後にエレベーターのランプが消えたんです。

「大して揺れてないのに、何で消えたんだろ?」

そう思って上の階に上がった時に、大きな揺れになったんです。

なので、私の思い出すポイントは、エレベーターです。
一昨日辺りの緊急地震速報もビビりましたけどね。

おはようございます

ドキドキしながら読んでいくと、“仁?”
思わず大笑いしてしまいました。(^_^;)
そういえばあの時間に地震速報してたような…?
でもいきなりの停電は驚きますね。
ところで、Wさんは『JIN-仁』見れたのでしょうか?

地震の怖さは体験した人にしか分かりません。
16年経っても未だに弱い揺れで心臓がバクバクしますから。

こんばんは

あれから体調はいかがですか???

そーなんですよねぇ
子供だってすっごく楽しかったコトより
怒られたり怖かったコトの方が強く記憶に残るって言われるぐらいですからね。。。
大人となれば更に鮮明に覚えてるものですよね
それなのに近所のスーパーの義援金募集が無くなってて・・・
一番身近で簡単に出来たのに、なんだかなァ~って感じデス


忙しさに流されないで早くお身体良くして下さいね!!
  • 2011/06/06 (月) 20:47 ★
  • URL ★
  • LISA
  • [ 編集 ]

そうですね、震災後、あちこち暗いですね。。。
でも、被災地の皆様と比べたら、全然幸せです。。。
早く、日本国の繁栄姿をもう一度、世界の皆にみせて欲しい!

★70sとむさん
こんばんは。
停電は横浜と川崎の一部だけだったようです。
エレベーターは閉じ込められても怖いですしね…。
震災当日を思い出すポイントってのは、いろいろあるんですね。


★蜩さん
こんばんは。
Wさんから昼にメールいただいて、無事に借りられる手はずがついたとおっしゃってました。(o^-’)b
ドラマであれだけ取り乱せるのもスゴいな、って思ってるんですけれども。
やっぱりちょっとしたコトで思い出してしまうってのは、トラウマの一種なのかもしれませんね。


★LISAさん
こんばんは。
おかげさまで、腰の痛みはだいぶ軽減しております。m(_ _)m
楽しいコトとうれしいコトだけ憶えていられたら、どんなにラクなんでしょう…。
首都圏辺りではもはや震災のコトは忘れてさえいるんじゃないかと思える場面もありますよね…。


★lingminさん
こんばんは。
ホントに、われわれでさえこんな状況なのに、被災地の方々はもっと、ってコトなんですものね。
日本は戦争に負けても、阪神大震災からでも立ち直って来ましたよね。
今回はまたまた厳しい状況ではありますけれども、ヤマトダマシイ、島国根性の見せどころだと思ってます。(o^-’)b

  • 2011/06/07 (火) 00:40 ★
  • URL
  • S(旧名:ハカセ)
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。