スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム 

皆様こんばんは。

昨日も書いておりますが、ヨメの写真やアルバム、あとは火葬の際に燃やせなかったいくつかの品が戻ってまいりました。
とにかくヨメに関する全てのものは、ヨメ父が小生から奪っていったのでした。

小生に残されたのは位牌と、遺骨半分。
何があってもそれだけは死守したのです。


とりあえずアルバム。

結婚してからのもの2冊と、はじめて見る2冊。


お嬢が「見ていい?」と聞いてきたので、結婚してからの方を渡します。








対して小生ははじめて見るほうのアルバムを。

ヨメの字で表紙に日付が入っていたので、古いほうを開いてみると、一枚目にはセーラー服のヨメと学ラン姿の小生。
一昨日書いた、お礼に呼ばれた日の写真からスタート。



やめてーーーーーーーーーーーーーーー( ̄∇ ̄;


いや、スーパーお嬢校の女のコ。
そのお宅にお呼ばれですから、どんなカッコしていけばいいのか判らなかったんですよ。
TELで「おれ制服で行くから、○○ちゃんも制服でお願い」って言ったのでした。

思い返せば、たしかにヨメ母がシャッター押してましたわ。
小生も後日もらいましたが、まさか結婚に至る相手だとは思っていなかったので、あっという間にどこかへ消えてしまったものです。

そんな日のまで残してあったとは。

恥ずかしさももちろんあったのですが、同時に涙と独り言が出てました。


―そうだよ、こんな顔してたんだっけな…


以前にも書いたのですが、記憶の中でヨメの顔はどんどん薄れてました。
でも、写真が戻ってきたからもう大丈夫。


出会いのころ、あまり好みじゃなかったからか、そんなに好きな顔じゃないと思ってました。
あらためて写真見ると、決して嫌いなタイプじゃなかったです。
本来、見慣れていたからかもしれませんが。


「かわいらしい人じゃん」
―うん、そうなんだよね
「この写真なんてめっちゃ笑顔だよ」


お嬢が指差した写真は、二人で暮らしてた部屋で撮った、何気ない日常の一コマ。
メガネっ子だったヨメが、メガネを手に、かけようとしている瞬間を、テキトーにシャッター押したもの。
たぶん「何撮ってんの、やめてよー」みたいなカンジ。

写真見ていると、そのときの記憶がどんどん浮かび上がってきます。
ヨメも小生も笑顔の写真が多く残っていてよかった。
二人とも写真キライですし、特にヨメははにかんで笑うタイプなので、その瞬間が残されているのは貴重なのです。

もっと「カワイイ」とか言ってあげていればよかった。


デジカメ時代の今だったらいくらでも撮り直しが利きますが、この時代は現像してみないコトにはどんな写真になっているか判りませんからね…。
それでも、そのときどきのベストショットをアルバムに残していたんですよね。


「あのね」
―ん?
「○○さんは、きっとSっちの隣で、安心してたんだと思うよ」


うん、そうだったらうれしいです。

ちなみに、小生も初めて見るアルバムの方は、ベストショットに漏れた写真の中から厳選されたものと、小生にナイショで撮っていたもののようでした。( ̄∇ ̄;

家で料理している小生。
日曜大工している小生。
ギター弾いてる小生。
寝ている小生。


小生の写真を残そうとまで、好きでいてくれたんだな、と思うと…。


小生は人から好かれる自信がないんです。
人から好かれない自信があると言い換えてもいいほど。

ですからこういう場面に直面してしまうと、純粋な感謝と、好かれているコトをイマイチ信じられなかった後悔と。


「はい、このアルバムはオジョーが預かりまーす」
―なんで?
「Sっちは、昔の写真、見れなくしちゃうから」

まあ卒業アルバムの類はあるとしても実家ですし、自分の写真を残しておく趣味はないですからね。


「あのね」
―ん?
「あたしも、隣で安心してるから」
―……、うん
「だから、そこは信じてほしいな」


(//・_・//)


はいはい、ノロケです。(笑)




そしてお嬢は今日、写真立てを買ってきてくれて。

ヨメの「めっちゃ笑顔」を、相方の隣に飾ってくれました。


スポンサーサイト

コメント

涙出てきちゃいました。
お嬢さん、素敵な女性ですね。
深い愛を感じます。
愛=信じる だと思います。
  • 2011/07/10 (日) 07:35 ★
  • URL
  • ずんだもち
  • [ 編集 ]

ステキなことって嬉しいですね。

v-254ほんものの愛に出あっていますね。。。お嬢さんの心をこんなに広く深くなさったSさんの人間性が、観えるようです。。大切になさってください。
  • 2011/07/10 (日) 09:52 ★
  • URL ★
  • Msmimi
  • [ 編集 ]

Sさん、こんにちは。

お嬢さんの愛も、
ヨメさんの愛も、
そしてSさんの愛も、
とてもとても大きなものですね。

ぼくにも愛が伝わってきました。
心に元気をいただけた感じがします。
ありがとうございます。
  • 2011/07/10 (日) 10:08 ★
  • URL ★
  • ぜん
  • [ 編集 ]

こんにちはです。

強いなぁ・・お嬢も・・・。゚(゚´Д`゚)゚
  • 2011/07/10 (日) 15:27 ★
  • URL ★
  • kaminomoribito
  • [ 編集 ]

Sさん こんにちは♪

最初、読んでいて切なくなりました。
でも、最後にほっこり温かい気持ちになりましたe-266

オジョーさんの心遣いが素晴らしいですね!!
そして Sさんとオジョーさんの素敵な関係が
目に見えるようで じんわり幸せな気分になりました!

うん、泣きそうになった

そーゆうのってその時はなにも思わなかったけど
振り返ってみると「あー、こんな時もあったな」って
涙が自然に出るんだよね。←
  • 2011/07/10 (日) 18:43 ★
  • URL ★
  • みっこ
  • [ 編集 ]

こんばんわ

良かったですね。

全部を受け止めてくれるお嬢さんはなんて素敵な方なんでしょう。(*^_^*)

なんだかんだいっても、Sさんは女性に恵まれていますね。
いや、Sさん自身が優しいから自然と素敵な方が近づくんでしょう。


  • 2011/07/10 (日) 21:42 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

いいお話しです。
オジョーさんも素敵な方ですね。
自分もいまの生活を見直したくなりました。
ありがとうございました。
  • 2011/07/10 (日) 22:15 ★
  • URL ★
  • aaconee
  • [ 編集 ]

ええ話や(´Д⊂
  • 2011/07/10 (日) 23:46 ★
  • URL
  • ハリネズミ
  • [ 編集 ]

やさしいですよ!

Sさんのブログの端々にSさんの優しさがにじみでてますよ
それに優しいお友達が沢山登場していますし
好かれ無い人にはお友達は出来ないですよ

自分じゃ気づかないのかも知れませんね~
お嬢さんは見る目があるんです

何か自分の昔の事も思い出しちゃいました・・

お嬢さんを大切にe-266


こんばんは。

読んで涙が勝手にこぼれてしまいました。

きっと本物って何気ない時間の中にあるんだな...って思いました。

創り上げた自分より、不恰好でもありのままの自分の方が、どれだけ人を惹きつけるか...そう感じました。

そして深い愛情...ステキです。

Sさんは、すばらしい女性2人に支えられているんですね。
  • 2011/07/11 (月) 00:37 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

お久しぶり!
いい話だね…
泣けてきたわ。

なんだか今の私の自分の状況が
いかによくないか…笑
考えさせられたよ。

今の彼氏を
ちゃんと大事にしていきたいですわ。

またメールします!
  • 2011/07/11 (月) 01:28 ★
  • URL ★
  • もえ
  • [ 編集 ]

うーん。鼻の奥がツーンと・・・
Sさんのお顔はもちろん、おヨメさんのお顔も存じませんが、制服姿で並ぶお姿が目に浮かぶようです。
やっぱり写真っていいですね。
「こんな頃はもう戻ってこないんだ」と切なくなるときもありますが。

それにしてもお嬢さんは心が広い!!
見習いたいですわ。
  • 2011/07/11 (月) 09:24 ★
  • URL ★
  • yuyuhaya
  • [ 編集 ]

心が温まりました。
切ないけど、感動しました。
お嬢さんのやさしさに、心の広さに、同じ女性として、
憧れます。

おヨメさん、お嬢さん、こんなにステキなお二人にめぐりあえたSさんは幸せものですね。
  • 2011/07/12 (火) 00:20 ★
  • URL ★
  • mikimiky
  • [ 編集 ]

ホロッときました。
コメントが上手く浮かばないですが、

おヨメさんも
お嬢さんも
大切な存在ですね。
すごく感じました。

私も、もっともっと家族を大切にしないと
そう思いました。
良い話をありがとうございます。
  • 2011/07/12 (火) 08:29 ★
  • URL ★
  • Pヨコ
  • [ 編集 ]

★ずんだもちさん
こんばんは。
信じるって難しいですよね…。
小生はなかなか人を信用できないので、お嬢を信用できるようになっていきたいと思っております。


★Msmimiさん
こんばんは。
いや、小生の人間性なのかは判りませんが…。
お嬢のコトは今でも大切ですし、これからも大切にしていきたいと思うんです。


★ぜんさん
こんばんは。
そうですね、小生を支えてくれた女のコたちは、とんでもないくらいの愛を注いでくれていると思うんです。
小生はそれに答えられる人間でなくちゃいかんですよね。


★kaminomoribitoさん
こんばんは。
ホント、お嬢は強いコだと思うんです。
バツ1&相方を亡くしてるオッサンとつき合ってくれてるだけあって、覚悟が決まっているような気さえしてまいります。

★happyさん
こんばんは。
お嬢の心遣いには感謝しっぱなしでして…。
お嬢がいてくれるおかげで、今は毎日過ごせているような気がしております。


★みっこさん
こんばんは。
そのときは気づかないんですよね…。
今になって思うに、っていうのが多すぎて、自身のドンカンさかげんに嫌気がさすことも多いです。


★蜩さん
こんばんは。
小生はつき合う女性にも友人にも恵まれておりまして、そのおかげで成り立っているようなもんです。(笑)
全部受け止めようとしてくれるだけでうれしいのに、実際に受け止めてくれてるんですから、アタマが上がりません。


★aaconeeさん
こんばんは。
お嬢はかなり天然ではありますが、ずっと年下なのにえらくしっかりしているコで…。
そのギャップがまたかわいらしいんですけれども。( ̄∇ ̄;


★ハリネズミさん
こんばんは。
いいハナシと思ってくださり、ありがとうございます。
お嬢はホントにいいコなんです。


★tiyominさん
こんばんは。
小生はたぶん、自分から人を寄せつけないようにしている部分が強くてですね。( ̄∇ ̄;
いずれお嬢が「やっぱり見る目なかった」と思われないように、精進していかなきゃいけませんね。


★遥さん
こんばんは。
ホンモノが何気ない時間の中に存在していて、それは後にならなきゃ気づけないものなんだとさえ思っています。
ですから今は、お嬢と過ごしている「今」が何より大切な時間だと。(o^-’)b


★もえちゃん
こんばんは、コメントはお久しぶりですな。
もえちゃんの状況はもえちゃんの価値観でいいと思うんですよ。
何がいちばん大切かってのは、誰にも判断しきれないと思いますし…。


★yuyuhayaさん
こんばんは。
過去へは戻れませんし、思い出ってのは当時の自身の無力さを知るので時に残酷なんですよね。
お嬢の心の広さには、もう感謝してもしきれません。(o^-’)b


★mikimikyさん
こんばんは。
お嬢の優しさにいつも助けられております。
ヨメ、お嬢、実はもうひとり相方ってのもおりまして…。( ̄∇ ̄;


★Pヨコさん
こんばんは。
ええ、ヨメもお嬢も、もうひとり相方ってのもみんな大切な存在で、とても比べたりできません。
小生も、やっぱり「今」を大切にしていかなきゃいけないな、とあらためて思いました。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。