スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 

皆様こんばんは。

プロ野球を見なくなって、ずいぶん経ちます。

小生の小さいころは、今のように娯楽なんて多くない時代ですし、おそらくほとんどの男児が通るスポーツの種目に野球があったのではないでしょうか。
惰性で見続けた、というのは乱暴な言い方かもしれません。
でも積極的に見るものがなければ、とりあえず野球、という流れが存在していました。

よく見ていた記憶があるのは90年代まで。
イチローブームから、横浜ベイスターズの優勝くらいまで。

憶えているのはそのあたりまでです。
それ以降の野球はとんと判らなくなっております。

小さかった70年代後半~80年代にかけて。
そのあたりの野球にはそれなりにアツいものを持って見ておりました。


小生が好きだったのは広島カープ。

赤いイメージカラーがスマートだったのと、当時住んでいた千葉から最も遠い場所に本拠地を持つチームへの、ある種の羨望のようなものもあったかもしれません。
地図オタクなのはそのころからだったので、「広島」という地への憧れは強く持っておりました。

80年代といえばカープの黄金期でもあります。
1番・高橋慶彦、2番・山崎隆造の時代。
そんなチームに、炎のストッパーと呼ばれる選手がいました。


tsuda.jpg


津田恒美。
ピッチャー。

津田が出てくれば、もう試合は終わり。
投げる速球は、打とうとした相手チームの4番打者に骨折をさせてしまうレベル。
読売の原選手(現監督)です。

変化球はときどき投げるフォークボールだけ。


見ていて爽快でした。

よけいな駆け引きがなく、チカラとチカラのぶつかる真っ向勝負。


アタマがなければスポーツはできない。

そんなの今や常識ですが、それでもアタマを使った勝負より、チカラ勝負のほうが見ていて好きなんです。


90年代、ノムさんがID野球で名監督の座に。
きっとそのころから、小生にはつまらなく感じていたのだと思います。


そんな津田選手。

91年のシーズンがはじまってすぐに体調不良。
水頭症との発表でしたが、実は脳腫瘍でした。

そして93年の7月20日、32歳の若さで亡くなりました。
つまり、今日が命日です。

今の野球には通用しない、古いタイプの選手かもしれません。

でも見ているとドキドキして、どっちが勝っても爽快感が残る。
そんな勝負を、また見てみたいのです。


相撲で魁皇関を応援していたのは、きっと同じ理由。



スポンサーサイト

コメント

炎のストッパー津田さん、覚えていますよ。わすれませんね。力と力の勝負も面白いけれど、年老いたピッチャーが老練で、手玉にとるのも面白いですよ。
  • 2011/07/21 (木) 06:24 ★
  • URL ★
  • ふくちゃん
  • [ 編集 ]

こんにちは。同じです。私もいつの間にか野球も相撲も見なくなっていました。TVばかりでなく応援に行っても何かつまらない。ニュースで結果を見ても胸が躍らない。理由を深く考えたことはありませんでしたが、なるほどそういうことだったのか!となんだかすっきりしました。
  • 2011/07/21 (木) 07:29 ★
  • URL
  • たすじゅう
  • [ 編集 ]

こんばんは。お久しぶりです。

うちの父は広島人なのでカープファンです。
津田選手の本がうちにあったので
何度か読んだ記憶があります。

津田選手、本当に気の毒でしたね。
私もよく覚えています。

カープは結構好きな球団でした(過去形。。。)
Sさんより更に古く、山本、衣笠の時代の話ですが(汗)
Sさん同様、プロ野球殆ど見なくなりましたね。
  • 2011/07/21 (木) 23:27 ★
  • URL ★
  • そふぃーおばさん
  • [ 編集 ]

正々堂々、一対一、タイマン(笑)、武士道の魂!
日本人ですね!
  • 2011/07/22 (金) 01:20 ★
  • URL ★
  • kaji
  • [ 編集 ]

津田投手、真っ向勝負のストッパーでしたね。
今日はsさんの記事で泣いてしまいました。
負けても負けてもコイキチはやめられません^^;
山本、衣笠さんの時代から、まだ現役の前田さんまで男気が熱くさせます。
私もやっぱり魁皇関を応援していました。

★ ふくちゃんさん
こんばんは。
老練なピッチャーがそうやるのは、そのときのチカラの全てでしょうから楽しめるんです。
でも最近は、若いうちから技巧に走る選手が多いのがイヤでして…。


★ たすじゅうさん
こんばんは。
おお、気持ちを理解してくださる方がいらして、うれしく思います。
小生の場合、まあトシをとって嗜好が変わってきたというのも、大きい理由だとは思うんですけれども。(笑)


★ ひとみんさん
こんばんは。
ひとみんさんのお父様は小生と近い世代でしょうから、タイムリーにつた選手を見ていらっしゃるでしょう。
当時のカープファンなら、津田選手は神に近い存在だったんです。


★ そふぃーおばさん
こんばんは。
あ、もちろん小生も山本浩二や衣笠、あとは木下とか水谷、エースは池谷の時代からです。(o^-’)b
本当に津田さんは気の毒、としか言いようがありませんでした…。


★ kajiさん
こんばんは。
自分に決定的なチカラというものを持ち合わせていないので、そういう勝負への憧れが強いんです。
津田さんは原選手との対決も有名ですが、全盛期のランディ・バースにストレートだけで3球三振とってるのも、インパクトが強かったです。


★ 未来ママさん
こんばんは。
阪神の藤川選手が、津田さんに近いタイプのピッチャーかな、なんて今では思いますが、やっぱり津田は津田。
魁皇関の引退も、とっても残念でなりません。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。