スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格差 

皆様こんばんは。

昨日消えた記事。
新たに書いてみました。(o^-’)b




肉。

そう聞いたとき、皆さんはどんな肉を思い浮かべるのでしょうか。
食べるヤツですよ。


小生は豚バラ肉が思い浮かびます。
まあ、それは小さいころから豚バラ肉を食す機会が一番多かったからでしょう。
小生の中で、バラ肉がスタンダードな存在になっているのです。


環境で、その人のスタンダードというのは大きく変わってきます。
今日はそれを強く感じました。








夕方、お嬢と二人で、都内のとあるホテル(非ラブホ)へ。
まあお呼ばれしたのですが、高級ホテルへ着ていく服がないんですよ。( ̄∇ ̄;

小生はホテルの名を聞いても全く知らなかったのですが、お嬢が「そこって…」と調べつつ、ジーンズやスニーカーは入れないとこだと判明。
そのため、事前にお嬢とこざっぱりした服を買っていたのはトップシークレット。(笑)

ユニクロでいいんじゃないか、と思ったのですが、お嬢が「いくらなんでも、格ってモノがある!」とブチきれまして。( ̄∇ ̄;
生まれて初めて、ラルフローレンのシャツなんて着てみました。



ホテルの個室で合流したのは、(元)ヨメ母とヨメ妹。

ヨメ母との関係は以前にも書きましたが、書類上は姻戚関係を解消していても、連絡をとったり食事をしたりしております。
小生にとっては実母よりも「母」と呼びたい存在。

そんなヨメ母に「彼女も連れてきてね」と言われていたのです。
言われた理由は後述します。


食事。
小生の好きな鉄板焼きを食わせてくれるお店なのですが、そこの肉は、ヨメ母にとってのスタンダードな肉。

お嬢と二人で「こんな肉、喰ったコトねえよ…」と呟いてしまうレベル。

高級な肉だと、「口の中で溶ける」とか言うじゃありませんか。
でも、そんなのあるワケねーだろ、なんて思っていたのです。

いや、ありましたよ。( ̄∇ ̄;
溶けました。


ヨメもスーパーお嬢でしたが、考えてみればヨメ母はそれを上回っているんです。


”車ってのは、手を上げれば止まってくれるものなの。だから自分で運転しなくていいの”


そう言って、ヨメに免許を取らせてくれませんでしたね。
1キロ以上の移動は全てタクシーだった、スーパー金持ちの言うコトには含蓄さえ感じるものです。(笑)



さて、小生だけでなくお嬢まで呼んでくださった理由ですが、お別れのアイサツでした。

義父が亡くなったコトで、いろいろ片づけているうちに、ヨメ妹が外国へいくコトになり。
ヨメ母もいっしょにいくコトになったのだそうです。



そして取り出だしたる、大きな紙袋。
ヨメ母、小生にというよりお嬢に対して土下座。


”N(お嬢)さん、本当に申し訳ありません。ウチの娘を、本来いるべきところに返してあげてもらえませんか”


袋の中身は、箱に入ったヨメの遺骨でした。

小生とヨメ父の確執についても何度か書いたコトがありますが、ヨメの火葬後、ムリヤリ遺骨の半分を持ち帰られていたのです。
それはヨメ父の意地のようなもので、ヨメ母にはよく謝られていたものです…。

ヨメ父がいなくなったことで、小生の元へ返したい、という意向だとのコトでした。

でもお嬢のコトを考えたら、前妻の存在を思わせるものは面白くないハズ。
そのための土下座だったようです。

なんかそれを考えたら泣けてきまして。


お嬢はしばらくコトバを探していたようでした。
でも結局見つからなかったようで、しどろもどろに。

「あ、いや、私は、えっと。私の知ってるSさんは、○○(ヨメ)さんと結婚してた経験のあるSさんなので。だから、○○さんのコトを受け入れなければ、Sさんを受け入れるコトにならないので。はい、そうです」

まあそんなカンジのコトを、コトバを選びながらヨメ母に答えてくれてました。

またそれで泣けてきまして。
もはや涙腺は崩壊状態。( ̄∇ ̄;


というコトで、ヨメは完全に小生のところへ戻って来ました。

ヨメ母は遠い国へいってしまいますが、年に一度は墓参りに来てくれるそうです。

お別れの際、またヨメ母に泣かされるのですが、それは文字にするとまた泣いてしまうので書けません。


そしてお嬢は、家に戻ってきて、ご馳走になったコースの料金を見て泣いてました。(笑)
あんまりそういうのって好きじゃないんですけれど、小生も聞いといてよかったです。
予想していた料金の倍以上だったので。( ̄∇ ̄;

おそらく一生の間、二度と味わうコトのない金額の料理です。



スポンサーサイト

コメント

肉といえば、牛肉ですね。
関西ですから。
  • 2011/07/25 (月) 00:22 ★
  • URL
  • まんがいんく
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

涙腺

今晩は。

齢なのか、ただ単に今までの経験なのか、このような状況で涙腺が緩むのは、人間にとって必然では?と、何となく私も感じています。

私こそ最近涙腺の蛇口修理しないと、そう感じています。お穣様の一連の発言も感涙しそうです。

良識って簡単に使われがちですが、きっと深い言葉なんだと私などは、思ってしまいます。(相変わらず生意気言ってすみません。)
  • 2011/07/25 (月) 03:56 ★
  • URL
  • 元中小owner
  • [ 編集 ]

ヨメ母さんのおもいが感じられます、お肉の金額以上だったのではないでしょうか?
  • 2011/07/25 (月) 06:47 ★
  • URL ★
  • kaji
  • [ 編集 ]

はじめまして。Mackdaddyといいます。
いつも楽しみに訪問させて頂いておりました。
Golfとは全然関係ないですが、とっても人間味溢れるBlogで大好きで訪問させて頂いてました。

遺骨が戻ってきて、ほんとに良かったですね。
コレでほんとうに今までのモヤモヤにカタが付いたような気がしますね。

これからもまた訪問させて頂きますので、宜しくお願いします。
  • 2011/07/25 (月) 07:36 ★
  • URL ★
  • Mackdaddy
  • [ 編集 ]

良かったですね 無事お嫁さん戻られてと思いました。

私も御嬢さんの立場だったら

何のためらいもなくうけいれたと思います。

御嬢さん それだけ Sさんのこと愛してるんですよ。

素敵です。
  • 2011/07/25 (月) 13:43 ★
  • URL ★
  • よっちママ
  • [ 編集 ]

なんか、悲しいのか嬉しいのか面白いのかわかんなくなってきました。(^_^;)

遺骨、戻ってきて良かったですね。
ヨメさんもこれでやっと落ち着きそう。

超お金持ちってやっぱり違うんですね。
私の肉のスタンダードは鶏肉ですかねぇ
  • 2011/07/25 (月) 14:21 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

・・・なんか、よかったですね。

「肉」はさておき、
人の縁って、
やっぱり不思議なものだなって思います。
  • 2011/07/25 (月) 15:35 ★
  • URL ★
  • aoi
  • [ 編集 ]

・・・・・゚(゚´Д`゚)゚・・・・・・
  • 2011/07/25 (月) 18:59 ★
  • URL ★
  • kaminomoribito
  • [ 編集 ]

いい話ですね。
人の思い。
今は そんなの面倒がるひとが多いけど
人として大事な部分だと思います。

「良かったですね。」
この一言です。

出会いって色々ありますが、
良い人との縁って本当にありがたい恵みだな
そう思っています。

  • 2011/07/25 (月) 20:29 ★
  • URL ★
  • Pヨコ
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんとも複雑な、いろいろな想いが交錯した日でしたね。

みなさんが幸せになりますように。

ちなみにわたくし、溶ける肉よりも、噛み応えのある肉のほうが好きです(←小市民?)
豚バラの脂の甘いのが好きだったりもします♪
  • 2011/07/25 (月) 23:30 ★
  • URL ★
  • おやぢパパ
  • [ 編集 ]

★ まんがいんくさん
こんばんは。
牛肉ですか、小生にはない選択ですね…。
実家はすき焼きとかでも豚だったもので。( ̄∇ ̄;
親戚に養豚業がいたせいですかね。


★ 名無しさん
こんばんは。
小生はスーツとかをほとんど着ないもので、たまに着るYシャツも3枚¥3900とかで済ませてしまうんです…。
ラルフのシャツは着心地もいいですし、あとは丈夫そうですね。
人気があるのを判った気がいたしました。


★ 元中小ownerさん
こんばんは。
お嬢のセリフに泣いたコトに関しては、「信用してなかったの?」とちょっと怒られました。( ̄∇ ̄;
信用していなかったワケではないんですけれどね、なんだか一生懸命考えてくれているのがうれしくて。
涙腺はやっぱりトシのせいなんでしょうね。(笑)


★ kajiさん
こんばんは。
ヨメ母は、基本ポーっとしている人なので、そこまでしてくれたことに対しての驚きとうれしさと…。
ダメですね、泣いちゃいました。( ̄∇ ̄;
それにしても、スゴい料理でしたよ。


経験値

いろんな経験をして、人間って作られるのですよね。
たくさんの経験値を持っているほうが、
素敵な楽しい人生だと思います。

でも、お嬢サンには、辛いことかもしれませんね。
頭では理解できて、シドロモドロに応えることが出来たとしても、
目の前に元ヨメさんの遺骨があったりすると、
(たとえ、見えないところに置いてあったとしても)
気分的に、頭に漬物石を乗せられた気分にならないでしょうか?
(T_T)
どちらも大事!という人間的気持ちも分からないではないですが、
金銭的援助でも無い限り(あるなら、話は別ですが…)、
Sさんの気持ちが何処にあるのかを、
はっきり示してあげてくださいね。
お嬢サンに…。
  • 2011/07/25 (月) 23:57 ★
  • URL ★
  • しめの
  • [ 編集 ]

★ Mackdaddyさん
こんばんは、はじめまして。
ええ、ホントにモヤモヤが消えたカンジです。
ヨメ父の呪縛から解放されたような…。
ゴルフは一切やりませんが、もちらこそ今後ともよろしくお願い申し上げます。


★ よっちママさん
こんばんは。
あのときのお嬢には、オンナの覚悟ってのを見せてもらった気がしております。
たぶんお嬢は、小生が思っていたよりも、ずっとずっと悩んでいたと思うんですよね。
そこまで想ってもらえるってのが誇りですね。(o^-’)b


★ 蜩さん
こんばんは。
ヨメよりも、何より小生が落ち着いた気がしております。
朝起きたら手を合わせるのですが、その際にためらいとかがなくなりましたもの。(o^-’)b
やっぱりスーパー金持ちって、何かが違いますよ。(笑)


★ aoiさん
こんばんは。
ええ、ホントによかったです。
小生は縁と運でこの世が廻っていると考えておりますので、良縁と思えるものは大事にしたいです。
ヨメ父はともかく、ヨメ母とのこういう関係はおもしろいです。


★ kaminomoribitoさん
こんばんは。
あら、泣かせちゃいましたか。( ̄∇ ̄;
泣かせるハナシがウリではないので、軌道修正が必要ですね。(笑)


★ K-tookoさん
こんばんは。
ヨメ母の思い、お嬢の思い、小生の思い…。
三者の方向性がうまいことかみ合ったのかな、とは思ってます。
こういう部分を大事にしていきたいですね。


★ Pヨコさん
こんばんは。
ええ、ホントによかったです。
ヨメ母との今の関係を考えてみれば、縁はおもしろいものですよね。
やっぱり縁と運、これを大事に生きていきたいものです。


★ 名無し2さん
はじめまして、こんばんは。
小生もフツーに生きてきたつもりなのですが、どうやらそうではないと最近思うようになりました。(笑)
普通とか平凡って、難しいですよね。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


★ おやぢパパさん
こんばんは。
ホントに複雑な気持ちが交錯してました。( ̄∇ ̄;
小生も脂っこいのは苦手ですが、豚バラだけは別なんですよね。
角煮なんて、アブラ狙って食べてますもの。(笑)


★ しめのさん
こんばんは。
経験は否定のしようがないんですよね。
ですからお嬢には今の状況を信じてもらうしかないですし、信じてもらえないんだったら、それは小生の力不足というコトでしょう。
お嬢がツラく思っていて、それで離れていかれるのだったら、それは仕方のないコトだよなあ、と思いますよ。


今晩は。やはり何度かこのエントリー読んでいて、私が今抱えている事など、ちっぽけな事だと改めて思いました。

Sさんとは勿論面識も有りませんし、こちらが一方的に私にとって、感謝させられるエントリーを拝見するに、本当に私の心身が下がらない、心の有るエントリーで、Sさんの隠されている部分の強さ(語幣が有ると思いますので、ひとまずお詫び申し上げます。)に感銘を受けています。

そこで一つお願いなのですが、私のブログにSさんのブログの、リンク張らせていただいてはいけないでしょうか?決して私の性格からして、深意はございませんので、お許しいただけるのであれば、如何なる方法でもご返事いただけると幸いです。

ワガママばかり申しましてごめんなさい。
  • 2011/07/26 (火) 00:28 ★
  • URL
  • 元中小owner
  • [ 編集 ]

いい話です
お母さんに乾杯!

ちなみに肉と言ったら牛ハラミです。
  • 2011/07/26 (火) 18:34 ★
  • URL ★
  • アイパッチ
  • [ 編集 ]

★ 元中小ownerさん
こんばんは。
悩みとかそういうのって、ご自身にとっての度合がモンダイなので、小生と比べちゃいけないとも思いますが…。
ブログで伝わるのって、小生のほんの一部ですもんね。(o^-’)b
リンクに関してはメッセージで書いたとおりです、よろしくお願い致します。


★ アイパッチさん
こんばんは。
ヨメ母、一世一代のお願いでした。
ヨメ母にとっても、娘であるヨメを救えなかったのは一生のわだかまりのようですので…。
牛ハラミって、焼肉屋でしか食べたコトありませんね…。( ̄∇ ̄;


いいお話でした(´Д⊂

遺骨が帰って来てよかったですね。

お嬢さんの優しい心も読んでいて嬉しくなりました(´Д⊂
  • 2011/07/28 (木) 23:26 ★
  • URL
  • ハリネズミ
  • [ 編集 ]

★ ハリネズミさん
こんばんは。
いいハナシでしょ?(笑)
遺骨はもう10年以上ずっとひっかかっていた問題だったので、溜飲が下がりました…。
お嬢は懐が深すぎます。(o^-’)b


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。