スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚構 

皆様こんばんは。

フーゾクってのは、大いなる虚構だと思うんです。
そこで遊ぶからには虚構だという意識を持つコトが重要なルール。

そういう意味ではディズニーランドに似ているなあ、なんて。


ディズニーランドへいって楽しめない人は、だいたい虚構の中に身を置けない人。
そこが現実とはかけ離れた世界だというコトに委ねられなければ、ゼッタイに楽しめません。

日常と非日常に置き換えてもいいと思います。

さっき向こうにもミッキーいたべ、なんて思っちゃう人は楽しめないんです。(笑)


フーゾクでは嬢さんが相手してくれますが、その関係は嬢と客という非日常世界なんです。
あんなかわいかったりキレイだったりする女のコが、日常で小生と関係を持ってくれるワケがない。(笑)

日常を引きずってしまうと、嬢さんに恋心を抱いてしまったりするんでしょうね。
あの空間は非日常世界、虚構だからこそ、その中だけ思いっきり楽しめばいいんです。

それがスマートな楽しみ方だと思います。
某SNSの仲良し倶楽部の皆様は、よく判っていらっしゃるんですよね。
特に某大王様。(笑)


小生も、アタマではそう判っているつもりなんですが、完全には日常や現実世界を捨てきるコトができないでいるタイプです。


同じマンションにこういう奥様いそうだなー。
いたら毎日トキメいちゃうなー。

そんな嬢さんを探してはお会いしてしまうんです。(笑)
どうにも日常を重ねてしまうというか。

非日常の中に少しの日常を求めて遊んでいるタイプ。


ただときどき、とんでもなく現実に引き戻されてしまう瞬間に遭遇します。







横浜、某ヘルスにて。
初めての嬢さん。


初めての嬢さんには、だいたい出身がどこかというネタから話しはじめます。
日本全国で45都道府県に行った経験があるので、とりあえず土地のハナシはできますので…。

いつもどおり、カギカッコじゃないほうが小生です。


―もともと横浜のコ?
「いえー、千葉です」
―あ、千葉、いっしょだ
「えー、ホントですか? 千葉、どこですか?」
―○○ってとこなんだけど、知ってるかな?
「あ、知ってますよ。私、△△(隣ではないけれど、比較的近く)です」
―おお、近いねー
「元カレが○○の人ですよ」
―おおー


なんてカンジで盛り上がります。

このとき、嬢さんも盛り上げようと、ハナシを合わせに来ている可能性もあるので要注意なのですが。
この嬢さんは違いました。

小生の出身の街についていろいろ知ってるんです。( ̄∇ ̄;
しかもごくごく狭い地域について。


―けっこうカレシの家へ遊びにいったね?
「いきましたよー、何回も泊まりにいってますし」
―おれはもう離れて何年も経つから、××ちゃん(嬢さんの源氏名)のほうが知ってるかもね
「えー、そうですかねー」


小生の知らない、小生のふるさとのハナシをフーゾク店で聞かされる。(笑)
どんなプレイだ。( ̄∇ ̄;


そして、ハナシの中で嬢さんが聞き捨てならない一言を…。


「カレの家が、植木屋さんなんですよ」


む。

むむ?

嬢さんの詳しい場所に、植木屋さんは知っている限り一軒しかないぞ…。


―ねえ、ひょっとして、元カレの名字はNさん?

「え、バレましたか?」


そしてそのあと、驚愕の事実が!



―植木屋のコドモ、おれの同級生だよ。N.Dっていうんだけど…

「ああ、Dさん。カレのお父さんですね」


同級生のコドモの、その元カノジョにフーゾク店であんなコトやこんなコトされてしまうって。( ̄∇ ̄;

現実に一気に引き戻された瞬間でした。


スポンサーサイト

コメント

現実と非現実

今年に入ってから、いい歳こいて
アニメ視聴にハマっているため、「現実と非現実」
の感覚に、すごく共感できます。

2Dのありえない世界に没頭することで、現実世界の感覚を排除して
純粋な気持ちになれたり、素直に感動できたりします。

ですが、ストーリー内容がリアルであったり、登場人物が自分と同じ名前だったりすると
一気に現実を意識させられます。
それで冷めてしまうこともありますが、より深く感情移入できることもあります。

今回のSさんの場合はどちらだったのでしょうか(笑)気になります。

こんにちは

何時も楽しく拝見させて頂いております。
また、いつもご訪問ありがとう御座います。
今日・・勝手ながら
リンクさせて頂きました。
これからも、宜しくお願い致します。
  • 2011/08/04 (木) 10:22 ★
  • URL ★
  • 一攫千金
  • [ 編集 ]

その偶然は結構こわいかも~~^^
  • 2011/08/04 (木) 15:06 ★
  • URL ★
  • よっちママ
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

へぇ~こんなことってあるんですね。
同級生の娘でなくて良かったです。(^_^;)

ホント、どこで知り合いがいるかわからないです。
悪いこと(Sさんがしてることじゃないですよ)はできません。

★ にゃんたさん
こんばんは。
そうですね、現実に引き戻されるコトで、より強い感情移入も全く逆の感情も起こりえますね。
今回は残念ながら後者でした。(笑)
でも、同級生の奥さん(こちらも同級生)の中学時代を思い出して、かえって燃えたりして。( ̄∇ ̄;


★ 一攫千金さん
こんばんは。
リンクしてくださり、ありがとうございます。
しょうせいはいつも読み逃げばかりで申し訳ありません。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。


★ よっちママさん
こんばんは。
盛り上がったのですが、後になってみると怖さはありますね。( ̄∇ ̄;
小生、フーゾクでこういう人間関係のニアミス多いんです。
近くのコンビニでレジ打ってる女のコが出てきた、とか。


★ 名無しさん
こんばんは。
おお、いいカンジでヨッパになっていらっしゃいますね。(o^-’)b
ホント、世間って狭いですよー。
実際、知っている女のコが出てきたのも何度かありますし。


★ 蜩さん
こんばんは。
同級生の娘だったら、それはそれで燃えちゃうかもしれません。( ̄∇ ̄;
でも現実に思いっきり引き戻されるでしょうね…。
世間の狭さは、こういう遊びしてると痛感しますね。


・・・私も、

現実捨てきれない方のヒトかな?

カレも植木屋さんだったりします!?



地方は違うけどね。


  • 2011/08/08 (月) 21:29 ★
  • URL ★
  • aoi
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。