スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞回顧 

皆様こんばんは。

秋華賞があり、やっと秋競馬らしくなってきたように感じております。
競馬はけっこうマメにレース改編があり、厳密に言えば、今日の秋華賞でさえ、まだ小生の中では新しいレースという感覚。
ですから「まだ、なんとなく」秋競馬という程度です。

来週の菊花賞あたりから本格的な感じがしてくると思っておりますが。
それでも菊花賞の後に天皇賞というのには、感覚がまだ慣れておりません。( ̄∇ ̄;

こうなってくると、れっきとしたオッサンですねぇ。(笑)
時代の流れについていけない。( ̄∇ ̄;


秋華賞を勝ったのはアヴェンチュラ。
昨年の冬、この世代ではいちばん強い牝馬だろうと思っていたのを忘れておりました。(笑)

昨年の阪神JFで買っていたんですよねえ…。


馬券自体は、2着馬の複勝を持っていたのでOKなのですが。
昨年のそういった記憶が曖昧になってきているのが悔しいところです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。