スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お節介 

皆様こんばんは。

戻ってきても意外と忙しいコトに気づいてしまいました。

気づかずに生きていけるものなら、極力気づかずに生きる。
これは小生のモットーのひとつなだけに、イヤな気分です。


さて、先週の土曜、茨城で後輩の結婚式に参加してまいりました。
スピーチつき。( ̄∇ ̄;

いちおうスピーチを頼まれた際には、断りを得てから「バツイチのわたくしが祝辞を申し上げるのも…」なんて言ってます。
地雷もいいとこですが。


そうすると、けっこうな確率でお節介ババアにのちほどつかまります。

まあなんだ、あの、「比較的行き遅れ気味の女性を紹介して差しあげるわよ、ワタシって親切でしょ」オーラたっぷりに。
バツイチというとやっぱり価値が低いから、そういう女性でも引き取るべきなのよ、なんてコトをオブラートに包んで言ってきやがります。( ̄∇ ̄;

小生もまあ、そういうのには慣れているので、にこやかに交わすようにしております。
だいたいお嬢いるってのに。

スピーチの後、トイレに出て戻ろうとしたところをつかまりました。(笑)


「アナタに合いそうな女のコ知ってるのよー」
―あー、そうなんですかー  ← 聞く気ナシ(笑)
「○○短大(聞いたコトない)出てて、今は修行中なんだけど…」
―はあ、ニートですか?
「……、あんまり失礼なコト言わないでちょうだい」
―いや、でもそれってニートでしょ?
「何よ、せっかく紹介してあげようとしてるのに!」
―あー、残念だけど、おれ、相手いますからね
「見栄はらなくたっていいのよー」
―おめぇに見栄張ったってしょーがねーだろーが


半笑いでここまでやり取りしていたのですが、次のババアの一言にキレちゃいました。


「そんなオンナより、ウチの○○ちゃんのほうがいいコなんだから!」

要はババア、自分の娘の売込みに必死のご様子。
でもまあ、お嬢のコトを「そんなオンナ」呼ばわりされたのにキレちゃいました。

ねえ、会ったコトもない、人様のパートナーを「そんな」ですからね。

たぶん、その辺に何か手ごろなものがあったら投げてました。
きっと大リーグでも通用しそうなスピードが出せたに違いありません。


不穏な空気を察したのか、逃げようとするババア。

「てんめえ…」と言いながら向かっていく小生。


瞬間、小生の後ろから人がやってきて、「申し訳ありません!」と。
新郎だか新婦だかの親族と思しき方がやってきて、小生にアタマを下げてます。

そしてその人が、ババアに向かって、強烈な右ストレート一閃。

「おい、てめえ、まだわかんねえのかよ!」
「こんなとこでまで人様に声かけまくってよ!」
「だいたい、あの姉貴が人様とつき合えるわけねーだろうが、現実を知れ!」

なにやらいろいろ言いながら、倒れたババアの顔面蹴ってました。
うーん、聞いたところ、ババアの息子さんか。

とりあえず、息子さんを制して。
お祝いの席だしね、と、さっきまでキレていた小生もドン引き。( ̄∇ ̄;


ババアは式場に人に付き添われて、最後まで出てきませんでした。
息子さんには最後までアタマ下げられまくって。

バカな親もつと、コドモは苦労しますね…。
ただ最後まで、「あの姉貴」と呼ばれていた人が誰だかは判らず。


夜になり、新郎(後輩)から丁寧な謝罪TELをもらいました。
聞けばババアは新婦叔母で、引きこもりの娘を嫁がせようとしているのだとか。

新婦も本当は式に呼びたくなかったらしいのですが、親の付き合い上どうしようもなかったらしく。
わざわざ電話変わって謝ってもらいましたが、ふたりのせいじゃないですからねー。

「気にしないでいいよー」と応えたものの、きっとあのババアは懲りずに続けるんだろうな、と考えてしまいました。


スポンサーサイト

コメント

なかなか香ばしいアフォ婆ァですな(゚∀゚)
  • 2011/11/16 (水) 08:20 ★
  • URL
  • ハリネズミ
  • [ 編集 ]

こんにちは。

うわっ!!最悪ですね・・・。

<倒れたババアの顔面蹴ってました。

息子さんがですか?そりゃ、引きますよね~。でも考えようによれば、S様の手を汚させずに、身内の恥に対して鉄槌を加える息子さんって、語弊が有るかもしれませんが、私にはまとも?普通?に思えてしまいました。

読売グループも鉄槌が必要かと・・・。

失礼しました。
  • 2011/11/16 (水) 10:07 ★
  • URL ★
  • 元中小owner
  • [ 編集 ]

怖い。
人のパートナーをそんな呼び方するくらい、ババアは切羽詰まってたのでしょうか。
無理矢理家から嫁がせて追い出したかったのかな。
そういう娘に育った要因は、少なからず親のせいでもあると思う。
あたしの母親を見てると、痛いほど自分が娘なんだと実感してしまう自分の癖や性格。二の舞にならぬよう生きてます。
  • 2011/11/16 (水) 12:21 ★
  • URL ★
  • ぶぅ~
  • [ 編集 ]

お婆さまも病んでらっしゃる?!

こんばんは。
何か今の日本の世相を垣間みるようなエピソードで、哀しくなりました!
一体どれくらいの数の半分病気、大方病気の方々がそれぞれの家の中に隠されているのか。。。この辺りにも助けの手が入らないと、更に悲壮な事件が起きそうな予感です。
  • 2011/11/16 (水) 19:40 ★
  • URL
  • yokoblueplanet
  • [ 編集 ]

ほお~よかったです、手を出さずにすんで

そんなんだから娘が引きこもるんだろうねえ
親が親なら子も子、と

ああ~私も気をつけないといけなせんねえ
本人は気がつかなところあるもんです
うふふ
  • 2011/11/17 (木) 20:18 ★
  • URL ★
  • ミカヱルル
  • [ 編集 ]

その失礼極まるババア、まるでうちの母親そっくりです。慇懃無礼、言って良い事と悪い事の区別がつかない、常に世界の中心は自分・・・。人に物事を無理矢理押し付ける点も・・・ああ、世の中にこのような恥知らずがまだいると思うとうんざりですわ。
  • 2011/11/17 (木) 21:55 ★
  • URL
  • クイーン・レオナ
  • [ 編集 ]

皆様こんばんは。
ご返信が遅くなりまして申し訳ありません。

★ ハリネズミさん
香ばしい、って表現がピッタリくるババアでしたね。( ̄∇ ̄;
息子さんがかわいそうでした…。


★ 元中小ownerさん
息子さんも限界だったんだと思うんです。
ただ顔に思いっきり蹴りが入ってたので…。( ̄∇ ̄;


★ ぶぅ~さん
きっと自分の娘が結婚「できない」なんて思いたくなかったんだろうなあ、と推測してますが…。
きっと甘やかして育てすぎたんじゃないか、なんて思ってしまいますね。


皆様こんばんは。
ご返信が遅くなりまして申し訳ありません。

★ yokoblueplanetさん
おっしゃるように、そういう人はいっぱいいるんでしょうね…。
でも親が現実を見つめなければ、結局娘さんはかわいそうだとも思うんですよ。


★ ミカヱルルさん
まあ、さすがに小生も手は出さなかったと思いますよ、何か投げたかったですが。(笑)
きっとあの調子で、娘のやるコトなすコトに、顔を突っ込みすぎたんじゃないかなあ、って思ってます。


★ クイーン・レオナさん
自分が悪いなんて、1ミリも思っていないフシがありましたね。
いいオトナが、分別もつけられないようでは、下の世代に悪影響が強まってしまいます…。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。