スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備 

皆様こんばんは。

シゴトに取り掛かってから仕上げるまでが速い、と思われがちです。
ですから、同業が仕上げられなかったシゴトを、無茶な期間で仕上げるコトを要求されるのが廻ってくるコトがままあります。

たとえば、どう考えても10日はほしいところ、3日で仕上げてくれ、とか。
もちろんその分報酬も上がりますけれど、ムリなものはムリ。( ̄∇ ̄;

そう断ると、「いつもそんなもんで上げてるでしょ」と言われて食い下がられるのですが…。


速いのはとりかかったように見えるところからなんですよね。
この、とりかかったように「見える」というのがポイント。

とりかかる前に、念入りに計画立てて構想を練っているんですもの。
計画を立てるところからシゴトだと小生は考えているのですが、どうも人様には伝わらないようで。

言うなればウサイン・ボルトは、100メートル走っている9秒間だけがシゴトなのか、というコトなんですけれど。
ベストパフォーマンスを発揮するために、さまざまな練習や準備を経るワケじゃないですか。
それと同じコトだと小生は考えているのです。


若いころからそう思われ続けています。

大学の卒論も、期限2日前まで書き始めてはいませんでしたし。
でもそれまでに資料を集めたり、アタマの中で論を組み立てているワケです。

友人に「どこまで書いた?」とか聞かれると、まだ書きはじめてないよ、と答えるしかありません。
そうすると人様の目に見えるのは、小生が書き始めたところからですから、「Sは2日で卒論を仕上げた」と言われたものでした。

現在だと、1日2時間くらいしかシゴトに向かっていないように見えるんでしょうね。
そのために、前述の無茶な要求がやってくるんです。


はい、先日書いた喪中の人が遅れまくっているせいで、小生に対する期限がヒドいコトになってます。( ̄∇ ̄;
まああらかじめやると決まっていたものは、構想を作ってはいるのでなんとかなりそうですが。

ここへ来て新規で無茶な期限には応えられるワケもなく。

件の人とはもうシゴトできませんね、これで。



スポンサーサイト

コメント

お疲れ様です!

まったくもって同じ考えです。
実際に仕事に取り掛かる以前の段取りがいかに重要かと。
段取り8割で仕事が決まると思っております。
もう少し理解してくれ~、って思いです(汗)
  • 2012/06/09 (土) 11:20 ★
  • URL ★
  • おやぢパパ
  • [ 編集 ]

こういう、無理なものは無理と言っても食い下がる人が増えればいずれ日本は滅びると思いますけどね
疲弊してしまうもの
色々大変でお疲れ様です

★ おやぢパパさん
こんばんは。
そうですよ、段取りが決まった時点で、ほとんどシゴトとしては終わってるんですよね。
理解してくれない人が多くて困っていたので、同調してくださってうれしく思います。

★ xxさん
こんばんは。
喪中のところでも語りましたが、結局は思いやる気持ちに欠けているんですよね。
思いやりと言う文化が廃れるのは喜ばしいコトではありません。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。