スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代 

皆様こんばんは。

今いる事務所の最年少は平成5年生まれ。
つまり今年19なのですが、厳密に言えばまだ高校生で、通信制に通いながら仕事を覚えている最中です。

女のコでして、彼女たちの世代はいわゆるゆとり世代と呼ばれますね。
何かあると「ゆとり」「ゆとり」言われて叩かれますが、まあかわいそうに思う部分もあります。

世代のモンダイもあるのでしょうが、多くは家庭のモンダイなのではないかと。

彼女はときどき、とんでもない行動をとってくれたりします。

いちばん気になるのはタメ口でしょうか。
事務所内はどーでもいいんです。
でもシゴト相手からの電話に敬語をまるで使えない様子を見ていると、どんなもんだか。

やっぱり親に怒られて育ってきていないらしいです。
ですからさまざまなコトを知らないんですよね。

そういう点では救いようがあります。
言えば覚えようとしてくれるので。
スナオではあるんです。


そんな彼女、今日は突然、小生の机においてあった、小生のケータイを手に。( ̄∇ ̄;

―なに?
「どんな待ち受け画像なのかなあ、って思って」


それだけの理由で、無言で持っていこうとするワケです。( ̄∇ ̄;
聞けよ、ってハナシですけれどね。

そういうのは失礼だし、まずは聞いてみないとコミュニケーションが成立しないよ、と言えば「そうなんですね、ごめんなさい」とスナオに言ってくれます。
謝ってくれたので、待ち受け画像は見せてあげました。(笑)


でも彼女、ここまで来るのにちょっと時間かかったんですよね。
姿勢はスナオなのですが、学習能力がなくて。
小生がボスの代わりとしてこの事務所に来たとき、真っ先にどうにかしようと思ったのが彼女です。

物事を知らない → 教える → 「次はがんばります!」 → 同じ過ち(T_T)

こういう流れを何度も繰り返しまして。( ̄∇ ̄;
何がモンダイなのかいろいろ考えたところ、ふたつの問題点に気づきました。

メモをとらない、自分で調べようとしない、このふたつ。
言うなれば「人がなんとかしてくれるだろう」という意識があったんです。

たとえば書類の誤字を指摘すると、「どう書くんですか?」。
調べたらいいんじゃない、と言えば、「えー? 教えてくれてもいいじゃないですか」。

スムーズだと思われる手順を教えても、「はあ」といって終わり。
覚えたの、と聞けば、「たぶん」。

シゴトに「たぶん」はないんだよ…。( ̄∇ ̄;


自分が困る、という発想が彼女には皆無だったように思います。
きっと誰かが助けてくれるだろう、という無意識がどこかにあったんじゃないかと。

でもわれわれのシゴトは個人事業なので、最終的にはだれも助けてくれず。
小生だって、あくまで事務所のまとめ役で、彼女の上司ではないんです。
(事務所の基本姿勢は、あくまで「机貸し」なので)

一度は彼女の親まで出てきていろいろ言われましたけれど、そこで彼女は覚醒したんですね。
スジを通して(いるつもり)話す小生に対して、感情論を繰り返し、挙句の果てに「訴える!」の親でしたから。
カンタンに言えば、「自分の親がオカシい」と気づいたようで。

親は「やめろ!」と彼女に言ったらしいですが、このシゴトをしたい彼女は事務所に残る道を選びました。
今でもバトルは続いているみたいですけどね。
そして現在もなお、いろいろ勉強中です。


ゆとり世代。
学校の学習指導要領の変更からそういわれてきましたけれど、学校の責任だけじゃないですよね。

もっと言えば、学校の責任なんて実はそんなたいしたもんじゃない、とさえ思うんです。
だって、教育の基本は家庭じゃないですか。
親がマトモな教育を子にしてこなければ、そりゃマトモに育たないですよ。

スーパーへ買い物に行くと、親はケータイを一心不乱にいじっていて、近くでチビッコが好き放題に動いてる姿を目にするコトがあります。
騒いでいるチビッコを「ほら、オジサンに怒られるよ!」と周りの威を借りて注意している親を見ることがあります。

コドモより自分、コドモに嫌われるのがイヤ。
親がそういう姿勢じゃダメですよね。


スポンサーサイト

コメント

こんばんは

私もゆとり世代です。平成6年生まれなので…
ゆとり世代だから…ってよく言われますが、親の教育も関係していると思います。スーパーで子供が騒いでいるのに、「ほら、オジサンに怒られるよ!」って叱るのはまだましな方だと思います。
この間なんかは…騒いで走り回っている子供とぶつかって私が「すみません」と謝ったら無視されましたからね…(泣)
親がすべて正しいというわけではない…っていうことにいつ気づくかですよね…気づけば子供も成長できると思います
…と言ってみるゆとり世代でした…!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「メモを取らない・自分で調べない。

あー、よく分かります。
これって 親がいつも先回りしちゃうからですよね。
子供に考えさせながら育てるって
時間がかかるんです。
今時の親御さんは 時間がないのだろうけれど…
  • 2012/06/18 (月) 05:42 ★
  • URL ★
  • キャサリン
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

激しく同意!

おっしゃる通り!激しく同意です。
日本はどこへ行こうとしているのか、どうなってしまうのか。
日本の資本は人であり、教育であったはずなんですけどね・・・。

おはようございます。
初めてお邪魔致します。

全くもって同感です。自分が受け持っている
懇談会の中でも,子ども達のマナーよりも
保護者のマナーが問題になっています。
ただ,懇談会には その対象になるハズの
保護者は出席して来ないから,意見交換しても
むなしいところがあるのですが。
子ども達のためにも,大人があきらめずに働きかけて
行くしかないと思っています。
  • 2012/06/18 (月) 08:35 ★
  • URL ★
  • niraikanai
  • [ 編集 ]

彼女は 一応 救われそうですね(笑)
私も 学校に責任を 押し付ける親・・・・どうかと思います。
だって すべては 親の責任だと思うんです。

職場は スーパーの敷地内にある花屋さん・・・子供連れのお客さん多いですが ちゃんとした親や おばあちゃんと そうじゃない人の子供さんで まったく態度が違います・・・。
親は選べませんからね・・・。
  • 2012/06/18 (月) 16:02 ★
  • URL
  • 花あじさい
  • [ 編集 ]

おっしゃる通りです。

「ゆとり世代」って世間は簡単に言いますが、その世代は日本の教育の実験でしかなかった可愛そうな世代なんだなぁってツル子さんは感じました。
問題はそういう「ゆとり教育」を作りあげた親なんじゃないかなぁって。
「子供を平等に扱って欲しい」という親が作りあげた「ゆとり教育」という事。
教育現場が子供を育てるのではなく結局は子供を育てるのは親や家庭環境なんでしょうねぇ。
そんな世代の若い子を見るとかわいそうに思えてきます。
小さい頃親に怒られるより、他人から怒られた方がいう事を聞いたらしいです。
でも今は親に怒られるのは、怒った他人。
子供は怒られないという悲しい時代ですねぇ。
未だにツル子さんは親から怒られてますけど・・・・(ーー゛)
  • 2012/06/18 (月) 16:30 ★
  • URL ★
  • ツル子さん
  • [ 編集 ]

同感!

こんにちは、

ゆとり世代の子を持つ親です・・・
思えば土曜日がお休みになった
「完全週休2日制」にもなった世代で、
でも、学校の授業だってやりようがあったと思うし
教育制度がコロコロ数年で変わることのほうが
子供にとって悪影響だと思う。
文科省!もっと気合を入れて
子供の教育をどうにかしろとか、
教育費をもっと浮かせる形にしないと
良い人材が生まれないし、のびのびできないような気がする。
人が生きる基本を教えるのは親なんだから
学校は勉強を教えるところでしょう?
何でもかんでも学校に任せて
ちょっと問題が起こったらすぐ先生に
クレームつけたがる親は責任放棄だと思うし。
学校はテーマパークでも、消費者省でもないのだから・・・

そう思いつつ、
うちの子供は大丈夫だろうか?
親にため口たたいても
よそではきちんとしていてほしい・・・
親を見てきているはずだから
他人への態度はわきまえているはずだけど。
  • 2012/06/18 (月) 17:02 ★
  • URL ★
  • aoi
  • [ 編集 ]

「ゆとり世代」って学校が週休2日制になった以外に何がゆとりなのか全くわかりません。
ただ家庭のしつけとは全く関係ないことだけはわかります。

今も昔も家庭で子供に教育すべき事は変わらないと思うんですけどね。
キチンと言って聞かせたこともあれば、日々の生活の中で気がつけば自然に身につけていたこともあります。
コレは一重に普段の親の生活態度ですよね。
子供にとっては親の立ち居振る舞いがその子の常識となっていくのですから。
親の責任は重大なんですが、そのことに気づいていない人もいっぱいいますね。

今まで何人も事務員を雇ってきましたけど、いい年したオバサンでも教えてもらったことをメモしないなんていう人いましたよ。
大体の人がノート持参で来るんですけどね。
まぁ、メモしても覚えられない人もいましたが。
何度も同じミスを繰り返す人、自分で判断せずに何でも聞いてくる人。
責任感がないんでしょうね。
最終的には誰かが何とかしてくれると思ってる。

Sさんは優しいですね。
ちゃんと問題点を見つけて育てようとしてる。
なかなかいませんよ。
自分が恵まれた環境にいるということをわかる日がくるといいですね。
  • 2012/06/18 (月) 17:26 ★
  • URL ★
  • yuyuhaya
  • [ 編集 ]

我が娘も「ゆとり教育」真っ只中で育ちました。
授業から、いろんなものが削除されていき、そんなすっからかんの内容でどうして進学できるのか不安でした。

でも、それと自分で考えなくなった今の若者は違う気がします。
親が教えないからだと言いますが、その親だって自分の親からちゃんとした教育を受けてきて来たんでしょうか?
日本が豊かになって、子どもに目が行くようになると、それまでほったらかしにしていた子どもに手をかけるようになった。
何から何まで親が先に手を出していくと、自然と自分で何もできない人間が出来上がってきます。
そんな人間が子どもを産んで親になったらどうなるかだいたいわかるでしょう。
自分が受けてきてない教育は自分の子どもに教えられないんです。

全ての親がそうだととは思いませんが、その傾向にある親が多いと思います。

そのお嬢さんも気の毒だと思います。

かといって自分が立派な親だとは思っていません。
娘を見てたらよくわかります。
やっぱり手を出し過ぎたんだなぁって。
反省ばかりです。
  • 2012/06/18 (月) 18:34 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

その通り!

おっしゃるとおりですよ。
そう言ってる小生も、気をつけねば。

DEN
  • 2012/06/18 (月) 19:44 ★
  • URL ★
  • DEN
  • [ 編集 ]

同感。

こんばんは。
最終的に、しつけられる事の無かった子どもが一番困るので、成績表をつけなかったり、怒らないのが優しいとかの勘違いは止めにして、小さな頃からしっかり言葉遣いなども教えて欲しいですね。
  • 2012/06/18 (月) 20:39 ★
  • URL ★
  • yokoblueplanetlanet
  • [ 編集 ]

個人的には、やはり家庭で親がきちんと教える事をしたか?
常識、良識を教えたか? だと思います。
良く躾を学校が教えるだろうとかおっしゃる方がいますが、
自分は躾に限らずですが、まずは家庭が基本だと思うんですが....

こういうこと言うと、オヤジ扱いされますけど(苦笑
  • 2012/06/18 (月) 20:53 ★
  • URL ★
  • Mackdaddy
  • [ 編集 ]

そういえば、私はゆとりの世代ですね・・・・・

やはり、大人の人から見れば礼儀がなってないのでしょうか・・・

19歳と言えば私と同い年

私も社会常識やマナー、社交辞令と言ったようなものをそろそろちゃんと身に付けなければいけませんね

社会に恥をかかないために・・・・いえ、親や恩師の先生を辱めないために・・・・・



お邪魔しました〜

  • 2012/06/18 (月) 22:19 ★
  • URL ★
  • シェラ
  • [ 編集 ]

★ カノンさん
こんばんは。
親世代が親になりきれていないんですよね。
はっきり言ってしまえば、カノンさんたちの世代も被害者なんだと思うんです。

★ 名無し1さん
こんばんは。
親や教師に限らず、オトナ世代がいい手本になれていないんだと思うんです。
手本がしっかりしてくれば、それを真似て若い世代も考えてくれる、というのは甘いでしょうかね。

★ キャサリンさん
こんばんは。
考えさせるのって時間かかりますもんね。
それを耐えられずに手を出し口を出してしまうオトナが多すぎるんだと思います。

★ 名無し2さん
こんばんは。
アタマの差、能力の差ってのは厳然と存在しますよね。
もちろんそれだけではないのでしょうが、勉強するコトから逃げないってのはある種の忍耐や社会性につながりますし。

★ takako.t.maruさん
こんばんは。
人脈の中に金脈を探すのが美徳だったのに、今やいきなり金脈探しの世の中ですから。
人間関係は築けない、コミュニケーション不全に陥るのは必然ですよね。


★ niraikanaiさん
はじめまして、こんばんは。
授業参観で保護者がしゃべりまくっていて授業が進まない、というのも聞いたコトがあります。
親でなくても、オトナは若い世代に手本を示していかなきゃいけませんものね。

★ 花あじさいさん
こんばんは。
コドモは親のマネをしますから、非常識な親には非常識なコドモができあがっちゃうんでしょうね。
自分の親がフツーじゃないコトに、早く気づいてもらえるといいのですが。

★ ツル子さん
こんばんは。
子離れできないどころか、古馬なれという概念すら持ち合わせていない親が多いみたいです。
「かわいい子には旅をさせよ」という格言は通用しない世の中なんでしょうか…。

★ aoiさん
こんばんは。
親が親としての責任の取り方を示していないから、子供に責任感が芽生えないんでしょうね。
何かあったら学校のせいにするのは、コドモの成長よりも親のプライドが優先している証拠ですもの。

★ yuyuhayaさん
こんばんは。
恥かしながら小生も、今の役職になってからそういう観点で見るようになったクチです。( ̄∇ ̄;
育てるのは手間も時間もかかりますし、何より自分でやったほうがラクなんですもの。


★ 蜩さん
こんばんは。
蜩さんが反省しているのは娘さんに伝わっていると思うんですよ、それだけ真剣に向き合っているワケですから。
ダメ親は反省すらしないでしょう。( ̄∇ ̄;

★ DENさん
こんばんは。
そうなんですよ、われわれが気をつけるところからはじめないといけないんですよね。
手本にならなきゃいけない世代ですもの。

★ yokoblueplanetlanetさん
こんばんは。
言葉遣いって、一度染みつくとなかなか変えられませんものね。
小さいころから教えていくコトって大事ですね。

★ Mackdaddyさん
こんばんは。
学校のセンセイは科目のスペシャリストですからね。
しつけのスペシャリストじゃない人に任せてもどうにもならないと思うんですよ。

★ シェラさん
こんばんは。
社会常識や礼儀ってのはだんだん身についていくものでもありますし。
ただ身につけようという姿勢が見えない人がいるってのがモンダイだと思うんです。


こんにちは

ゆとり教育って、知識の詰め込みを減らしでできたゆとりの時間を「自分で調べる」「考える」「社会人基礎力を養う」時間に振り当てた改革ですから、それができていないということはゆとり教育がまったく機能していなかったということになります。

お恥ずかしい話ですが、このお嬢ちゃん、同じ19才のうちのムスメのことかと思いました。
教えたことが定着せず、ザルに水を注ぎ入れるような徒労感。
周囲には「怠けている」「やる気がない」からできないダメなやつだと思われる。

この子がそうとは限りませんが、いまの定時制高校には発達障害があって適応が難しいお子さんが多いんですよね。
親が子どもの障害を理解して適切に周囲との関係紡ぎを援助できればいいんだけど、親自身が子どもの障害を認めたくなくて子どもを囲い、守りに入ったケースに近いのかと思います。

でも、子どもは子どもなりに伸びたいんですよ。
怒られても否定されず見捨てられずここで仕事していいっていってくれるSさんの事務所は、その子にとっては親を振り切ってもいたい場所なんじゃないかな・・。
うちのムスメは居場所を探してメイド喫茶に着地しました(爆)

シゴトが慈善事業じゃないのはわかりますが、なにとぞよろしくお願いいたします(ぺこり)。

  • 2012/06/20 (水) 13:00 ★
  • URL
  • ちかおばちゃん
  • [ 編集 ]

ゆとり世代に限らずですよ~。
後に控えている、現在の中学生・小学生世代も違う価値観で育ってるなぁ~と感じることがたくさんあります。私たち大人の作った価値観を映しているだけなのでしょうけれど、先を考えるとかなり不安になります(-_-;)
義務教育以前の家庭教育力は大きいですよね。そういう私も、自分の子育ての結果が出るのはもう10年も先ですから、なんとも言えない立場ですが(^_^;)

★ ちかおばちゃんさん
こんばんは。
なるほど、コドモのありのままを認めたくないがために、親がしゃしゃり出てやってしまうんですね…。
個人事業って、良くも悪くもダイレクトに結果が出ますから、彼女は冷静に自分自身を見つめているようにも思えます。

★ ゆうさん
こんばんは。
価値観は難しい問題ですよね。
世代が変われば違ってくるのが当たり前ですし、正解や間違いでくくれるモノでもないですからね…。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。