スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町名 

皆様こんばんは。

月に1~2度ですが、東京のど真ん中でシゴトするときがあります。
シゴトといっても、関わっているオフィスを廻って、上がっている部分を集めて、小生が最終まとめ先まで持っていくというものですが。

12070606.jpg

東京のど真ん中といったら、ここだと思うんです。
道路の基点ですからね。

日本橋の近くでひとつ預かって、次へ。
次はここ。

12070608.jpg

人形焼で有名な人形町ですね。
ここにもオフィスはありまして、ブツを預かったらちょっと買い物。

12070609.jpg

ステキな店構えの「ちどり屋」さん。
手ぬぐい中心の、和雑貨のお店。

さすがに中を撮らせていただく度胸はないのですが、中の雰囲気も売っているモノもステキ。
買いませんでしたが、もうスカイツリー柄の手ぬぐいが数種類売ってました。

次の目的地へ向かって自転車を走らせていくと、こんな地名が。

12070613.jpg

日比谷線の駅でもありますけれどね、小伝馬町。
駅はありませんが、隣は大伝馬町です。(o^-’)b


ちなみに人形町、小伝馬町、大伝馬町。
実は全て、町名としては、日本橋人形町、日本橋小伝馬町、日本橋大伝馬町となっています。

日本橋一帯は「日本橋○○町」ってのが多いんですよね。
しかもそれぞれの町が狭い。( ̄∇ ̄;
路地ひとつで町名変わったりしますし。


これ、区はまたぎますが、隣の神田も同じなんです。
「神田○○町」ばっかり。

古本街で有名な神保町も、住所的には神田神保町ですし。
神田でも日本橋でも、いちばん狭いあたりは50人も住人がいないんじゃないでしょうか。

こんな街もあります。

12070616.jpg

由来が気になります。
ちなみに神田南乗物町はないそうです。( ̄∇ ̄;


スポンサーサイト

コメント

町の名前って、江戸時代の時の地名が
そのまま残ったままやったりますからね。

八重洲は江戸時代に漂着した外国人、ヤン=ヨーステンの
屋敷があったことから付きましたし、
有楽町は織田信長の弟の織田有楽斎の屋敷が
あったことから付きましたしね。

地名の由来は調べてみると、「へぇ~」ってなりますw
  • 2012/07/07 (土) 22:45 ★
  • URL
  • シュナイダー
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ シュナイダーさん
こんばんは。
やっぱりどこの街にも、町名の由来があるもんなんですよね。
そういうの調べていると、気づいたら一日が終わっているコトもあります。(笑)

★ 名無しさん
こんばんは。
リンク、ありがとうございました。
相互に関しては今しばらくお待ちください。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。