スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本命 

皆様こんばんは。

内村選手の圧勝劇、スゴかったですね。
もうコトバもなく、ただただ見とれてしまいました。

日本どころか世界中でド本命背負って、あれだけの堂々とした演技。
サムライですよ。

日本の体操が世界でいちばん美しいコトを世界に伝えたかった。
そう言っているのを聞いて、日本人として彼の体操を見られたコトを誇りに思います。


バドミントンで、作戦の一環として負けるように試合を運んだチームが失格になって大騒ぎです。
スポーツマンシップにもとる行為だとか。

作戦のために主力を温存して2位通過になったなでしこジャパンと何が違うんでしょう。
無気力だったのがモンダイだというのなら、シュートしないように選手に指示していたチームプレイもリッパな無気力だと思うんです。

金メダルが目標になるからこういうコトが起こり得ます。
オリンピックってそういうものでしたっけ。


柔道がJUDOになってしまって、判定ばかりで一本で決まる試合が少なくなって面白みに欠ける。
それも金メダル狙いだから、チカラとチカラの勝負よりも、優位に運べる策を練っただけですよね。

姑息とも思える手段で獲った金メダルより、負けてもチカラ勝負が見たい人は少なくなってしまったんでしょうか。


体操の田中選手。
水泳の北島選手。
卓球の石川選手。
フェンシングの太田選手。

本気で勝負に臨んで負けてしまった選手に、観客は温かいですよ。

だからこそ、全力で勝負にいって金メダルを獲得した柔道の松本選手は一躍ヒロインじゃないですか。

ですから欲を言えば内村選手にも、鉄棒でひとつ抜かしたワザにトライしてもらいたかった、というのは少なからずあります。
ただ「美しさ」にこだわった結果、予定を変えたなら納得はできます。


古くなりますが長野オリンピック。

クロスカントリーで圧倒的な強さを見せた金メダル選手(ビョルン・ダーリ)が、最下位の選手(フィリップ・ボイド)をゴールラインで出迎えて抱き合ってました。
最下位の選手は雪とは無縁の国から出てきた選手だったんです。

そういう、王者が王者らしい振舞いを見せてくれるところにスポーツマンシップを感じ、見ている側は心を揺さぶられると思うんです。
今回のオリンピックをつまらなく感じてしまうのは、本気勝負をあまり見られていないからかもしれません。

本気の勝負が見たいです。
メダルの数なんてどうでもいいです。



スポンサーサイト

コメント

Sさんの記事を読んで

思わずうるうるきてしまいました(;ω;)
そうなんですよね。
あのバドミントンの無気力試合はひどかったし。
(しかし、そんな中で中国の選手が引退宣言したことに
泣きそうになりました。きっと不本意だっただろうなと)
今回は審判のレベルの低さ。
判定が覆るなどあってはならないことが多くて。
元々覆るような判定を起こすことがおかしいのですが、
そんな中、選手たちの真剣勝負に涙します。
せっかくオリンピック出場機会があったんだから悔いなく
頑張ってほしいです(^^)
  • 2012/08/03 (金) 08:56 ★
  • URL
  • igaiga
  • [ 編集 ]

ロンドンオリンピックは何かと問題が浮上してますね。

あのバトミントンの無気力試合はヤバかったすね^^;
それに審判の誤審とかもあって、ブーイングも多いですし。

しかし、内村選手が逆転的に金とったのは凄かったすね^^
  • 2012/08/03 (金) 09:15 ★
  • URL
  • シュナイダー
  • [ 編集 ]

サッカーは、
点を取りにいかない=本気ではない
って競技ではありません。
スタミナの配分を含めた試合の流れの中で、しっかり守る時間帯、リスクを冒しても点を取りにいく時間帯ってものがあります。
全力で走るのを競う競技ではなく、そういった戦略を競う競技でもあります。
また、本来は週に2試合でも過密日程と言われる競技。
オリンピックでの試合日程は異常。
全試合主力で挑めば、本気で死人が出ます。
こういった日程では移動による疲労も考慮したり、決勝までの6試合のどこで誰を休ませるのかもチーム全員の力が問われ、監督の戦略が問われる競技なのです。
マラソンで、100m走のような全力疾走ができないのと一緒。
無気力と言われては、選手も監督もかわいそうです。
狙って引き分けるのは勝つこと以上に難しいし、選手達は本気でプレイしているように見えました。
しかしサッカーは見る人によって全然見え方や感想が違うところも自由度の高い競技であり、魅力だと思います。
  • 2012/08/03 (金) 11:27 ★
  • URL ★
  • サッカーファン
  • [ 編集 ]

メダル獲得は素晴らしいことですが、
銀や銅で過剰反応するメディアにも問題があると思います。
試合結果よりもメダルを取ったか取らないかだけを報道されているような。

なでしこの試合は、本当にストレスがたまりました。
本当に酷い試合だった、メダル取るためなら何をしても良いのかっていう感じでした。

あの試合に初めて出られた選手は、あんなプレーをさせられるために代表に呼ばれたんでしょうか?
代表のユニフォーム着て、あんなプレーさせられる選手の気持ちを考えてほしいと思います
  • 2012/08/03 (金) 14:39 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

同感です。
全力で戦うから負けても勝っても観客は満足すると思うんです。
バトミントンもそうですが、なでしこには正直がっかりしました。
主力選手の温存はまだ許せても、ゴールしないように指示していたって、は?って感じです。相手の国にも失礼です。
柔道もほんと、昔の方が面白かった。一本勝ちって見ていてスッキリする。
そうですね、だから今回のオリンピック楽しくないんですね。
  • 2012/08/03 (金) 23:29 ★
  • URL ★
  • betipa
  • [ 編集 ]

こんばんは。

私の住んでいるスイスは、まだメダルが穫れていません。でも、どの種目でもみんな全力で戦っていました。
そして、今日、ようやく少なくとも銀メダルに到達した、テニスのロジャー・フェデラー。体力温存なんて言葉とは無縁の死闘でした。よく頑張ったと思います。ここまでやってくれたらメダルなんかどうでもいい、そういう試合でした。

オリンピック精神「参加する事に意義がある」はすでに建前になりつつありますが、見ていてがっかりするようなメダルの取り合い大会にだけはしてほしくないと思いますね。
  • 2012/08/04 (土) 03:55 ★
  • URL
  • 八少女 夕
  • [ 編集 ]

移転のお知らせっ

お久しぶりです!
「あなたのそばに」の
はるかです!


ある事情でこれからは
こっちのブログで
運営していこうと思います!

管理人の名前は「ハニー」です!
名前違っても
びっくりしないでくださいね(笑)

http://honey281.blog.fc2.com/
  • 2012/08/04 (土) 13:40 ★
  • URL
  • ハニー(元はるか)
  • [ 編集 ]

Sさんの仰るとおり。

本気の試合を見たいですね。

こっちだって本気で応援してるんですもの。
  • 2012/08/04 (土) 21:15 ★
  • URL
  • キャサリン
  • [ 編集 ]

JUDO

日本柔道はこれから改革されるでしょうが、
あのレスリングまがいのJUDOを目指して欲しくないですね。
しっかり組んで技を出して一本をとる柔道、
外国人の力任せの柔道に負けない力をつけて欲しいと思います。
  • 2012/08/05 (日) 22:05 ★
  • URL ★
  • ぼんびーライダー
  • [ 編集 ]

参加することに意味がある!!

確かに今回のオリンピックはいい試合にはイギリスの観客は温かい拍手やエールを送ってくれるって見てて気持ちがいいですよね。

それと比べてあの無気力試合で失格になったバドミントンの報道をみたときは、「スポーツマンシップにのっとり!!」っていう選手宣誓はオリンピックでもいうべきだと思いましたねぇ。

なんだか見てて気持ちがいい試合を見たいですがぇ・・・。
  • 2012/08/05 (日) 22:48 ★
  • URL ★
  • ツル子さん
  • [ 編集 ]

コメント出尽くしてる感もありますが、審判の問題もありますよ。
判定がひっくり返ったボクシング。
どう見てもダウンを奪っているのに、選手を起こそうとするレフリー?
それ1ラウンド中に何回もやったらブーイングの嵐になるでしょう。
買収されてますね。これも深刻な問題です。
  • 2012/08/06 (月) 00:14 ★
  • URL ★
  • ktpage
  • [ 編集 ]

はじめまして

今大会は何か今までとは違う意味で、考えられない事が目立っていますね。無気力試合、抗議で覆る、誤審(今までもあったのかもしれませんが)そういう中で、団体での不振等、かなりの重圧をはねのけて見せた、内村選手の個人総合の演技などは、日本の演技が住む場所柄あまり観れない私にとっては、思わず歓声を上げた瞬間でした。アメリカ人の実況中継者も、賞賛していました。

入賞に出来なくてもあそこの舞台でプレーしていること事体がすごい事だと思いますから、だから、物議が出ているような事で泥を塗ってほしくないですね。

★ igaigaさん
こんばんは。
審判よりジュリーが信頼されてますからね…。
買収されている審判もいたし、オリンピック精神はどこへいってしまったんでしょう。

★ シュナイダーさん
こんばんは。
とにかく本当に問題が多いオリンピックですね。
選手自身にモンダイがあるならともかく、選手以外に要因があって、選手のがんばりに水を差すようなコトがあってはならないと思うんです。

★ サッカーファンさん
こんばんは。
戦術や戦略というものは、サッカーだけでなくどの競技にもあるコトだと思いますよ。
100mだってボルトは予選や準決勝では流しますし、それをサッカーでは認めて、引き分けのないバドミントンでは「無気力」の一言で片づけてしまうのであれば、それこそバドミントンの選手がかわいそうです。
ですから今回は競技のモンダイというよりも、組み合わせだとかのルールを作る側の問題なのではないでしょうか。

★ 凜さん
こんばんは。
いちばんはそこなんですよね。
金メダル症候群というか、金を取らなきゃいけない、という風潮を作ってしまっているメディアの責任は大きいと思っています。

★ betipaさん
こんばんは。
柔道は国際連盟の理事に日本人が選ばれなくなってから"JUDO"となってしまい、武道「柔道」とは別のスポーツになってしまいました。
容赦なく関節を極めにいけるなんて、日本古来の精神からはすっかり乖離してしまっています。

★ 八少女 夕さん
こんばんは。
参加できるだけで喜ぶ選手や国がいる一方、金メダルが取れなければ悲しんでいる選手や国が…。
オリンピックでさえ、各国の威信や沽券を賭けた戦いになってしまっては、とてもとても純粋に楽しめませんよね。

★ ハニーさん
こんばんは。
ご連絡ありがとうございます。
今後はそちらへうかがうようにしますね。

★ キャサリンさん
こんばんは。
どうもその「本気」の定義が異なって来ているようにも思えるんですよね。
フェンシングの太田選手が団体戦で見せた、残り2秒からのポイントこそが「本気」だと思うんですけれどね。


★ ぼんびーライダーさん
こんばんは。
柔道なんて組み合ってこその勝負なんですけれどね…。
今は組み合わずに、いかに組み合おうとしていたかのアピールで勝負が決してしまうんですから、やっぱりあれは"JUDO"なんですよね。

★ ツル子さん
こんばんは。
観客のマナーを見ていると、さすが紳士の国という感じがしますよね。(笑)
勝っても負けても、見終わったあとに爽快感が味わえるのがスポーツだと思うんですけれど…。

★ ktpageさん
こんばんは。
審判の資質は大きなモンダイですね。
ボクシングはもちろん、柔道でも旗判定になったとき、他の審判の挙げた方を見て合わせているヤツの多いこと…。

★ tontanさん
こんばんは。
内村選手のように、国内外から期待されていた選手が、期待通りの活躍をみせてくれると、世界中が盛り上がりますね。
そういうシーンを増やすためにも、選手以外のところで物議をかもすようではダメですね。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。