スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再建 

皆様こんばんは。

以前ニュースで流れたこの映像。
見覚えのある方はいらっしゃるでしょうか。




津波被害をモロに受けたにもかかわらず、「大丈夫です」とおっしゃるオジさん。
このオジさんの一言に、パワーをもらった方は多いのではないでしょうか。

決して大丈夫じゃないはずなのに。
それなのに、笑顔で「大丈夫です」。

あまつさえ「また再建しましょう」と、力強く。


「また」再建なんですよね。
というコトは、以前にも再建した経験がある、と。

それは戦争かもしれませんし、チリ地震の津波かもしれません。
経験者が語るこの一言に、震災直後の日本が勇気づけられました。


本当に勇気のある人ってのは、こんなふうに街中にいるのでしょう。
己の利権や政局ばかりを考えている、国会議事堂の中には残念ながら見当たらないような…。


このオジさんがご病気で亡くなったそうです。

オジさんの気概を、遺志として受け継がなくてはいけない。

そんな気がしております。



スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

おじさん 亡くなったんですか。
私たちが 見習わなければ いけない心の人 残念です。

本当に おっしゃるとおり 今の時代ほど 政治に 失望したこと
なかったように 思います。
情けなくて 被災地のことを思うと
日本は どうなるんだろう なんて 考えてしまいます。
  • 2012/11/01 (木) 23:30 ★
  • URL ★
  • ピオーネ親父
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同感。

こんばんは。
残念ですね。おじさんも心残りなことが多々あったでしょうに。。。
昨日も今日も日本の原発問題に関して聞く耳を持つ人たちと合間に話していました。1人は年配の女性、もう1人はカナダからの研究者。日本には4ヶ月ほど滞在するそうで、18ヶ月の子連れ。原発に関する情報は皆無と云って良い状態で、現状を知り、かなり混乱してました。今の所、奥さんとお子さんは比較的安全な場所にいるのでいますぐどうこうということはありませんが、安全な食糧やミルクを調達しなければならないので、日本人の知人友人の助けを求めるようにとしか云えないことが悔しいですね。
本来は国がしっかり管理しなければいけない問題なのに、地震/津波の被災者も原発被災者もほぼ放り出したまま。このままで良いはずがありませんから、どんなに小さなことでも一人一人が出きることからどんどんして行かないとどうしようもなくなってしまうと。。。
ぬまゆさんがブログで突然死が増えていると書いておられました。セシウムは筋肉に蓄積されるので、筋肉からできている心臓も同じ結果になりますから、これから子どもたちの甲状腺問題から始まって、このまま放置されることになれば、更に難しい病気が多発すると推測されます。困った状態です。
  • 2012/11/02 (金) 00:57 ★
  • URL ★
  • yokoblueplanet
  • [ 編集 ]

★ ピオーネ親父さん
こんばんは。
誰のせいにもせず、ただ前だけを見てのコトバだったと思うんです。
忘れかけている日本人の美学を見たような気がしたんですよね…。

★ 名無しさん
こんばんは。
インタビューの最後のほうで、奥さんも「再建しましょ」っておっしゃってるんですよね。
この強さは一体どこから来るんだろう、とフシギでなりません。

★ yokoblueplanetさん
こんばんは。
オジさんが我々に託していかれた、と考えたら、ヘコたれるワケにはいきませんね。
国はこの期に及んでも政局を見据えた駆け引きばかりで…。


泣いた;

こんばんわ。

遅ればせながら
ヨメさんの記事読ませて頂きました

泣きました;;

そう言う事実があったんですね
Sさんはいつも人嫌いだとか好かれたくないとか
ブログに書いているけど
実はSさんの周りの方々は皆さん優しく愛情を持って
Sさんの事が大好きな感じがしますよ

色々な困難を乗り越えて来たからこそ
Sさん丸ごと受け入れて愛してくれるお嬢さんとも出会えたんですし
それがご褒美じゃないでしょうか
これからの未来にも素敵なご褒美が待ってますよ、きっと!
(私はそう思って生きてます)

朝、『ヨメさんが起こしてくれた』日にやっとヨメさんも旅立てたのだと
思います

赤裸々にブログに綴れるSさんがちょっと羨ましいよ~
  • 2012/11/02 (金) 17:16 ★
  • URL ★
  • tiyomin
  • [ 編集 ]

このおじさん、「再建」を見届けずに亡くなってしまったのですね。
このおじさんの気丈な振る舞い。カッコいいです。
あの地震を体験すると命があるだけ、頑張って前向きに生きていかなければいけないなぁって思います。

ただ、いまだ瓦礫が残る場所へ足を運ぶと胸が締め付けられますが、こういう時こそ強く生きていかなければいけないって感じるおじさんのひとことです。
  • 2012/11/03 (土) 22:09 ★
  • URL ★
  • ツル子さん
  • [ 編集 ]

★ tiyominさん
こんばんは。
結局、自分が傷ついたり悲しんだりするのがイヤなので、あらかじめ人様に期待しないという予防線を張っているだけなんですけどね…。
リアルではほんの数人にしかここまで吐露してませんので、やっぱりブログだからこそかけているような気がしております。

★ ツル子さん
こんばんは。
オジさんは、若い現代人に気合を入れるつもりでおっしゃったのかもしれませんね。
きっと上の世界から見届けてくれますよ。(o^-’)b


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。