スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流 

皆様こんばんは。

年末にまたライブやるのですが、そのためのスタジオ練習が始まりました。
個人練習はいくらでもやれますが、やっぱりバンドは集まって合わせてナンボですので。


いつも使っているスタジオは、1フロアに4スタジオ。
フロアの中央にテーブルが置いてあって、簡易休憩所みたいになっています。

われわれがスタジオに入ろうとするときにもそこを通るコトになるので、休憩中の人がいればいちおうアイサツはしておきます。
返してくれないグループもありますが、まあいちおうそこは暗黙のマナーみたいな。

そういうのをしておくだけで、休憩が重なったときにも軽い会話なんかして気まずい思いをせずに済むものです。
カンタンな交流ですね。


高校生くらいと思しきコゾーが、思いつめた顔をしてスコアを眺めていました。
あ、コゾーといってもバカにしていませんよ。
バンドやってる若い男はコゾー、若いオナゴはコムスメ、と敬意を持って呼んでいるだけです。

―こんちわー
「どうも~」
―タバコ吸っていいかな?
「あ、どうぞどうぞ」
―難しそうな譜面だね
「パッと見でわかります?」
―うん、オジさんが学生のころだったら、そんなの弾けてないよ(笑)


聞けばギターはじめてまだ2ヶ月の初心者くん。
うん、そりゃ弾けないだろうな。( ̄∇ ̄;

まあ、そういうのにチャレンジするのも必要なんですが、最初のころはできるだけカンタンな曲弾いて自信つけていったほうがいいと思うんですよね。
そういった老婆心から、ちょっとしたインチキテクニック(省略方法)を教えたりして、ちょっと盛り上がりました。


その後小生はスタジオに戻って練習していたのですが、1時間くらい経つと、ドアの向こうにさっきのコゾー。

―あれ? どしたの?
「いや、さっきはありがとうございました」
―いえいえ、大して役に立たず…
「自分ら上がりなんで、お礼言いたくて」


なんて礼儀正しいコゾーなんでしょう。
若者がみんなこうなら、若者嫌いにならないのに。(笑)

こういうのがあるから、やっぱりアイサツって大事なんだよなあ、って思うんです。
アイサツと呼べないまでも、カンタンな一言のやり取りですね。



スポンサーサイト

コメント

こんにちはです。

イイ話ですね♪
近頃は挨拶にも気を遣う世の中ですから・・(-_-メ)
  • 2012/11/15 (木) 14:39 ★
  • URL ★
  • kaminomoribito
  • [ 編集 ]

コゾー、良いぞ。
  • 2012/11/15 (木) 16:10 ★
  • URL ★
  • キャサリン
  • [ 編集 ]

心温まる話ですなぁ
昔挨拶しただけで警察呼ばれた俺が通りますよっと

アイサツって大切ですよね!
気づいたのは遅かったのですが、進んでアイサツしてます(笑)
  • 2012/11/16 (金) 06:13 ★
  • URL ★
  • hhssggA
  • [ 編集 ]

★ kaminomoribitoさん
こんばんは。
ステキな若造たちでした。
アイサツに気を使う世の中なんて、世知辛くなりましたよね。

★ キャサリンさん
こんばんは。
こういうコゾーたちでしたら、いくらでも応援したくなりますよね。

★ xxさん
こんばんは。
アイサツだけでケーサツなんて…。
挨拶もできない世の中なんて、生きるのがシンドくてイヤですね。

★ hhssggAさん
こんばんは。
社会ではホントに大切なモノだと思います。
気づいたら実行すればいいだけで、早いも遅いもないと思いますよ。(o^-’)b


いい話っすね。
あいさつ、大事です。
あいさつ返してもらえなくても、イチイチくじけない大人に、私はなりたいです。

ちなみに、前に、駅前で自転車が将棋倒しになってるものに、私のチャリも巻きこまれて四苦八苦してとき、知らない 生意気そうな女子高校生が 手を貸してくれました。
お礼を言ったら、なんかドライな感じで返してきて、カッコよかったです。
  • 2012/11/18 (日) 10:04 ★
  • URL ★
  • ウーロンパンダ
  • [ 編集 ]

★ ウーロンパンダさん
こんばんは、すっかり返信が遅くなりまして申し訳ありません。
そんなコトバだけで片づけたくはないのですが、若い世代はシャイな人が多いのかもしれませんね。
オッチャンオバハンは一見愛想よくても、口だけの人も多いですし、どっちのほうが」いいのかなあ、なんて思ってしまいます。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。