スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港 

皆様こんばんは。

突然ですが、よく聴く音楽の中に80年代J-POPがあります。
特にEPICソニー系。

小生のフェイバリットでもあるバービーボーイズとか佐野元春とか大江千里とか、そして鈴木雅之とか。
特に鈴木雅之さんは好きですね。
男性ボーカリストであそこまで聴き入ってしまうのはあまりありません。

今日、某99ショップで鈴木さんの歌声が聴こえてきました。
曲はデュエットの隠れた名曲『第2ターミナル』。
鈴木さんのデュエット曲といえば、どうしても『ロンリー・チャップリン』と『渋谷で5時』が先に来ますが、『第2ターミナル』もなかなかいい曲ですよ。
 
『ロンリー・チャップリン』は鈴木聖美さんの迫力があるし、『渋谷で5時』は菊池桃子ちゃんのかわいらしさがあります。
一方『第2ターミナル』では、池内心さんの透明感のあるボーカルがまたいいです。
小生はむしろ、鈴木さんのデュエットではフェイバリットですね。

そんな曲なので、気づいた瞬間から楽しみに聴いていたのですが。
う、何かが違う…。

こんなシンセの音が目立つ曲ではないし、何より女性ボーカルが池内さんじゃなーい。
よくよく聴いてみれば、この声は桃ちゃんですね…。


家に帰ってググってみると、出てきました。

『恋のフライトタイム』???
『渋谷で5時』の続編???

ウソじゃん。

なんだか裏切られた気分です。(T_T)

新しい曲として聴けば、桃ちゃんとのデュエットもまたいいものなのですが、『第2ターミナル』が好きなだけに、その曲自体を否定されたような気分なのです。

どうやら昼ドラ「再婚一直線!」の主題歌として『恋のフライトタイム』が使われているようです。
にわかには受け入れがたいものですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。