スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前 

皆様こんばんは。

WBCはドミニカの優勝で幕を閉じました。
ニッポンはベスト4でしたが、今回の結果は順当だったようにも思えます。

内川選手が泣いてましたけれど、彼のせいではないです。
たしかにミスはミスですけれど、大会全般を通して考えれば、彼の活躍なしにはここまでいけなかったでしょうし。

山本監督も散々言われてましたが、監督のせいでもないと思います。
だって他に引き受ける人がいなかったんだから。

ノムさんはやりたがってましたけれど、結局この監督を選んだワケですからね。


さて、3月も後半に入ると、研修中の新入社員の姿をよく見かけるようになってきています。
小生の付き合いのある会社や事務所でもチラホラ。

事務所の規模も小さく、ここ数年は新人なんて採っていなかったところでも「研修中」のカードを下げた若いコがを見つけました。
その事務所のお偉いさんとの会話。


―新人なんて久し振りだねー
「7年ぶりかね」
―でも久々に採るとなったら、応募も多かったでしょ?
「そうだね、10人くらいかな」
―うわ、面接もタイヘンそうだわ
「いや、でも面接までいったの、あのコ(研修中の新人)だけだから」


ってコトは書類選考でほとんど落ちてる、と…。


―そんなに書類ダメだった?
「まあ、雑すぎる書き方とか小さすぎて読めない字とかは論外でしょ」
―うんうん
「あと、誤字脱字」
―うん
「これでもう残り4人」
―あらら、6人くらい、何やってんの(笑)


まあこれは本音です。
履歴書の書き方くらいいろんなところで教われるだろうに。


「あとね、フザけた名前の奴が2人」
―ちょっと待て、フザけた名前って何よ?
「あのさー、昔、自分の子供に『悪魔』ってつけようとしたハナシあったじゃん」
―ああ、あったねー、そういうやつか
「そうそう、そういうの」
―『柔道部物語』の三五十五とか…
「懐かしいな、そういうのよ」


なんか世間では「ドキュンネーム」とか「キラキラネーム」とか言われているらしいですね。


―でもそれって、本人に問題ねーでしょ
「いや、そういう親の価値観のもとに育てられてるんだからね…」
―マトモな神経持ち合わせてない、ってか
「まあ、そう思われてもしかたないでしょ」
―いや、本人はスゴいコンプレックス感じてるかもよ
「だったら家裁で変えてくりゃいいのよ」


これは偏見だと言われてもしかたのないところです。
しかし世の中には偏見が渦巻いていて、偏見のない世界なんてありやしないワケでして。
そう考えると、コドモの名づけも気をつけなきゃいけませんね。

コドモの名前ってのは、親からの最初のプレゼントで、親はそこに並々ならぬ意図を込めるのだと思いますが、親の意図だけにならないようにしないといけないですね。
たしかに大学時代に同期だった彦左右衛門くんは苦労してましたし、大学卒業前に改名してたもんな…。


ちなみに最終選考に残ったもう一人は、面接の件で電話したときに、電話の応対が「なっちゃいなかった」そうです。
したがって面接まで残れたのがただ一人。
そのコが無事に新入社員となったワケです。



この先の会話は、ちょっと実名を含んだハナシになります。
該当する名前の人および名づけた親御さんは気分を害されると思いますので、閲覧注意。









―で、新人ちゃんは、フツーの名前なの?
「○○ミズキ、だね」
―まあ今どきのフツー、か
「そうだね」
―ところで、海の月で「みづき」だったら?
「クラゲ、だもんな…」
―ダメか…
「親の意図は判んねえけどな。おれにはその意図は判らんよ」


親はいろいろ考えているんでしょうけどね。
でもせめて調べろよ、とは思います。

ただ名づけるのは親の判断ですから、親の好みと理想だけで進めるのではなく、その名がついたコトでコドモが困難に陥る可能性ってのは、考えておくべきコトだと思います。
コドモを守るのも親の大事なシゴトですからね。



スポンサーサイト

コメント

キラキラネーム

保育園にもたくさんいますよ!
チビコの学年はいないのですが、

綺羅(きら)笑湖(にこ)
胡々亜(ここあ)萌香(もか)←双子です
一期(いちご)←男の子
十真栖(とうます)、騎士(ないと)、琉貴亜(るきあ)
亞義斗(あぎと)←仮面ライダー好きだからだって

これ、1つのクラスに集まってるんです!
担任の先生失笑してましたよ
『キラキラネームばっかり』って

親見ると納得です
やたら若いかお水系の格好してるか
昔やんちゃしました系ギャルの成れの果て 

子供が大人になったときに
自分の名前が足かせになる事を
きちんと理解してつけましょうよ…

テレビで黄熊でプーって読む子がいました
親はやっぱり残念系のギャル
『かわいい名前でしょ』って言ってたけど
ドン引きですよ、日常生活に支障でるわなぁ
  • 2013/03/21 (木) 14:44 ★
  • URL ★
  • あぽふぃらいと
  • [ 編集 ]

こんにちは。

この前、新1年生の名簿を見て、読めない名前が多かったです。同僚も「こんな名前で社会人になったら大変やろなぁ」と嘆いていました。

私が以前読んだ本にも書かれていましたが、就職の際、書類選考の時にキラキラネームを落とす会社は少なくないそうです。
子どもに責任はないのでかわいそうですね。
  • 2013/03/23 (土) 15:03 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

子供がだんだん親の私物化になってる気がする
家裁でも名前は代えさせる気は無いし
ふざけてるよなぁ
犯罪者はいくらでも代えれるのに

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1月生まれの睦月ちゃんに抵抗があります。
耳できくと「おむつ」の意味になっちゃうので・・
  • 2013/03/29 (金) 12:37 ★
  • URL
  • ちかおばちゃん
  • [ 編集 ]

★ あぽふぃらいとさん
★ 蜩さん
★ xxさん
★ 名無しさん
★ ちかおばちゃんさん

こんばんは。
返信遅くなりまして申し訳ありません。

結局、コドモをペット感覚で育てているのかもしれませんね。
名前から与える印象とか響きとか、対他者目線で考えるコトが欠如しているというか。
親の意図だけでつけてしまうと痛い目に遭う、といったことを考える必要があると思います。

ただずっと昔からそういう傾向は少なからずあるもので。
きっと明治時代では、森鴎外のコドモたちは肩身の狭い思いをしたんだろうおなあ、なんて考えてしまいます。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。