スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲 

皆様こんばんは。

相撲界が大騒ぎですね。
まあ去年の「かわいがり」問題からずっと続いているので、特に驚きもしないのですが。
今度はドラッグですか。
しかも外国人力士。

相撲は国技だと言われていますけれど、実は国技でも何でもありません。
この件については相撲協会もそう発表しているので間違いはないのですが、やはり国技だと言われ続け、何かというと特殊扱いしすぎた結果なのではないでしょうか。
言うなれば甘やかしの結果だと思っております。

日本人横綱がいない現状で、人気も下がってきています。
ここらで大改革のナタをふるう必要があると思うのです。
理事長が辞任しても、一理事として残るような体質では到底ムリなコトでしょうけれども。
こんな閉鎖社会のスポーツは、今後もっともっと人気が下がればいい。
そう願って止みません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。