スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢 

皆様こんばんは。

先日、仲良し姫の中でいちばん年上の某姫様が誕生日を迎え、無事にover30の仲間入りを果たしました。
めでたい。

小生がお相手していただくようになってからは、店年齢23歳のままですけれども。( ̄∇ ̄;
よくあるコトなので、このあたりは不問。
誕生祝いというコトで、普段より30分長めの予約を入れ、楽しんでまいりました。

しきりに「トシを感じる」とおっしゃる姫様。
そんなコトをおっしゃられると、こちらの立場が…。(T_T)


そんなコトで、盛り上がった話題は「どんなときに年齢を感じるか」でした。
言うなれば、トシとったな、と感じる瞬間です。

姫様は、一日に4人の相手をすると疲れるのだと。
以前は通しで二ケタの男性諸氏を相手してもヘーキだったのが、ちゃんとサービスしようと思うと、今は3人が限界なのだとおっしゃってました。
まあ運動量が相当なお仕事ですからね。


対して小生は、モノを食べるときに年齢を感じるときがあります。
主に二点。

まずは、「大盛」という存在に縁がなくなったコト。
高校生のころですと、バイト前に吉野家で特盛を食べて物足りずさらに大盛を食べ、バイトが終わってから家に帰って食事を摂っておりました。
それでもまだいくらでも食べられそうだったのに、今は吉野家でも並が精一杯です。

学生時代によくお世話になっていた、東横線日吉にある「とらひげ」という定食屋さんのから揚げ定食など、今は完食できるかどうか不安です。
「とらひげ」のからあげ定食は、から揚げが15個くらいのっていたんです(今はどうなっているのか判りません)。
そしてゴハンを丼で3杯くらい食べていたんですけれども。

第二点は、白飯にこだわらなくなったコトです。
大食いの方や体育系クラブに所属していらした方なら判ると思うのですが、パンなんておやつ感覚だったんです。
それが今では、パンだって充分な食事ですし、ゴハン(白飯)がなくておかずだけでも充分な食事になり得るようになりました。

一言で言ってしまえば、いずれも食に対する胃の衰えであるコトに相違ありません。( ̄∇ ̄;
よく言われるコトでもありますが、量より質を重視するようになったというコトです。
舌が肥えたというコトでもありますね。


なんだかんだ言ってても、うまいものを喰っているときがいちばんシアワセです。
年齢を重ね、味覚の変化もあるでしょうが、やはり一食一食には拘っていたいものです。

ヘルスに関しても同じですね。
何度も何度も行くよりは、一回一回を濃厚に楽しめるようでありたいものです。

スポンサーサイト

コメント

30くらいで年齢感じられちゃねえ。
ゆっきーさんに喧嘩売ってるのかしらw
30超えてから風俗はじめたゆっきーは、やっぱり体力的に厳しかったわね。
若ければもっとこなせたのかしら。
年齢を感じるのは、化粧品を買う頻度が上がってることかな。
  • 2008/09/29 (月) 10:54 ★
  • URL ★
  • ゆっきー
  • [ 編集 ]

★ゆっきーさん
こんばんは。
over30になってからのヘルス勤務は、たしかにツラそうな気がしますね。
それまでの貯金というか経験があるのならまだしも。
それは一回に使う化粧品の量が増えた、というコトですかね。
ゆっきーさんはまだまだ薄化粧でイケますよ!(⌒∇⌒)
スッピンでもOKかもしれませんよ。( ̄ー ̄)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。