スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴 

皆様こんばんは。

プロヴィナージュのおかげでホクホクです。

プロヴィナージュは賞金の関係でギリギリ出走できたウマでした。
本来ならおそらく人気の一角を担ったと思われるポルトフィーノは、プロヴィナージュのおかげで秋華賞に出られず、10Rに出ていました。

古くからの競馬ファンの方は、何か思い出しませんか。

えらく人気のあった、クロフネというウマがいます。
現在は種馬として活躍しておりますが、競走馬としても相当の力をもっていたウマです。

2001年、秋の天皇賞。
クロフネは出走を表明しており、出れば当然人気を背負うコトが必至な状況。
しかしとある畑違いとも思われるウマが急遽出走するコトになったために、クロフネは出られなくなってしまいました。

多くの競馬ファンがこう語っていたものです。

クロフネは出れば勝負になるけど、あんなウマが出たって話にもならないのに

そんな不名誉な言われ方をしながらも、そのウマは天皇賞へ出走。
そして堂々と勝利してみせました。
そのウマの名は、アグネスデジタル。


これを思い出したんです。
だからプロヴィナージュを狙ってみた、ただそれだけでした。
しかし16番人気とは。

このツキで、秋G1全ての運を使い果たしたようにも思えてしまいます。( ̄∇ ̄;

スポンサーサイト

コメント

2001年天皇賞・秋
あの日は冷たい雨の中、東京競馬場で観戦していました。
当時は「マル外馬の出走枠は2頭まで」で、
①メイショウドトウは確定でした。
クロフネも出走すれば好勝負と思われていましたが、現実は厳しく
②アグネスデジタル
となりました。
弾かれたのは、クロフネとエイシンプレストン?だったような。
で、出走馬の中で当面の相手は、前年の年度代表馬テイエムオペラオー。

スローペースで直線メイショウドトウを振り切って、オペラオー完勝か?って思ったら、目の前で猛スピードでオペラオーを抜き去る茶色い馬体。
アグネスデジタル大外一気の末脚で差しきり勝ちです。
重馬場で蹄が小さいから、ひょっとして?って予感はありましたが・・・


ある意味「記憶力」の勝利だと思います。
  • 2008/10/21 (火) 00:09 ★
  • URL ★
  • フーテンのぬこ
  • [ 編集 ]

こんばんは! 週末の番人です! そろそろ、週明けの番人に、変えようかなー、って、思ってます!w
ハカセさんは、三連複とか、買ってれば、当たったんじゃないですか? ブラックエンブレムも、けっこう高く、評価してたような、気が、するので。かなの、レッドアゲートは、見せ場も、ありませんでしたね。ムードインディゴは、ヒモで、買ってたんですケド。気を、とりなおして、菊花賞、狙いましょう!
かなは、今のところ、キングスエンブレムです!

  • 2008/10/21 (火) 00:53 ★
  • URL ★
  • かな
  • [ 編集 ]

★フーテンのぬこさん
こんばんは。
たしかにエイシンプレストンと、あとはイーグルカフェも除外対象でしたね。
馬場が重くなったのもデジタルには味方したと思いますが、それにしてもストーリー性は充分ですよね。
正直なところ秋華賞では狙いをつけられなかったので、あのような買い方になったワケでして。( ̄∇ ̄;
決して褒められたものではありません。


★かなさん
こんばんは。
ブラックエンブレムは、叩き2戦目でしたからね。
ガラリ一変も考えられるとは思っておりましたが、積極的に買うまでには至りませんでした。
いずれにしても、ムードインディゴは買えませんでした。
菊花賞は、G1ホースが一頭もエントリーしてないんですね…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。