スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事 

皆様こんばんは。

求人案内も出していないのに、突然事務所に「俺に仕事させろ」と男がやってきました。
しかも手ぶら。
履歴書すらなし。
ウチの事務所で求人があるときは履歴書など求めず、実力を測るテストのようなものだけ判断するのですが、案内も出しておらずアポなしで来るときには、普通履歴書の一つくらいは手にしてくると思うのですが。

求人していないので、というコトでひとまずお引取り願うのですが、さすがに突然やって来る無礼者だけあって、食い下がる食い下がる。
自分は○○大学出てるから仕事はなんでもできる、自分を採ればトクするなど、まあ根拠もないのによく言うわ、と言ったところ。

あまりにうるさいし、その自信を打ち砕けばおもしろいかな、とテストまがいをやってもらうコトにしました。
テストをはじめる前に「仕事は何でもできるんですよね」とイジワルな質問をしたところ、できる、と心強いお答えが。
というコトで、3つバラバラの作業を3時間でやっつけてもらう(求人のときもまったく同じ条件)コトを、メンバーが働いている事務所の片隅のデスクでやってもらいました。


3時間後。
果たして、A、B、Cと三つあったはずの課題は、Aのみがクリア。
BとCに至っては手もつけられていませんでした。
曰く、Aについての完成度を見れば自分の実力はわかる、のだとか。

ハッキリ言ってしまえば、彼の言っているコトはウソなんです。
BやCについては、非常に専門的な知識を必要としますし、ましてや手ぶらで来た人間には取りかかるコトさえ困難なハズ。
それでも事務所メンバーがいるので、頼んでくればいつでも貸せる程度のものです。
そして自信満々のAですら、出来上がりのさまはヒドいものでした。

まずはAについてツッコんでいくと、静かに逆ギレ。
B、Cについてはできなかったのではないかと尋ねると、否定していたものの途中から開き直り。
初めての人間にできるワケがない、だとか、そもそも採用しないために難しいものをやらせている、だとか。
後者についてはその通りでもありますが、そもそも「何でもできる」とのたまったのは誰なのかと。


誰にでもできない仕事はあるでしょうが、できないものをできない状況のままで放っておくのは、社会人として許されないコトだと思っています。
ところが近頃、そういう人が増えているように思えてなりません。
今話題の、派遣斬りを喰らった人の多くも。

ニュースなんか見ていると、仕事はあるんですよね。
それでも選り好みしているから働けない。
生きなければいけないのですから、選んでいる場合ではないだろう、と思ってしまうのです。
そしてそんな人にまで生活保護を適用するとは。


小生の仕事だって単価が安く、自分の好きな分野だけで喰っていけるほどヤワなものではありません。
知らない分野、気にいらない分野でも喰っていくためにはやらざるを得ない場面に直面します。
おそらく今日やってきた彼などは、そんな実情も知りません。

やりたい仕事だけやって金がもらえるなんてラクな仕事だ。
その程度の認識でウチの事務所へ来たのは想像に難くありません。
事務所メンバーだって、この仕事だけで生計を立てている人は皆無です。
小生だって短時間ではありますが週に1~2度は他の仕事もやっております。

そんな実状を用いて諭したところ、「なんだ、ビンボー事務所には用はないんだよ」と言いながら去っていきました。
とりあえずソッコーで「面接希望 要注意人物」連絡網を、ネットワークを通じてまわしたのでありました。
でもどうやら、同じ人物なのかはわかりませんが、多くの事務所に軽い気持ちでやってくる人間がいるようです。
元手もかからなそうに見えるので、容易い業種だと思われているのでしょう。


どうやら去り際に、ヤツは玄関からビニール傘を奪っていったようで。( ̄∇ ̄;
どこまでも人間のクズでした。

しかしウチの事務所はマンションの一室にあって、看板も出していないのに、どうやって知ったのかが疑問です。
そして、あんなヤツが同い年で同じ大学の出身かと思うと、情けなくなります。

スポンサーサイト

コメント

できると思ってる仕事もたいしたことないから斬られるわけでしょう。
学歴だけですべてが決まるなら、高校中退のゆっきーさんは負け組です。
でも小さいながらお店を構えてるし、仕事はあるからね。
身の丈を知って見合った生活を送れないのは、ただの馬鹿よね。

グーパンチw
カワイイんだから許してあげなさい!

  • 2009/01/23 (金) 11:33 ★
  • URL ★
  • ゆっきー
  • [ 編集 ]

権利と義務( ̄□ ̄;)!!

この一言に尽きるのでしょうねぇ(-。-)y-゜゜゜
権利と義務は、本来表裏一体、仁王の阿像と吽像みたいなもののハズ。

義務を果たすが故に権利を得る…
または、権利を主張するが故に義務が発生する…
一言で言えば…

give and take!



ところが、今のご時世は権利ばかりを主張する輩が闊歩する世に成りつつある…正に(;¬_¬)ジー


take and take!

┓( ̄∇ ̄;)┏



切ない話でありんす。

あぁぁぁぁ( ̄∇ ̄;)

またまた語ってしまった<(_ _)>ポリポリ!
  • 2009/01/23 (金) 16:10 ★
  • URL ★
  • tamanosuke
  • [ 編集 ]

★ゆっきーさん
己の実力を知るのは大切ですよね。
どこまで自身を過大評価しているんだか、といった印象でしたよ。
自分のコトを客観視できない人間は、どんな仕事もできないだろうというのが小生の考えです。
とりあえずグーパンチは思いとどまりました。(笑)


★たまのすけさん
おっしゃるコト、その通りだと思います。
義務を果たさない人間の多いコトといったら。
まずは面接をしたければ手続を踏んで欲しいものです。
それすらせずに、自分は実力があるだなんてフザけるな、といったカンジでした。( ̄∇ ̄;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。