スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

功労 

皆様こんばんは。

バンクーバーではオリンピックが終わり、パラリンピックが行われている現在。
冬季オリンピック種目にもあるショートトラック競技において、日本代表として長年支えてきた寺尾悟選手が引退しました。

たぶんリレハンメルで4位入賞したのがオリンピックにおける最高成績だとは思うのですが、メディアによる引退の扱いが地味すぎます。
たしかに競技も地味かもしれませんし、成績も地味かもしれません。
でも日本って、スポーツを支えてきた功労者に対する引退後の扱いが、競技によって差がありすぎる気がいたします。


いい待遇を得ているのは、例えば野球、サッカーなど。
ヘタすりゃ「コイツの現役時代知らねーぞ」というレベルの方まで、引退後の姿をTVで見たりします。

それに対して、いわゆるマイナースポーツといわれないまでも、そんなに注目されるコトのない競技を引退した方は、たとえ国際大会で優勝(五輪金メダル含む)していても消息不明になったりします。

もちろんその競技の世界においては重鎮として残っているのかもしれませんし、あとは個々人のキャラクターもあるでしょう。
しかし98年の長野五輪で金メダルを獲得した日本人選手は8人いらっしゃるのですが、その後の消息までメディアで大々的に報道されている選手の方が少ないと思うのです。

たとえば長野五輪ショートトラック500m金メダル西谷岳文選手のその後をご存知の方など、ほとんどいらっしゃいません。
現在では競輪選手になっていらっしゃいますけれども。


先日のバンクーバーオリンピックでは某チャンネルで、高橋尚子さんがコメンテーターをなさっていました。
高橋さんはシドニーオリンピックのマラソンで金メダルを獲得しましたが、なぜに夏季五輪経験者を冬季五輪のコメンテーターに使うのか。

こう言ったら失礼極まりないのですが、決してハナシが上手なわけでも、的確なコメントをしているワケでもありませんでした。
メディア映えするキャラクターだとも思えないですし…。

一部の選手に対するチヤホヤと、全く忘れ去られてしまう選手とのギャップが、どうにも腑に落ちません。

スポンサーサイト

コメント

それは凄く思いますね。
キャッチなモノがうけますかえらねぇ、今の時代。


自分は誰も知らないようなサッカー選手をずっと応援してますが、
むしろメヂィアに注目されて欲しくない、とさえ思ってます。笑
  • 2010/03/15 (月) 17:01 ★
  • URL ★
  • 海野由良
  • [ 編集 ]

★海野由良さん
こんばんは。
たしかに小生も、お気に入りの選手がメディアに取り上げられたりすると、かえって気分悪いかもしれません。(笑)
小生は陸上競技とか、それこそショートトラックに対象の選手が多いような気がします。
やっぱりマイナースポーツ指向なんでしょうかね。( ̄∇ ̄;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。