スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連泊 

皆様こんばんは。

ドバイでも日本でもフジキセキ。
ファイングレインは1200mで【3000】だったので、スペシャリストになる可能性大と思いまして◎でしたよ。
他のレース場で勝っていて、平坦コースならマイナスになるコトもありませんし、東京のマイルCで2着でしたから、左回りも平気そうでしたし。
今週末は大阪杯です。
天皇賞につながりますかね。



さて、意外にも好評の旅日記も三日目の内容になります。

二日目はボード→牛タン→温泉の流れで、しかも欲張って数々のフロをハシゴしてしまったので、おとなしく寝てしまったわれわれ二名。
おそらく相当なイビキをかいて熟睡していたであろう小生は、あまりの息苦しさに半覚醒モード。
相方と布団が並んでいたので、どちらかが思いっきり寄りすぎてしまっているのか、そんなコトを寝ボケながら考えます。
まぁ、それならカラダを反転させれば済むコトなので、よいしょ、っと…。

う、動かぬ。(―_―;)

これは明らかに、重力に逆らった何か見えないチカラが、小生を貶めようとしているのでは…。
しかも声すら出ない。
このままでは窒息???

ぐむー、ぐむー。

そして最後の力を振り絞って完全覚醒した小生の顔の上にあったものは。

相方のケツ。


そりゃケツ大好きですし、顔騎大好きです。
しかし強制顔騎で寝覚めなどという経験は、どこまで記憶をたどっても初。

どうも相方は早々に目覚めてしまったようで、いろいろ小生を起こそうとしたようです。

「起きろー」
「終点だぞー」
ほっぺたを叩く
暴れん坊将軍をまさぐる

などなど、いろいろな攻撃にもめげずに寝続ける小生を見て、まずはチュー攻撃を繰り出したそうです。
しかし鼻呼吸の小生、口などふさがれたところで起きるハズもなく。
最後の手段として、顔騎を決意した模様でありました。
いや、もちろん生ケツでなく、浴衣着用(もちろんパンツも)の上でですよ。

状況を認識した小生は、相方のフトモモへタップ。
相方はその腰を上げ、「おはよ」と挨拶してくれます。
時計を見ればまだ7時前。

ずいぶん早いなぁ、と口には出さずに思っていると、「お散歩しようよ」と。
「二人で浴衣着て歩くのって楽しそうじゃん。たまにはそういうのしてみたいんだけど、ダメ?」

ダメじゃねーです。
えーえー、もう寝起きだろうがなんだろうが、行きますよ。
さすがに寝グセ直して、歯は磨きますけどね。
その間も「早くー」と叫ぶ相方。

あー、もうかわいくってしかたない。


外へ出れば当然、北国の朝はまだ寒く、「さむいよ~~~」と叫ぶ相方。
―浴衣だとカゼひくかもね、着替える?
「やだ、浴衣がいい」

とのコトで、ふたりでのんびり歩きます。
しばらくすると、相方から「手、つないでくれんの?」と聞かれました。

あー、もうかわいくってしかたない。


お手手つないで、一時間くらい散歩しましたかね。
で、宿へ戻って朝食。
朝食はいわゆるバイキング。
朝からがっつり食べるわれわれ二名。
怪獣が食べつくしていったのか、とでもいうくらいの皿を置いて部屋へ。

チェックアウトの準備をしていると相方から「今日帰るんだよね?」と。
―いや、流れでもう一泊ってのもアリかと思ってたけど?
「ここ、もう一泊しようよ」
―温泉気に入った?
「ううん、ここの夕ゴハン、食べてみたい。」

というコトで、早々にもう一泊決定。(⌒∇⌒)

宿に聞けば同じ部屋でもう一泊できるとのコトでしたので、あせらず騒がずの観光地巡りへ。
といっても、また仙台と松島を中心にですが。


松島といえば芭蕉ですので、相方に説明を求められ、なんとか答える小生。
たしか大学で文学の授業で聞いたようなコトを…。
あ、遊覧船に乗りました。
相方から乗ろうといったくせに、激しく船酔い。( ̄∇ ̄;
弱いクセに乗るんじゃない。

お昼は「太助」の牛タンでした。
そして仙台青葉城へ。
青葉城を見ても、大河ドラマ「独眼流政宗」の記憶と「青葉城恋歌」くらいしかなく…。
ト、トシが…。

「独眼流政宗」、けっこう好きだったんです。
ドラクエの主人公に「まさむね」ってつけてた時期もありました。(笑)
決して草野マサムネでないところがポイントです。

本当は仙台天文台にも行きたかったのですが、リニューアル準備中というコトで。


そして再び、秋保温泉へ。
ホテルのフロントに戻りましたー、と伝えると、「奥様、本日の浴衣はどれになさいます?」と。

お、おくさま…。
そういえば0930と書いてオクサマと読ます、かの二人組ユニットはどこへ。


まあ、そう見えてもおかしくはないですわな。
四捨五入すると30女と40男ですから。
むしろそう見えるほうがフツーですね。
なんて小生は考えたりもしたのですが、相方はいたってフツーに、「えーっと、奥様は、今日はこれでお願いします」なんて笑いながら答えてやがりました。(笑)


夕方からのんびりお互いに湯に浸かって、とりあえずホテルにあるフロは全制覇。
夕食はちょっと遅めに用意していただき、これまたスゴい量で出てきました。
残すのがキライなわれわれ二名、死ぬ気で完食。
いや、もちろんすべておいしゅうございました。

夕食後もフロ。
もう二人ともふやけました。( ̄∇ ̄;


フロから戻ると相方はビールです。
小生はコーラでおつき合い。

このブログをご覧の方ならご存知だとは思うのですが、ウチの相方はツンデレちゃんです。(笑)
酒のチカラを使わないと、スナオに「ありがとう」とか言えないタイプなのは知っていたのですが、この夜は何度も何度も「ありがとう」と言ってもらいました。
そして小生の方へにじり寄ってきて、「はい、ぎゅー」と、ハグを要求。
応えてしばらくハグしていると、寝息が…。

子供のように喜んでくれている相方を見て、ニヤケが止まらぬ小生。
寝てしまった相方を布団に横たえ、小生も横になりました。


以下、明日以降。

スポンサーサイト

コメント

cawaii------!!!!
ツンデレかわいいーー!!
いいな~☆☆
今日は1人でニヤつきMAXでした。
お次が最終章??
あーん。もうこの際、毎日ノロケ日記でもええやないの!!!!(笑)
  • 2008/04/01 (火) 04:52 ★
  • URL ★
  • りん
  • [ 編集 ]

二回目のコメントです

あー、続きが楽しみでしかたない。
仙台の天文台は、いまや街中に近すぎて移転するんですよね。
今は神奈川ですが、ちょっと前は宮城に住んでました。
宮城を選んだのがシブい。嬉しいっす!
  • 2008/04/02 (水) 00:09 ★
  • URL ★
  • maki
  • [ 編集 ]

★りんさん
こんばんは。
ええ、ウチのツンデレはカワイイですよ。(⌒∇⌒)
口が悪く、誤解も受けやすいタイプですから、せめて小生の前ではラクにいてもらえればと思っております。
毎日ノロケですか。( ̄∇ ̄;
そうなるとブログの趣旨が変わってきますね。(笑)
★makiさん
こんばんは。
再びのコメント、ありがとうございます。
天文台の移転には、そんな理由もあるんですね。
実は仙台、大好きなんですよ。
国内で五本指に入りますね。
美味しい食べ物、美味しいコーヒー屋さんがあれば、もうその時点で何度でもうかがおうと思ってしまいます。
次回は夏あたりに、一人ででも行っちゃいそうな気がいたします。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。