スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別 

皆様こんばんは。

今日は打ち合わせが4件入っていたのですが、3件めでイラッとする相手にぶつかりまして、バトってまいりました。( ̄∇ ̄;

タイトルどおり、ちょっと差別入っているかもしれませんので、ご気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。
閲覧注意なんであります。




今日の打ち合わせ相手は、初めてお会いする方。
相手の会社とは何度もシゴトしてますけれど、部署が違うのです。

初めての打ち合わせの場合、場所の指定はだいたいこちらからさせていただいております。
もちろん相手の要望を聞いた上で、調整するのですが。

ただ、だいたいの場合、コーヒーショップが多いんです。
気軽ですし、打ち合わせが終わったらすぐ出て行けますし、駅に近いですし。

というコトで、今日も駅近くのコーヒーショップで待ち合わせ。
小生が最初に入って、待っているカタチでした。
現れたEさんは、車椅子の方でした。

以下、「」 →Eさん  ― →小生


「いやあ、会社ももう少しぼくに優しい場所を選んでほしいんですけどね」
―あ、すみません。こちらからこの場所指定しましたので
「そうなんですか? ぼくが車椅子で入って来るのを見て、何も思いませんか?」
―いやー、何も聞いてなかったもので、まさかあなただとは思いませんでしたよ
「それじゃ、今から場所を変えてもらってもいいですか?」
―別に構いませんけれど、あとにも控えてますから、時間が短くなりますよ
「じゃあここでやりましょう」


この時点でかなりカチンと来ている小生。
なんだか、「世の中は自分に優しくしてくれて当たり前」って感覚が…。

納得できない。
それは、次のEさんのセリフで決定的なものとなりました。


「それじゃ、場所はここで妥協しますんで、シゴトはゼッタイに請けてもらいますから」
―えっと、何? そっちの言う内容で、おれに妥協しろって?
「まあそういうことです」
―あのさあ、今日はそれを話し合うための打ち合わせなんじゃないの?
「そうですけど、ぼくが妥協する以上、ハカセさんにも譲ってもらわないと」
―ゴメン、Eさんとこれ以上、シゴトの話する気にならないから、帰らせてもらうわ

激昂するEさん。

「ぼくはハンデ持ちながら働いてるんです!」
―だからなんだよ
「そうやって見下した目線で、こちらの足元を見るのは止めていただきたい!」
―別に足元見てねえよ、あんたのその根性が気に入らないだけだよ
「なんですか、差別するんですか?」

これ以上ハナシにならないと思ったので、一方的に言うだけ言いました。
こんな内容。


あのね、あらかじめ車椅子で来るって言ってくれれば、場所だって配慮するよ。
何も言わずに来て、それを見てから配慮しろったって、何ができるの?
そもそも、あんたが車椅子で来るのと、おれのシゴトとはカンケーないの。
あんたがハンデ持ってようが、そんなのもどーでもいいの。
おれが納得できるシゴトかどうかを確かめる前に、これでやれ、って言われたから、あんたとはもうシゴトしたくないんだよ。
あ、これ録音してるから、会社に渡しとくからね。



なんだかなあ。
こういう障害を抱えながらも働いている人ってたくさんいますし、今までにも仕事で組んだ人もいるんですけれど。
一部の人のこういう「特権者意識」っていうんですかね、そのせいで悪く見られているんじゃないかと思ってしまうんですよ。

自分達が不利になる状況を、なんでもかんでも「差別」って言ってしまうと、それこそこちらに対して差別してるんじゃないか、と思えてしまうのです。

スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした。
私も似たような経験があります。
ただ、こっちが怒ったり文句言ったりすること自体が悪いことのような気がして、なにも言えずでした。
だから、この記事を読ませていただいて、ちょっと気が晴れました。(すんません!!)
逆差別ってありますよね。
「平等に!」って訴えておきながら、絶対平等じゃない。
一部の人でしょうけど、やっぱり納得できないです。
ハカセさんの意見、すっごく同感です。
読んでて、「うんうん」って思いました。
早朝から人さまのブログで毒を吐いてすみません・・・

ハカセサン!おはようございます!
それはカチンと来たはずです。気持ちが虚しいですよね?
「俺を大事にしろ!」的に。何たる勘違いでしょう。
特権意識でも持っておられるのでしょうか。
先日も大手チェーンの中の某売り場に、肢体不自由な方が居られて、〝ああ頑張っているんだなあ〟と思って、一つ二つ質問すると「僕は忙しいんです、他の人にきいてください!」(お口は健全。怖い顔して)
私「言い方があるでしょう? そんな対応はないでしょう?」(相手は無言でプイ!」仕事場は、貴方の気分でやっていいの!と思いました。
同情買いもはなはだしい場面は、何度か。
勿論大切にする事は分かってますが、謙虚さは必要だと思います。
不自由を売りにしたら、大きく違ってしまうと思います。
心の筋道は、不自由には関係ありませんから…。
勿論一生懸命働いていて、健全者より素晴らしい方もいます。
その方たちは、決して同情買いも、売りもしていません。
ごめんなさい。こんなコメントで。。


  • 2010/09/23 (木) 08:28 ★
  • URL ★
  • 百合
  • [ 編集 ]

ハカセさん、始めまして。
私もたまたま、参加したボランティアなどでよく感じます。
優遇されて当然みたいな態度の方と…
何でしょう?周りに気を使われすぎて、勘違いのままなのかな?
もちろん、障害を持っていても立派な方も多くお会いしますが、
一部の方の勘違いの延長で、多くの方がそういう目で見られてしまうんだと思いますが、
残念ですね、やっぱり、障害の有無ではなく
個人の資質なのかもしれません。
自分も高飛車になっていないか、常に意識したいですね。
  • 2010/09/23 (木) 08:45 ★
  • URL ★
  • KING
  • [ 編集 ]

多いですよ、そういう方。マジ、できるかぎり自分の力で!という気概があるなら、そして仕事上の実力を持ち合わせているなら、こういう言葉はでないはずです。僻み根性の仕事ができない障害者ってこんなものだと、切り捨ててOKだと思います。仕事って、厳しくて当たり前ですから、相手が誰であろうと、妥協はしちゃいけません。ヘンな甘やかしをやってるから、ヘンな障碍者が育つのです。
  • 2010/09/23 (木) 10:12 ★
  • URL ★
  • りょうこ
  • [ 編集 ]

はじめまして♪
この話しを読んだら 友達の話しを思い出した物ですから…

地下鉄で働いている友達もやはり
障害者は言い方悪いけれどタチが悪いと…
体が不自由なんだから 駅員が世話して当然!みたいな
傲慢な態度をとる人が多いそうです。

健常者が困っている障害者を助けるのは自然なのに
障害者なんだから! と強く出るのは
平等を詠うなら間違っている。
それはたちの悪い詐欺みたいな言い分の仕事の取り方だ!

ハカセさん 一日嫌な思いだった事でしょうね!
  • 2010/09/23 (木) 10:35 ★
  • URL ★
  • ぴよっちょ☆
  • [ 編集 ]

初めまして
分かりますよハカセさんの気持ち。
なんか自分の障害を盾にとって
何かをしょうと言う根性が気に入らないですね。
私も結構、障害を持った方接する事がありますが、本当に普通の健常者と同じように、お仕事をしていますし優しいし・・・。
ただ、周りが障害を持った方を特別扱いをする風潮も見受けられます。
障害者の方は「やってはいけない行為」も特別許す的な考えを持った方も多いことは確かで、そんなことが今回のような人を作っちゃう?のでしょうか・・・。こんな日は一日空しいですね~。
  • 2010/09/23 (木) 11:29 ★
  • URL
  • 桜子ちゃん
  • [ 編集 ]

(^^)

はじめまして。
寄らせていただいています。

確かにこの気持、解ります・・
障害があるから周りの人は協力して当然と考える方、見かけます。
医療・介護関連で仕事をしていたので、やって当然だろう!と怒鳴られたことがあります・・・

記事を読んで全くそのとおりだなぁと深くうなずいたので、初コメさせていただきました。

相手の方、何がハカセさんを怒らせたのか、理解できる日が来ることがあるといいなと思います。

こんにちは、ハカセさん。

自分だけが苦労してると思い込んでるんでしょうね。ほかの人の苦労なんて、自分に比べたら大したものじゃないとか思ってそう。悲劇のヒーロー気取りで、きっとハカセさんは対決する悪役なんですよ(笑)。
一部の暴走で、全体が悪いように思われるのは、由々しき事態ですね。会社側がどう出てきたか気になります(笑)。
  • 2010/09/23 (木) 17:04 ★
  • URL ★
  • あみ
  • [ 編集 ]

こんばんは。

イヤなめにあってしまいましたね…。
お疲れ様です。

たまにいますよね、何カンちがいしてんだろう…。
(あ、私も結構なカンちがい野郎ですが)

おそらく私が同じめにあっても、同じことを言うと思います。てか、暴れちゃってるかもしれません。
そんなヤツとは一緒に仕事したくないですよね。

ホント、お疲れ様です。

突然 お邪魔します

初めまして。足跡から参りました。

こちらの記事を読ませて頂いて、とても空しい気持ちになります。
卑屈になったり、素直な気持ちが薄くなってしまうのでしょうか。
やはり障害を負った時から大なり小なり不自由な事が出来、まわりはそれを可哀想と思う。
そうなると「自分は可哀想なんだ」「同情されるべき人間なんだ」と刷り込まれてしまうのかも知れません。
そして勘違いな思いが生まれてしまうんでしょうね。

私自身ハカセさんのような体験はありません。
なぜなら私は“同類”に入るからでしょう。
大した不自由さはありませんが、特別扱いは常です。
そうなるとやはり自分は「違うんだ」と思ってしまいます。
それでも自身の障害を盾に何かを押し通そう、同情されて当たり前という感情は持ってはいけないのですが。
だからこそ、この記事を読んで初めて、こんな事を言ったりされたりする人がいるのだという事実を知り、空しく哀しい思いをしました。

突然のコメント、失礼しました。
気を悪くさせてしまったら申し訳ありません。

こんばんは

何かハンディを持った人がいて、困っていたら助けようとは思うのです。
でも、仕事の上でハンディを盾に取るのはおかしいですね。
それをしてしまうと、すべてがおかしくなってしまう気がします。

私もハカセさんと同じ立場だったらきっとムカついたと思います。
ハンディを持った人を「かわいそうな存在」ではなく「対等な人」
として付き合おうと思っていればなおさら。。。

お疲れ様でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ダフクさん
こんばんは。
間違いなく逆差別ですよね。
都合のいい場面だけ平等を訴えておきながら、ゼッタイに同じラインに乗ってこない…。
ダフクさんはオトナなんですよ、小生がこらえられなかっただけのコトで。(笑)
毒吐くのは、いつでも当ブログをお使いください。(o^-’)b


★百合さん
こんばんは。
謙虚さは生きていく以上、それこそ誰にでも平等に必要なものですよね。
どんな人間であっても、謙虚でなければやっていけないと思うんです。
百合さんの遭遇してしまった店員にしてもEさんにしても、やっぱり特権意識なんでしょうね…。
いえいえ、非常にありがたいコメントですので、謝らないでください。(o^-’)b


★KINGさん
こんばんは。
気を遣われる機会が多くなって、それで当たり前、というのはやっぱり違いますよね。
気遣いってのはお互いにするべきものであって、決して一方通行ではないハズです。
自分達が優しくされて当然、というのは考え直してほしい勘違いですよね。

★りょうこさん
こんばんは。
おっしゃるとおり、「甘やかし」は強いですよね。
それをマスコミあたりが風潮として作ってしまって、それが当然と思ってしまう…。
イヤな流れです。
ええ、シゴトですから当然、妥協はしない方向です。(o^-’)b


★ぴよっちょ☆さん
こんばんは。
ああ、そういう場面、遭遇したコトあります。
それも現代で流行りのホスピタリティのひとつなんでしょうが、サービスってのはあくまでもこちらがマナーを守ってこそ受けられるものですからね…。
対応してくれて当然、となったら、サービスを受ける資格はないと思うんです。
都合のいい平等の考え方ですよね。


★桜子ちゃんさん
こんばんは。
まさにおっしゃるとおりなんです。
障害を盾にして、自分に有利な状況を作り出そうとする根性が気に入らないんですよ。( ̄∇ ̄;
今日はそれを言ってやったので、ひとまず溜飲は下がったのですけれど、やっぱり周りがいい意味で考えていかないといけないですよね。(o^-’)b

★kanaさん
こんばんは。
医療・介護関連のおシゴトをなさっていらしたのなら、なおさら当たりは厳しいでしょうね…。
「人にしてもらって当然」っていうのは、どんな場面でもありえないと思うんですよ。
その意識が芽生えると、感謝の念がなくなりますしね。
人に対する感謝のキモチは、いつでも持っていたいものです。


★あみちゃん
こんばんは。
あ、小生は悪玉なのね。( ̄∇ ̄;
まあ悪玉でもいいや。(笑)
たしかに、Eさんは「自分だけが苦労してる」感が強い人です。
会社の対応は、今日の記事にて。(笑)


★いずきちさん
こんばんは。
いやあ、実際あの場面に当事者として遭遇すると、「暴れる価値もねえな…」と考えますよ。
ホントはとうとうと説諭すべきなんでしょうが、とてもそんな気力ありませんでした。( ̄∇ ̄;
ドラクエで言う、HPやMPの欄がクリーム色に変化した状況だったと思います。(笑)

★soranさん
こんばんは。
soranさんの立場からのコメント、たいへんうれしく思います。
小生はやっぱりその立場にないものですから、判らない部分もたくさんありますし、知らず知らずにイヤな気分にさせているコトも多いと思うんです。
ただやはり、仕事である以上はEさんと対等の立場でありたいですし、それを理由にしてほしくはなかったですね。
イヤな気分になどなっていませんから、お気になさらず、ぜひまたおいでください。(o^-’)b


★betipaさん
こんばんは。
おっしゃる通り、対等な立場でシゴトしたいだけなんですよ。
ですからEさんのセリフは許せませんし、ほかの人に対しても言ってほしくないんです。
だいたい仕事をいっしょに組むといっても、肉体労働ではないし、打ち合わせ後はメールやTELでのやり取りがほとんどですからね。
そんな理由で商談を成立させようとするのは、浅ましいとしか思えませんでした。


★名無しさん
こんばんは。
そうなんですよ、「当たり前」と考えている人は、礼を言わないですよね。
感謝してほしくていろいろやるワケではありませんが、やっぱり「ありがとう」の一言って大事だと思うんです。
自分達が特別だと思うんなら、こちらを対等な目で見ていないというコトになりますからね。
ふざけんなよ、って言いたくなるときもあります。( ̄∇ ̄;



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして☆
足跡からお邪魔しました

ブログ拝見して「わかるなぁ…」と
1年前、ご近所のママから似たようなことを言われましたv-388
でも、私のほうが体にハンデあるんですけど…と言いたかったですv-390
なぜこのような人たちが増えてきたんでしょうか…?
次の日のブログ?も拝見していると上司の方も上司の方ですね
ハカセさんには次もっと素敵なお仕事がやってきますね☆
  • 2010/09/24 (金) 15:27 ★
  • URL
  • atelier So*La
  • [ 編集 ]

寂しい人間だな、、、

アロハ!です。
最近コメントしてなくすいません(^O^)
覗きにはきてますからね!

酷いのがキターー!って感じですな。

障害を盾にする人っているんですね。

そんなのとは仕事しなくていいですよ。

頑張ってると思われたくない障害者がいるのに、、、
  • 2010/09/24 (金) 21:55 ★
  • URL ★
  • ハリー
  • [ 編集 ]

★名無しさん
こんばんは。
シゴトに持ち込んでくるのは違うよな、と小生も思います。
単純にシゴトの内容だけで判断したいだけなんですよね。


★atelier So*Laさん
こんばんは。
自分のコトだけ言う人って、周り見えてないですよね。
小生が松葉杖ついていたときも、どっかのオバハンは、小生を押しのけて坐りましたから。(笑)
器の小さいヒトだなぁ、と周囲へ思わせてしまうコトに気づいてほしいものです。


★ハリーさん
こんばんは。
いえいえ、こちらこそ全然コメントしてませんし。( ̄∇ ̄;
最大限に楯として利用してるヒトのようなんです。
他のハンデ持ちの方々に失礼ですよね…。

はじめまして

これは腹立ちますね。
ソレとコレとは別でしょう。

障害児(知的ですが)の母としては肝に銘じないといけないと思いました。
甘えてるつもりはなくても、知らず知らずのうちに特別扱いが当たり前にならないよう気をつけたいと思います。
このEさんもハカセさんから言われなければ気づかなかったでしょう。
理解することと甘やかすことは違いますね。
  • 2010/09/26 (日) 22:39 ★
  • URL ★
  • yuyuhaya
  • [ 編集 ]

★yuyuhayaさん
はじめまして、こんばんは。
yuyuhayaさんのようにお考えになられる方はきっと大丈夫なんだろうと思いますよ。(o^-’)b
こちらも完全に無視するワケではないですし、お互いに理解しあわなきゃいけないですよね…。
Eさんは残念ながら気づけていないカンジでした…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。