スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家 

皆様こんばんは。

ワケあって、実家とはあまりいい関係にありません。
それについて深くここでは書きませんが、一言で言ってしまえば、妹以外の家族を信用していないというところに原因があります。

ですからよほどの用がない限り、実家へは寄りつきません。
それでもそういう用があるときには、食事はいっしょに摂るようにしております。

そして、そういう関係を一瞬だけでも忘れさせてしまう時間になるような気がします。

母親お手製の料理、いわゆる「お袋の味」には、そういう効果があるように思えてなりません。
やっぱり煮物は母親に勝てねえ。


スポンサーサイト

コメント

おはようございます

親とは言え、気が合わないこともありますよね。
いつか気持ちも変化する時があると思いますし
無理せず丁度よい距離を保っておく方が良いですね。
「おふくろの味」
特に男性は弱いでしょうねe-454

私もなんですよ

でも 病気とかで

味付けが薄くなっていると

残念です
  • 2010/11/24 (水) 11:30 ★
  • URL ★
  • スコップマン
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ハカセさん、お久しぶりです。
やっと回りの事が落ち着いてBLOG再開しました。
お袋の味。。。。
いいもんですね。
近づけよう近づけようと思っても、なかなかその味にはなりません。(苦笑)
覚えようと一緒に作ったりしますが、一人で作ると違うんですよね。
微妙に何かが違うんですかね。。。^^;
  • 2010/11/24 (水) 21:23 ★
  • URL ★
  • akke
  • [ 編集 ]

人間は欲求を満たしている時、物理的幸福を感じます。それを家族で互いに共有することで、相乗効果が生まれるのかもしれませんね。人間は深い・・・!

そうですか・・・
私は 取れないと思っていた母親との壁が
取れました。。。少し前に。
40半ばを過ぎてやっと。。。v-238

それにしても 人間の本能って素晴らしいですね。

★sakuraさん
こんばんは。
親はきっとそこまで気にしていなくて、小生がナーバスになっている部分が強いんですよ。
会うと小生がイライラしてしまうので、これくらいで会うのがちょうどいいんだと思います。
離れていると、実家でいつも食べ飽きていたハズのものを、美味しかったんだと気づいたりしますね…。


★スコップマンさん
こんばんは。
小生の実家は砂糖が多めに使われているので、それが苦手だったのですが。
でも甘くないと美味しくないものもあるのに気づけました。


★名無しさん
こんばんは。
小生なんかも立派な親不孝ですよね。
ただ、両親が何気なくしていたであろう仕打ちが許せないだけなんです。
時が経てば解決に向かうのかな、という気もいたしますが…。

★akkeさん
こんばんは、おひさしぶりです!
正直申し上げて、もう戻ってこないのかもしれない、と心配しておりました。( ̄∇ ̄;
同じように作っても同じにはならない。
ホントそれなんですよね…。
でも母親に叶わない料理がいくつかあるくらいのほうが、人間くさくていいような気もいたします。(笑)


★ほめまでさん
こんばんは。
ああ、相乗効果はありますよね、きっと。
同じものでも、一人で食べるより美味しく感じられますもの。


★AKIさん
こんばんは。
小生もあと数年経てば、きっと違うキモチになっているコトでしょう…。
本能って、誰かに教わるものじゃないですもんね。
立川談志家元も「呼吸とか、そういう誰に教わるまでもなくできるだけが信用に値する」と言っていたのも、きっとこういうコトなんでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。