スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意地 

皆様こんばんは。

ピーター・アーツに「男の意地」を見ました。

最近K-1もつまらなく感じていましたが、今日のは観てよかった。
久々にアツくなれる試合でした。


ホースト、ボンヤスキー、シュルトが何回チャンピオンになろうと、アーツとは役者が違いますね。
やっぱりアーツと亡きフグだけは、K-1の世界で別格の存在だというのを思い知らされました。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは!!

まったくもって同感です。
アーツは年齢のせいで最後はどうしてもスタミナ切れを起こしてしまい優勝を逃しがちではありますが、やはりあのスピリッツは尊敬ものです。カッコいい!!
ダメガネ嫁としましては、アーツ、フグ、そしてホーネストの時代がK-1では一番好きです!
いつか生で観たいものです。
  • 2010/12/12 (日) 01:55 ★
  • URL ★
  • ダメガネ嫁
  • [ 編集 ]

同感です

アーツ、侍でした!キャッチコピーとしてのサムライではなく、本物の侍魂を感じました
  • 2010/12/12 (日) 07:50 ★
  • URL ★
  • seitaiplusone
  • [ 編集 ]

ピーター・アーツ

もう、40歳近いのではないですか?
それでリングに上がるって素晴らしい!何が彼をそうさせているのか
じっくり話しをしてみたい人の一人です。
  • 2010/12/12 (日) 08:28 ★
  • URL ★
  • りょうこ
  • [ 編集 ]

ハカセさま。はじめまして。
信@自然な日曜百姓といいます。

訪問ありがとうございます。

K1。あまりずっとは見たことないんですが、面白いです。

人によったら、プライドの方がいい。と言う人も居ますが(^^ゞ


また、寄らせていただきます。
これからもよろしくお願いします。
  • 2010/12/12 (日) 18:24 ★
  • URL
  • 信@自然な日曜百姓
  • [ 編集 ]

こんばんは。
昨日見ました。
判定の最初、ドローで
ピーターがクビを左右振ったのが
印象的でした。
勝ってよかった。

★ダメガネ嫁さん
こんばんは。
今回も完全なスタミナ切れでしたね。
でも、とりあえずシュルトだけやっつければ、という姿勢は好きですし、だからこそアーツの人気の所以だろうと思うのです。


★seitaiplusoneさん
こんばんは。
あとのコトなど考えず、眼前の一戦に全力を注ぐというのは、まぎれなく侍でした。
生きるか死ぬか、ですよね。

★りょうこさん
こんばんは。
ジャスト40です、アーツ。
今年で終わりとか、毎年言われてますけど、おそらく来年もリングに立ってくれると期待しています。


★信@自然な日曜百姓さん
はじめまして、こんばんは。
K-1とプライドは、全く別のスポーツですし、小生はどちらも楽しんでいますよ。
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。


★あかちんさん
こんばんは。
ドローとつけたジャッジは、1Rをシュルト有利とした方だったんでしょうね。
シュルトがアーツをどんどんイヤがっていくサマが、小生の印象には強く残りました。

ツル子さんも見てました。もう正直見てられませんでした。
でもアーツはK-1の始まり当初のメンバーで一人現役なんですよね。
この意地、すごくわかります。
いつも決勝戦や準決勝でざっくり切れた足などで不戦敗になってて決勝まで行けなかったアーツの時代もありましたが、決勝戦に上って若い選手にも立ち向かうアーツの姿にちょっと涙してしまいました。
  • 2010/12/13 (月) 12:10 ★
  • URL ★
  • ツル子さん
  • [ 編集 ]

★ツル子さん
こんばんは。
93年から上がり続けているのはアーツだけですね…。
初期という点では、バンナもまだまだ現役ではありますが。
やっぱりアーツの真骨頂は、相手が誰でも全力で立ち向かうコトですよね。
いつまでも「暴君」であってほしいものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。