スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃棄 

皆様こんばんは。

8月も終わりで、今年の夏も終わりですね。
体感的にはまだまだ、残暑ってレベルじゃない猛暑が続いていますけれども、やっぱり8月が終わると「夏が終わっちゃう」感は否めず。

学生時代からずっと、8月下旬にライヴやってきているものですから、それが終わると「ああ学校かあ」となるワケです。
学校などカンケーない、」現在になっても、その感覚は変わらないものです。

夏休みの終わりになると、宿題に追われるという経験から、8月末になるとその感覚を思い出す方もいるようですが、小生には残念ながら当てはまりません。(笑)
そもそも宿題はやらない、という斬新な選択をもって新学期に臨んでいましたので。( ̄∇ ̄;
(もちろんえらく怒られますが)


夏の終わりになると、どうしてもやりたくなるコトがあります。
それは、部屋の整理。

掃除じゃなく整理。
部屋の中を見回し、もう数年にわたって使用していないものを機械的に捨てていくんです。

袖を通さなかった服、読まなかった本、聴かなかったCDなどなど。
捨てるというよりは、フリマやオークション、あとはブックオフ行きとなるのですが、靴だけは捨てます。

水虫菌なんかがいたら申し訳ないですからね。( ̄∇ ̄;
いや、水虫になった記憶はありませんけれども。


今年もいっぱい捨てました。
ひとつひとつ考えてしまうと捨てられなくなるので、これはもう機械的にいくしかないんですよね。
どうしても捨てたくないものは、触れてはいけないゾーンにあらかじめ退避させておきますけれど。

そうしてみると、10年20年前に比べると、ずいぶんモノが減った気がします。
物持ちがいいというのは反面、捨てきれないという事態も生むものですから。

靴なんかは一番多いときで100足超えてましたからね。
本田って大型の本棚を二つ使ってました。

今となっては靴も10足ちょい、本棚も大型の棚がひとつで、その2/3程度で収まっています。
それでもまだ多いと思いますが。


そういや3つめのライヴも、無事ではなかったのですがなんとか完走してきましたよ。
次は冬です。

打ち上げで、次はこの曲やりたいねーなんて盛り上がって楽しい時間だったのですが、1万円落としたようで死ねます。

隣に坐ってた女のコが、やたらと人のモノ(ケータイとかiPadとか)に触りたがるコだったので、ひょっとしたら抜かれていたのかもしれません。
疑いだすとキリがないので、落としたコトにしたいのですが、どうにも収まりがつきません。
ちくしょう。






極端 

皆様こんばんは。

ここのところライヴが続いていまして、練習の毎日を過ごしておりました。

月曜日にドゥーワップのグループ、土曜にジャズのバンド。
同じ週にライヴが重なるとたまったもんじゃないですね。( ̄∇ ̄;

とは言え、数少ない趣味ですので、やるからには手抜きしたくないもんですから。
メンバーが揃う練習の前に、コッソリ一人だけスタジオに入って練習するとかしてしまうんです。(笑)
せっかくステージに上がるのに、聴いて下さる方々に「Sってヘタクソだなあ」なんて思われたくないですしね。


オマケにドゥーワップは今年1月から参加して、今回が二度目のステージ。
ジャズの方では、これもまた今年からはじめた楽器がありまして、それも1曲披露するコトになってましたので、いつもよりも入念に練習を重ねました。

そして打ち上げで「Sさん、がんばったねー」なんて女のコに言われてご満悦。(笑)
はい、そのためだけに音楽やってます。

時代がバンドブーム世代だったのもありますが、ほとんどのバンド小僧やバンド小娘は、モテたいがためにやっていたに違いないんですから。

そうでない人、申し訳ありません。


上で書いた今年からはじめた楽器ですが、まあこれも積年の思いに耐えられなくなり買ってしまって、買ったからには練習しなきゃ、という経緯。
でもある日突然それなりに高い買い物をポッとしてしまうものですから、「カネ遣い荒いねー」と言われるコトしばしば。

でも決して荒いワケではないと思うんですよね。
遣うときは遣いますけれど、普段全然遣わんですもの。

服とかあんま買わないですし、バッグとか冬物のコートなんて20年以上使ってますし。
昼ゴハンもほとんど弁当持ちですし、水筒持ち歩いてますしね。

言うなれば日々の無駄遣いを避け、遣うところでドカン、なタイプなだけです。


ただそのドカン、のレベルがちょっと人様の感覚とはズレ気味なのは認めます。( ̄∇ ̄;
ええ、認めますとも。

はじめてお嬢と旅行行ったとき、かかった金額聞かれてドン引きされましたし。(笑)
持ってる楽器類なんかも、理解を得られないパートナーだったら売り払われてもおかしくないレベル。


極端な凝り性とでも言いましょうか。
キョーミないところには全くと言っていいほどカネ遣わんのです。
その代わり、遣う、と決めたところには限度を知らず。( ̄∇ ̄;

カネ持ってるように見られるコトもよくあるのですが、決してそんなワケではないのです。
でもなかなかそれを理解してもらえないんですよね。

毎晩飲み歩いて、タクシーで帰宅。
ブランド物の財布とかバッグ。
月に何度も乗らない車のローンと駐車場代。

そういうのが小生にはない分、他のところでカネ遣ってるだけなんですけれど。


さて、月末にはもうひとつライヴがあるので、今週はそれに全力投球です。



涼感 

皆様こんばんは。

ちょっと嬉しくなっちゃうできごとがありまして、たまらず書いちゃいます。(笑)



オッサンの会というのがあります。
正式名称でもなんでもないですけれどね。

シゴトのつながりのある70年代前半生まれのメンバー7人で、年に数回メシ食いながらいろいろな情報交換をする、というのが目的の会。
年齢が近いと職場での立ち位置やプライベートな環境も似通っているので、盛り上がるのです。


席の近いオッサンたちの会話からはじまり、最終的には全員にまで波及していった話なのですが。

登場人物をAさん、Bさんとします。

A → 71年生 会社では部長
B → 75年生 会社では主任

小生はいつも通り、横棒でのセリフ


A「Sさんさぁ、服ってどう気を遣ってるの?」
―なんもなんも、テキトーっすよ
A「うちの若い女のコたちにさぁ、Sさんに服の着こなし方聞いてこいって言われたんだよねえ」
―おっと、意外なとこで評価されてた(笑)
B「ああ、オレも言われたよ。クールビズはSさん見習え、って」


おっと、若いOLにそういう風に言われるってうれしいですね。(o^-’)b


A「だからさ、Sさんのマネしてアロハ着てみたんだけど、『違う!』って言われたよ(笑)」
―アロハがクールビズってもんでもないでしょ( ̄∇ ̄;
B「じゃ、何を見習えばいいのかねえ…」


言われてみると思い当たるフシが2つほど。
まずはサイズ。

このトシにもなってくると、不摂生なオッサンたちには悩ましい、体型の変化があります。
いわゆるメタボ体型です。

腹が出てきちゃうので、どうしたってラクに着ていたいから、服はオーバーサイズになり気味。
サイズが合っていないのって、見ていても不恰好に映るんですよね。

んでまた、カネだけはそれなりに持っちゃってるから、けっこういいブランド物を着ちゃってるのに不恰好。
いいブランドなのに、若いコたちから不評を買ってしまうオッサンたちの悲哀。( ̄∇ ̄;


デブがオーバーサイズ着てるのって、よけいデブに見えるだけらしいです。
そう教わってみると、たしかにそう見えるもので、なぜそれに気づかずにオーバーサイズばっか着てたのかがフシギになり、さらにはなぜ気づかない人が多いのかフシギになり。


A「へー、誰に教わったのそんなコト」
―相方ですねえ
B「前の奥さんか…」

相方とは結婚してませんでしたが、事実婚状態だったので、こう言われるコトも珍しくなく。


B「でもサイズ上げないと、ボタン締まらないじゃん」
―デブ体型用のシャツ選べばいいんですよ( ̄∇ ̄;
A「そんなのあるの?」
―リラックスフィット、とか書かれてるやつですよ
A「そんなのある?」
―ブルックスブラザーズにはないでしょうね


Aさんはバブル期からブルックスブラザーズの愛好家。
体型に合わせてブランド変えていくのも重要だと思うんです。

体型に合っていない有名ブランドを身につけるよりも、フィットしている高級スーパーのPB商品のほうがカッコよく見えると思うんですけれどね。
山田詠美さんが「メイク・ミー・シック」の中で、「弛んだ身体にまとうアルマーニのスーツよりも、締まった身体にまとったリーバイスのほうがカッコいい」って書いていたのに近い感覚。


A「どういう店に行きゃ見つかるのかねえ」
―アオキとかアオヤマとかでいいんじゃないですか
B「おお、じゃあ帰りによってみよー、っと」
―サイズだけで印象変わると思いますよ。実際オレもそうでしたし


そう、実際そうでした。

相方はいつもサイズについて、うるさいくらいに言ってくれてました。
小生が体重落としたときも、マメに服カンケーの店へ連れ出してくれて。

だらしなく見えないように、いつも気遣ってくれてました。
感謝ですね。

そのおかげで、こうやって若いOLちゃんたちに好評を得られているワケですから。
せっかくなら直接ホメてくれりゃいいのに。(笑)

直接言われたら、テレちゃってどうにもならんとは思いますが。( ̄∇ ̄;


A「サイズは判った。あとなんかあるかねえ」
―えーっと、シャツの下のTシャツはやめたほうがいいかと
A「素肌に着るの?」
B「だと汗かくじゃん」


まあシャツ下については前にも書きましたが、下着に気を使うべきだと思うんです。

フツーのTシャツ着ると、デザインが透けて見えたり、クルーネックがVゾーンから覗いたりして暑苦しいじゃないですか。
だからVネックの下着を着るか、素肌に着るかであの暑苦しさは解消すると思うんですけれどね。
このへんは好みなので、個人的見解に過ぎませんが。

せっかくのクールビズなので、暑苦しい見た目は避けたほうがいいというのが小生の考え。
もっとも小生は一年中暑苦しくならないように心がけてますが。(笑)
見た目が暑苦しいもんですから。( ̄∇ ̄;


でもみんな、職場の若い女のコたちが指摘してくれるというのは、嫌われてない証拠なんじゃないかと。
キライな相手にはいろいろ言わないでしょうし。


―ってかみんな、奥さんとか娘さんとかに聞いたらどうなのよ


一瞬にして、沈黙に支配される空間。

言わなきゃよかった。( ̄∇ ̄;



続報 

皆様こんばんは。

前記事の内容で、けっこう多くの方に衝撃を与えてしまったようで。( ̄∇ ̄;

いやあ、実はかなり特殊な職種で、個性的な人種も多く、こういったトラブルは慣れてるんですよ。(笑)
小生と同じ、個人でやってる部類でのハナシですけれどね。

したがって一般企業で、派遣の女のコにまで絡まれるのは想定外でしたが。


今日はその一般企業の、小生を担当している方から電話。

「Sさん、今日時間取れる?」
―なんでよ?
「部長が詫びたいらしいよ」
―ああ、いいよいいよ、気にしないで、って言っといて
「まあそう言わないで、形だけでもさ」
―うーん、じゃあ、近くに行く予定あるから、その帰りに寄るわ


お偉いさんが出てきて、謝罪だなんて。
それほどのコトじゃないと思っちゃうんですよね。

とにかくかしこまった場というのが苦手なので、そう思ってしまうんです。
まあでも、会社を通してシゴトを請けている以上、今回の件も会社としての公式な謝罪が必要なんだろうな、と。

ちょっとオトナになって、謝罪を受けるのも必要でしょうな。
over40になっても、そういう場から逃げ出したいキモチがある、ってのも情けないハナシではありますが。( ̄∇ ̄;


ってコトで、ちょこっと寄って部長さんから謝罪をいただき。
ついでに、件の女のコは即刻派遣打ち切りにした、とうかがいました。

ちなみに、小生に対してひと暴れして、落ち着いたところを別室で打ち切り宣告された模様。
そのときは暴れていた様子もどこへやら、メソメソ泣いていたそうで。


謝罪に対するお礼を申し上げ、時間もないんで、と切り上げようとすると、さらに入室者が。
例の女のコと、派遣会社の責任者と思しきおふたり。

二人してアタマを下げて、「このたびは大変申し訳ございませんでした!!!」。


正直に言えば「メンドくせえなあ、もう」ですね。

でもこのクソ暑いさなか、スーツにネクタイまでしめてきちゃってる責任者らしき方が頭を下げているのを見ちゃいますとね…。
「メンドくせえ」で片づけるのもオトナ気ないかな、と。


責任者さんに寄っていって、

―いや、もういいです。アタマ上げてください
「本当に…」
―だからもういいです。あなたの謝罪は受け入れました


とにかくいたたまれなくて、早くこの場から逃げ出したいんですよ。
だからこう言うのが精一杯。

ただ、小生のコトバには含みがたっぷりですよね。( ̄∇ ̄;
それに気づいている責任者さんは、


「あなた(件の女のコ)も、もっと誠心誠意謝って…」
―誠心誠意謝ってるとは思いますよ
「では…」
―どう謝られたって許さんですよ
「でもそれでは…」
―いや、どうせもう一生関わらないんだから、許すも許さないも、どうだっていいでしょ


そこで部長さんに「すいません、もう時間なんで」と告げて退室。
時間なかったのは事実ですし、部長さんも「ああ、申し訳ない。○○くん(担当さん)、よろしく」と。


そして担当さんと

―いやー、もうカンベンしてよー
「言えばSさんが嫌がるの判ってるからさー」
―判ってんならさあ…
「こっちも会社員だからさ、判ってよ」

と、そんなやりとりをしてサヨナラ。

後ほど担当さんからは電話があって、「部長が一席設けたいって言ってる」とのコトだったんで、部長さんにはカネだけ出してもらって、担当さんとメシ食うくらいだったら受ける、と厚かましい返事をしておきました。(笑)

件の女のコは、小生が退室するまでずっとアタマ下げっぱなしだったので、少しはマトモな神経が残っていたのかもしれません。
でもやっぱ許すか許さないかと問われれば、とても許せるレベルではなく、もはやどうでもいいです。

実際あとは、小生に回してきている会社と派遣会社との関係の問題でしょうから。
オトナ気ないのは判ってますが、もうこれで手打ち。(笑)



特注 

皆様こんばんは。

この猛暑を少しでも快適に過ごしていくためには、身に付けるもので一工夫するのも重要ですね。
昨年くらいから大流行している、冷感タオルを首に巻いたり当てたり。

万年タオル族の小生は、キビに当てられる小さいサイズのものを使い、その上に普段のタオルを首から下げ、暑さ対策。(o^-’)b

着るものも、夏用の素材を選んでみたり。
前記事で書いたように下着にこだわったり、麻のシャツを着たり。

小生は紗や絽のシャツを好んで着て、少しでも風が通るように。
そしてドライの下着を着れば、汗をかいても比較的速く乾きますし。


まああとは日よけですよね。
女性だと日傘をさしている方をよく見かけます。

でも男では日傘をスマートにさしている姿をあまり見かけず、帽子になってきますかね。

以前にも書いた記憶があるのですが、壊滅的なまでに帽子の似合わない小生。(T_T)
タオルや手ぬぐいをアタマに巻くことで、頭皮を紫外線からガードしてるのですが。

先日、帰宅した小生にお嬢から。


「Sっち、プレゼントがあります!」
―プレゼントー? 今日ってなんかの日だったっけ?
「いいんだよ。プレゼントは贈りたくなったら贈るものなの!」
―はあ、ありがとうございます。

何がなんだかサッパリ判らず。( ̄∇ ̄;

―はいどうぞー、開けてみてー
「さて、なんだかなー」

ガサガサー

―帽子?
「うん。夏の日差しから、アタマを守りましょー」
―ありがとうなんだけど、おれ、似合わないじゃん?
「お店ではサイズ合うのが売ってないだけで、大きいのだったら似合うよ、きっと」

そう、帽子が壊滅的に似合わない、その第一要因はアタマのデカさ。( ̄∇ ̄;


―デカいの探してくれたんだ?
「いや、オーダー…」


サイズなんて測ってないのに、オーダーはないだろう、と思ったのですが。

その2週間ほど前、まだ梅雨のまっただ中に、お嬢の夏用の帽子を買いにいったのでした。
お嬢の選んだ帽子を試着してみたのですが、もちろん入るワケもなく。(笑)

そのとき店員さんに採寸してもらい、どれくらいの大きさのを買えばいいのか、アドバイスいただいていたのを思い出しました。


―あら、じゃあ店員さんの指示通り?
「うん、そのサイズで作ってもらったよ!」
―でもこういうタイプの帽子、はじめてカブるわ…
「ハンチング?」


帽子の似合わない第二要因は、いわゆるツバのある帽子といったら、ベースボールキャップしか知らないというコト。
ハンチングやキャスケットなどはカブった経験すらないので、イメージが湧かないんです。

小生が、帽子をかぶった小生自身を思い浮かべる際は、常にベースボールキャップ。
他のタイプが似合うなんて考えもしなかったんです。


「なんかあたしには、ハンチングカブるSっちが思い浮かんだんだよ」
―ほほう、そうやって選んでくれたのは嬉しいねえ
「まあ、いいからカブってみてよ!」

というコトで、洗面台で試着のお時間。
あら、思ってたほどヘンじゃない。(o^-’)b


―おー、思ったよりおかしくないわー
「でしょでしょー」
―うん、これなら…
「あっ!!!」
―何?
「おかしくないし、イメージが湧いた理由がわかってしまった…」
―ん?

「BEGINだわ…」


その日の小生はアロハシャツ着用。
しかもデブ族。

そこにハンチングとなれば…、


071444.jpg


たしかにBEGINの比嘉栄昇さんだわ。(笑)
もちろん小生はこんなに顔濃くないですけれど。


せっかくお嬢が買ってくれたハンチング帽。
しかも2ヶ。

今年の夏はこれで乗り切りつつ、アロハにハンチングが比嘉栄昇の次に似合うんじゃないかと錯覚させるくらい、ヘビーローテーションしてみようかと思います。


買ってくれたお嬢には、いつも通りのスペシャル・サンクス・チューで応えておきました。(笑)



新作 

皆様こんばんは。

最近、友人から新しいゲームを教えてもらい、iPadに入れてやっています。
まあパズルなんですけれど。

お嬢と夜ゴハン食べに行く待ち合わせのとき、小生の方が早く着いたので、ドトールの席に坐ってやっていました。
数分後、お嬢登場。


「ブロック崩し?」
―いやー、新しく教えてもらったヤツ
「えー、なになに?」

そして手元を覗くお嬢。

「うーん、あたしにはサッパリ判らん…。おもしろい?」
―うん、おもしろいね


そういう、ハマっているゲームは

13062035.jpg

「全国市町村ジグソーパズル」。

都道府県別(北海道は管区別)に市町村ピースをあてはめていって完成させるモノ。
小生と同じ地図オタクの友人に教えてもらって、都道府県別にタイムを競っています。(笑)


今のところ、富山がいちばん早く33秒。
続けて福井36秒、大分37秒という順。

北海道入れれば、釧路管区が14秒ですけれど。
ちなみに件の友人は、釧路管区12秒なのでまだ負けてます。( ̄∇ ̄;

さて、ここで問題です。

小生が完成させるのに、いちばん時間がかかっている都道府県はどこでしょう。
答えは追記で。(笑)








MORE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。